花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆6月22日 米国リート あれこれ(その38)

2017年06月22日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下は FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクター別指数。 ブログの内容

はポジショントーク満載であります。


花椿です。 

めちゃめちゃ簡単に書きます。

■DJ米国リート指数 -0.36%

■S&P先進国リート指数(米国)-0.32%

■S&P500指数(不動産)-0.23%

■(参考指数)欧州先進国リート -0.53%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 +0.07%

■10年債利回り 2.16%

S&P500の業種別11大指数は3勝8敗だ。 不動産(リート)は4番目、

同じく金利敏感系の公益事業株が6番目で-0.64%、高配当の通信セクター

が10番目で-1.22%だった。 全体的にベクトルがはっきりしない中で

不動産(リート)が4番目なのは順位的な意味では決して悪くない。 もちろん

プラス圏の着地でなければ意味がないわけであるが。


一方、最重要セクターの金融セクターが8番目で-0.78%も沈んだ。 金融

は金利が上昇しなければダメ。 したがって追い風は吹いてくれない。 あとは

地雷原になりつつある原油価格であるが、この日もエネルギー株、ハイイールド

債、アレリアンMLP指数を叩き潰した。 


で、俺の監視下にある25銘柄は8勝17敗だ。 データセンター・物流系リー

ト、ヘルスケア系リートが値上りした以外は水没した。 特にリテール系、通信

基地局系リートが大幅安となった。


リテール系リートのセクター変動率は-0.89%。 ショッピングセンター系

リートだけに限れば-1.06%も急落した。 前の日よりも悪い。

□サイモン・プロパティ(496億ドル)-0.13%

□GGP(206億ドル)-0.71%

□キムコ・リアルティー(73億ドル)-0.45%

キムコ・リアルティーは昨日書いたように、GSの格上げがあった勢いで前半

は水面上で頑張るもランチタイム頃からディープ・ダイヴした。 とにかくリテ

ール系、特にショッピングセンター系はもうボゴボゴに売られる運命だ。 QE

が始まった頃の株価に戻るんじゃないの。 つまりここから半値水準まで。


ヘルスケア系リートはこの日もプラス圏。 大勝利じゃないが勢いは残っていた。

セクター変動率は+0.17%。 強すぎて困るね、まったく。

□ヴェンタス(253億ドル)+0.57%

□メディカル・プロパティズ・トラスト(48億ドル)-0.45%

□ウェルタワー(285億ドル)+0.27%

□オメガ・ヘルスケア(66億ドル)+0.33%

□HCP(156億ドル)-0.12%

メディカル・プロパティズ・トラストは時間外で大幅高している。 何か材料が

出たのかも知れない。


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
21,410.03
-57.11 (-0.27%)

■原油
42.53
-2.25%

■ナスダックバイオ株指数
3,306.26
+128.71 (4.05%)

■アレリアンMLPインデックス
276.50
-2.02 (-0.73%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,052.59
-0.38%

■米国ハイイールド債(S&P)
-0.23%
利回り5.49%

■欧州ハイイールド債
-0.04%
利回り2.63%

■CCC社債
-0.50%
利回り10.32%

■AA社債
not available

■BBB社債
not available

■ドル建てエマージング債
-0.13%
利回り5.51%

■フィラデルフィア公益株指数
679.91
-4.52 (-0.66%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
80.19
+1.14 (1.45%)

■S&P金融株指数
401.07
-3.15(-0.78%)

原油価格が-2%以上の暴落! ハイイールド債指数は急落だ。 もっともエネ

ルギー系企業の社債が暴落しているだけで、他はあまり関係ない。 したがって

エネルギー系企業のポートフォリオ配分の大小でファンドの基準価額に微妙な差

が出る。 要注意だな。 バイオ関連はトランプ政権が薬価について企業寄りの

立場を取る材料で火柱高になった。


欧州リート、オーストラリア・リートはこんな感じ。

英リート -0.50%

仏リート -0.22%

Aリート -1.17%

22日のAリート指数は-0.92%。 前に書いたモルガンスタンレーのネガ

ティブ・レポートが大アゲンストになった。


■個人的にファンド3銘柄(22日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10272円 -23円

ベンチマーク指数の-0.36%ほど悪くなかった。 それはともかくズルズル

安をそろそろストップして欲しいね。

(2)東京海上・グローバル・ヘルスケアREITファンド(野村)

*Hあり(80万口)10384円 +8円

ベンチマーク指数のFTSE NAREIT Equity Health Care の+0.17%よりも多少

悪い。 オーバーウェイトした銘柄が全体的に弱かった。

*Hなし(20万口)11539円 -15円

朝10時のドル円がやや後退。 本来であれば+9円であるが、ドル円の損失が

-24円も出た。 結果的に-15円である。

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(423万口)10211円 -15円

全体の6割弱を占める優先リートが+0.07%したのが追い風ながら、普通リ

ートのマイナス分がそれを上回るマイナス幅となった。


じゃあね、

22日、18時35分記。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆6月22日 [暇ネタ]突然... | トップ | ☆6月23日 Jリートのばら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。