花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆5月18日 米国リート あれこれ(その14)

2017年05月18日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下は FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクター別指数。 下段はスナッ

プチャットの株価。


花椿です。 

不勉強なため簡単に書かせて貰います。

■DJ米国リート指数 +0.50%、

■S&P先進国リート指数(米国)+0.39%、

■S&P500指数(不動産)+0.61%

■(参考指数)欧州先進国リート -1.10%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 -0.14%

■10年債利回り 2.23%

突如として出現した有事にNYダウが暴落、マネーが安全資産の米国債へなだれ

込んで圧倒的な金利安が示現した。 金利の低下で恩恵を受けるのがリートと公

益事業株、つまり高配当セクターだ。 S&P500の11セクターはこんな感

じである。

1不動産 +0.61%

2公益事業 +0.25%

3生活必需品 -0.17%

4エネルギー -1.13%

5ヘルスケア -1.27%

6一般消費財・サービス -1.61%

7電気通信サービス -1.80%

8資本財・サービス -2.06%

9素材 -2.14%

10情報技術 -2.80%

11金融 -3.04%

であって、不動産(リート)が値上りトップ、公益事業株が第2位だ。 プラス

圏はここまで。 金利の低下を一番嫌う金融セクターは大幅安に沈んだ。 俺の

場合は双方にポジションを持っているから全く痛し痒しだね。 それとNY株の

値上り上位10銘柄の半分がリート銘柄だった。 欧州リートは逆に急落してい

るが、これは理由不明。 というか調べていない。

(トランプリスクからの株急落に連動したのかも)


セクター別ではほぼ全面高の様相ではあるけど、少し前にここで書いたように通

信基地局系リートがこの日も断然強かった。

□アメリカンタワー(550億ドル)+1.85%

□クラウン・キャッスル・インターナショナル(350億ドル)+2.28%

3日連続高なので調べてみたら15日にサントラストがクラウン・キャッスルの

業績を上方修正して、さらに17日にはザックスがアメリカンタワーを上方修正

した。 2銘柄合計で時価総額900億ドル(10兆円)がこれだけ上昇気流し

たら大きいぜ。


それと2日前にゴールドマン・サックスが倉庫系リートのエクストラ・スペース

をコンビクション・バイ・リスト(最強株リスト)に格上げしたと書いたけど、

これも凄い事になった。

□エクストラ・スペース(93億ドル)+4.85%

□PSA(367億ドル)+2.32%

□キューブ・スマート(45億ドル)+2.94%

倉庫系リートの3大銘柄がどれもこれもビッグ・ジャンプした。 16日付の

記事で「だいたいGSの Conviction Buy ってのはコンビクション・バイ・リス

トを指すと思うが最強中の最強推奨株であって、これが出たセクターはしばらく

安泰だろうな。 Conviction Buy それ自体が材料なのだから」と書いたのがズ

バリ当たった。 倉庫系リートのセクター上昇率は+2.80%と驚異的。


それと金利低下=ドル安の公式からヘルスケア系リートもセクター+0.97%

の大幅高じゃん。 特に海外展開の大手ベンタスが+2.00%、同じくウェル

タワーが+0.92%も上げた。


俺の監視下の25銘柄は11勝14敗だ。 リテール系リートもセクター全体で

は自律反発であるが個別では下げた銘柄も多い。 レジデンシャル系、データセ

ンター系リートも弱い奴が目立った。 


なお、私設不法移民収容所の経営でバカ上げしていたトランプ系の2銘柄は空中

分解だ。

□GEOグループ -7.60%

□コアシビック -10.09%

早くもトランプ辞任?を織り込んでいるのか?(苦笑)


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
20,606.93
-372.82 (-1.78%)

■原油
49.07
+0.84%

■ナスダックバイオ株指数
3,019.56
-71.17 (-2.30%)

■アレリアンMLPインデックス
303.76
-5.92 (-1.91%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,022.90
+0.29%

■米国ハイイールド債(S&P)
-0.03%
利回り5.49%

■欧州ハイイールド債
-0.07%
利回り2.62%

■CCC社債
-0.19%
利回り9.90%

■AA社債
+0.58%
利回り2.58%

■BBB社債
+0.65%
利回り3.46%

■ドル建てエマージング債
+0.06%
利回り5.49%

■フィラデルフィア公益株指数
652.62
+1.53 (0.23%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
86.54
+0.76 (0.88%)

■S&P金融株指数
382.14
-11.99(-3.04%)

ハイイールド債は株価に連動するから、さすがに少し弱かった。

欧州リート、オーストラリア・リートはこんな感じ。

英リート -1.16%

仏リート -0.92%

Aリート -1.20%

(18日のAリートは-0.67%)

■個人的に3銘柄(18日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)9978円 +56円

ベンチマーク指数の+0.50%を少しアウトパフォームした。 90万口利確

するのに良いチャンスかも知れないが、今日はJリートの事ばかり考えて忘れて

いた。

(2)東京海上・グローバル・ヘルスケアREITファンド(野村)

*Hあり(80万口)9993円 +24円(分配金30円)

実質は+54円だった。 ベンチマーク指数 FTSE NAREIT Equity Health Care の

パフォーマンス+0.97%を下回ったが大手の配分が少ないから、まあ、仕方な

い。 

*Hなし(20万口)11073円 -128円(分配金35円)

分配金を出金したので実質は-93円だ。 朝10時のドル円が111円割れたら

崩壊して当たり前。 

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(421万口)10060円 +10円 

ポートフォリオの6割を占める優先リートがマイナス圏。 まあ、しゃーない。

優先リートに左右されるのがこのファンドなのだから。 しかし、NY株とドル円

の急落は関係ないのが武器でございますね。


じゃあね、

18日、18時55分記。 NHKの『ニュースブリッジ北九州』見ながら。 

さて今から「デイトレ&オーバーナイトの旅(その4)」を書きますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆5月18日 積水ハウスRの... | トップ | ☆5月18日 [三菱信用口座 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。