花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆4月20日 米国リート GO ! 材料不足に押された

2017年04月20日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下は FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクター別指数。 下段はスナッ

プチャットの株価。


花椿です。 

Jリートの事ばかり考えて勉強不足のため超簡単に書きます。

■DJ米国リート指数 -0.19%、

■S&P先進国リート指数(米国)-0.18%、

■S&P500指数(不動産)-0.24%

■(参考指数)欧州先進国リート 未確認

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 -0.07%

■10年債利回り 2.22%

先月中旬のFOMCが悪材料出尽くしになった。 それから追い風吹きまくりで

昨年9月後半の位置にたどり着いたわけで、まあ、小休止な感じだと思う。 こ

れくらいの調整でガタガタ言ってたら身が持たないね。 もちろん10年債利回

りが上昇気流になったのが高配当セクター全体にアゲンストであった。


S&P500の11個のセクター別騰落はこんな感じ。

(金融、エネルギーと高配当セクターのみ)

6.通信 -0.19%

7.不動産(リート)-0.24%

8.金融 -0.26%

10.公益事業 -0.66%

11.エネルギー -1.43%

高配当セクターが全てマイナス圏。 エネルギー株は原油価格の急落が悪材料だ。

金融株はモルガンスタンレーの決算はポジティブ・サプライズしたけど金融セク

ター全体は無反応だった。 金利がどんどん上がる状況でもないし、今やトラン

プ系銘柄総崩れのシンボルだな。


俺の監視下にある25銘柄(その大半がS&P500採用銘柄)は6勝19敗だ。

セクター別ではホテル/リゾート系リートがジェット気流したのみ。 リテール系

リートがヨコヨコで頑張った分、最悪は免れた。 あとは壊滅だ。 なお、PT

(プライスターゲット)の上方修正が多く出たけど投資判断の変更はなかった。


PTの上方修正はデジタル・リアルティ、デュポン・ファブロス、プロロジス、

アヴァロンベイ・コミュニティーズ、エクイティ・レジデンシャル、カムデン・

プロパティーズ、UDRなど。 逆にGGPは”イコールウェイト”のままPT

だけが下方修正された。 この中でデータセンター系のデジタル・リアルティ、

デュポン・ファブロスの2銘柄は修正幅が大きいのが追い風になったのか大幅高

で終えた。

 
@ヘルスケア系リート

東京海上のヘルスケアリート・ファンドの上位10銘柄。 なお、ベンチマーク

指数の FTSE NAREIT Equity Health Care は-0.55%だね。

1.ヴェンタス -0.57%

2.ケアトラスト・リート +0.11%

3.メディカル・プロパティズ・トラスト -0.28%

4.ケアキャピタル・プロパティズ +0.25%

5.ウェルタワー -0.51%

6.ユニバーサル・ヘルス・リアルティ +0.37%

7.オメガ・ヘルスケア +0.26%

8.ナショナル・ヘルス +0.35%

9.サブラ・ヘルスケア・リート +0.67%

10.シニアハウジング・プロパティーズ -0.45%

6勝4敗だった。 上位にマイナス銘柄が多いから東京海上ヘルスケアリート・

ファンドの基準価額は微妙なところだな。


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
20,404.49
-118.79 (-0.58%)

■原油
50.44 -3.65%

■ナスダックバイオ株指数
3,024.25
+12.03 (0.40%)

■アレリアンMLPインデックス
318.17
-2.33 (-0.73%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,056.48 -0.33%

■米国ハイイールド債(S&P)
+0.09%
利回り5.62%

■欧州ハイイールド債
+0.02%
利回り3.02%

■CCC社債
+0.08%
利回り10.10%

■AA社債
-0.10%
利回り2.56%

■BBB社債
-0.12%
利回り3.51%

■ドル建てエマージング債
+0.02%
利回り5.57%

■フィラデルフィア公益株指数
654.70
-4.04 (-0.61%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
86.30
-2.86 (-3.21%)

■S&P金融株指数
382.27
-1.00(-0.26%)

全体的にリスク回避な雰囲気に支配され、しかも原油価格が急落した割に米国ハ

イイールド債がまずまずだったのが嬉しい。

欧州リート、オーストラリア・リートはこんな感じ。

英リート -0.27%

仏リート -0.85%

Aリート -1.69%

(20日のAリートは+0.96%)


■俺の5銘柄(20日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10440円 -25円

ベンチマーク指数が-0.20%前後。 ファンドは-0.24%。 ベンチマ

ークをややアンダーパフォームした。 配分率の多いレジデンシャル系リートの

不調がモロだろうな。

(2)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(421万口)10247円 -6円 

ポートフォリオの6割を占める優先リートがマイナス圏に落ちたのが痛い。 

下落率は-0.06%。

(3)三菱国際・米国リートファンドA

*Hあり(21万口)10924円 -27円

ふむふむ。

(4)東京海上・グローバル・ヘルスケアREITファンド(野村)

*Hあり(80万口)10384円 -29円

値下り率-0.28%。 ベンチマーク指数 FTSE NAREIT Equity Health Care

の-0.55%よりはマシ。 時価総額の大きいヴェンタス、ウェルタワーの

配分を減らして中小銘柄を中核とするポートフォリオが良い方向へ出た。 ベ

ンチマーク指数は時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすいが、ファンドはポ

ートフォリオの配分しだい。 銘柄個別の時価総額は関係ないから。

*Hなし(20万口)11304円 +15円

朝10時に108円台後半まで戻ったのが追い風になった。 わかりやすく言

えば、ドル円上昇>ポートフォリオの価格変動なわけであります。


じゃあね、

20日、20時40分。

夕方までに大部分書き上げていたけど、その後に居眠りして遅くなった。 も

う「米国リートGO!」は終了させて「Jリートのばら」だけにしたいね。

精神的に追い詰められて疲れる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆4月20日 Jリートのばら... | トップ | ☆4月21日 Jリートのばら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。