花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆7月29日 [暇ネタ]ウンベラータの巨木をGETしたよ

2017年07月29日 | 暇ネタ、インテリア、観葉植物など

花椿です。

最近は自宅マンションのLDを使うのは食べる時くらいで、生活時間の大部分は

南側の個室を使っている。 眠るのも寝室のベッドまで行くのが面倒になって、

この個室のじゅうたんの上に直接寝転がる。 枕一つで床に寝転がって映画見て

いる間に就寝してしまい、気がついたら5時間も経過していた、、、なんて日は

ざらにある。 


そんな個室重視の生活していたら段々と部屋のシンボルになるような巨木が必要

だと思い始めた。 で、楽天で調査しながら色々と考えたけど、結局、環境の変

化に強いウンベラータに決めた。 すでに数年前からLDで2鉢を育てているか

ら安心感がある。


何でそんなに環境の変化を気にするのか?といえば、4月に買ってLDに置いた

大型ジャンボリーフ(ベンジャミン)がわずか1ヶ月で丸裸になってしまい、今

はバルコニーへ出して再生中だ。 それとフランスゴム、アルテシーマも買って

から数ヶ月で葉が全部落ちて丸裸になって枯れた。 絶大な人気のあるパキラも

置き場所によっては直ぐダメになる。 とにかく観葉植物ってのは環境の変化に

弱い生き物だ。


そうすると高価な巨木を買っても葉がポロポロ落ちて貰っては困るわけ。 その

意味ではウンベラータは環境の変化に強いのがわかっているから大安心。 格好

もいい。 で、25日に届いたのがこれ。 180センチある。 なんだ陶器鉢

じゃないのか?ケチったのか?と考える人がいるかも知れない。 


しかし安物のプラスチック鉢の方が俺には都合が良い。 何でかいうと軽いプラ

スチック鉢でさえ総重量がかなりある。 これが重い陶器鉢に植えてあったら恐

らく1人では持てないと思う。 業者もそれを考慮してプラスチック鉢にしたん

じゃないだろうか。


なお、受け皿は自宅のあり合わせを使っているので、水やり専用のもっと大きい

12号鉢用のでかい受け皿を楽天で発注した。 水やりの時はでかい受け皿に移

して水をたっぷりとあげるわけ。 それから陶器製の受け皿へ再移動である。

こんなでかい奴はバルコニーまで持って行けないので、根腐れ防止に水やり専用

の受け皿が必要なわけね。


で、やはりこんなでかい奴がドカンと置いてあったら気分が違う。 ウンベラー

タ(朴仕立て)にしたのが正解だったぜ。 写真(下)のウンベラータの右横に

ある小型がパキラ。(水耕栽培) TVの右がトックリヤシ、左が観音竹(綾錦)

部屋の奥に置いたのがブラッサイアだね。 あとLDに16鉢、バルコニーに中

大型ばかり11鉢もあったら育てるのが大変だ。 これもまた楽しからずや、で

はありますが。


なお、販売店は鹿児島県のアジアンファーム。 今回が2回目の取引きになる。

価格は15200円(送料込み)。 ただし安物のプラスチック鉢だけども、上

に書いた理由で重量のある陶器鉢はこの大きさには向かない。 見栄えを良くす

るのであれば鉢カバーをGETするしかないね。

(陶器製のいい奴はカバーだけで1~3万円以上するけどね)


じゃあね、

29日、14時50分記。

今からホームセンターのナフコへ行って植木などを見てから、帰りにトライアル

に寄って買い物する予定じゃ。 「Jリートのばら」は夜間に書くつもりであり

ます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆7月28日 米国リート あれ... | トップ | ☆7月30日 [暇ネタ]桑野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暇ネタ、インテリア、観葉植物など」カテゴリの最新記事