花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆10月19日[途中経過] 米国リート、上昇気流吹きまくり!(のままで終わって欲しい)

2016年10月19日 | Weblog

花椿です。

今、午前2時45分。 米国リート指数は+0.98%の上昇気流になっている

が、2時半頃までは+1%以上が続いていた。 NYダウもややだれ気味なので

ランチタイム後の休憩みたいな感じもするが、警戒を要するところ。


材料は10年債利回りが1.75%まで低下したのが追い風なのは間違いない。

住宅関連の指標がいまいちだった上に、そもそも消費者物価指数も想定内ながら

数字が弱くて、あちらの記事には it would take longer to reach the Federal

Reserve's 2 percent inflation goal(FRBが目指すインフレ率2%の達成は

短期間では困難)とあった。 そんな雰囲気が10年債利回りの低下圧力になっ

た可能性がある。


しかし1.77%→1.75%へ低下しただけで米国リート指数がこれだけの上

昇波動なわけで、もうそろそろ底打ちしたのか?という気分もないわけじゃない

ね。 ちなみに金利に敏感なフィラデルフィア公益株指数も+0.76%と順調

な値動きだ。


セクター別では産業施設、ホテル/リゾート、ヘルスケアに相当な波が来ているが

とにかく全面高の様相だ。 気になるメーシーズ、シアーズ、ディラーズ、ノー

ドストロムなどの小売り銘柄はさすがに今日は反発している。 したがって米国

リート盟主にしてリテール系リートの王者サイモン・プロパティも+0.80%

以上の高空飛行であって、重しになるセクターは今のところ存在しない。


個別では投資判断の格上げがあった物流リート大御所のプロロジスやデータセン

ターのエクイニクスが+2%以上の大人気だね。 俺が一番注目するヘルスケア

・リートの巨砲ウェルタワーも+1.60%のバカ上げじゃん。


と、ここまで書いたところで米国リート指数が+0.82%まで落ちて来た。

ちょっと心配だな。 今日も最後にゲタを履くまでわからんわ。

じゃあね、

19日、午前3時12分記。

米国リート指数が+0.78%。 ナイアガラになりつつある。 心配どころじ

ゃないぜ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆10月19日 JR九州IP... | トップ | ☆10月19日 米国リート GO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。