花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆3月5日 米国リート GO ! とうとう4連敗、350P割れ(追加記事あり)

2017年03月05日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下はセクター別、国、地域別の指数。 青色ハイライトが欧州先進国リート指数

だよ。


花椿です。

3日の米国リート指数はこんな感じになった。

■DJ米国リート指数 -0.35%、

■S&P先進国リート指数(米国) -0.40%、

■S&P500指数(不動産) -0.40%

■(参考指数)欧州先進国リート -0.30%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 +0.02%

■10年債利回り 2.48%

S&P500指数のセクター別騰落はこんな感じだ。(主要セクターのみ)

1.金融

8.公益事業

9.エネルギー

10.生活必需品

11.不動産(リート)

イエレンの一歩踏み込んだ発言から3月利上げは確定的になった。 シナリオど

おり金融セクターに物量が突っ込まれて、高配当セクターはS&P500指数の

下位に水没した。 米国リート指数は4連敗で350P割れ。 先月20日頃の

水準に舞い戻った感じである。 


特に城に例えたら本丸と二の丸に相当するリテール系とレジデンシャル系リート

の爆沈でまったくいい所がなかった。 海外展開でドル高に弱いホテル/リゾー

ト系リートもめちゃくちゃな売られ方。 金利の上昇とこれに連動するドル高の

Wパンチだよ、まったく。 


個人的には三菱のニッセイAEWの米国リートファンドを早めに処分して大正解

だった。 なお、俺の監視下にある25銘柄(その大半がS&P500採用銘柄)

は7勝18敗だった。


@リテール系リート

セクターパフォーマンスは FTSE NAREIT Equity Retail が-0.80%。 商業

モールに限れば FTSE NAREIT Equity Regional Malls が-0.88%だよ。

■サイモン・プロパティ -0.96%

■GGP -0.73%

■キムコ・リアルティ -0.64%

■フェデラル・リアルティ -1.27%

■マセリッチ -0.49%

基本的には大手小売り株の爆沈がセンチメントを悪化させたと思う。

ついでに書いておくと、こんな感じ。

□メーシーズ -4.36%

□JCペニー -1.57%

□コールズ -1.88%

□ノードストロム -0.64%

メーシーズがナイアガラで始まったので、いったい何でや?と思いながら、あち

らの記事を調査したら、、、

Hudson's Bay said to be struggling to put together bid for Macy's

「ハドソンズ・ベイによるとメーシーズとの買収交渉が難航している」

と出ていた。 この悪材料がリテール系、特に商業モール系リートを一気に吹き

飛ばした。 激安が続いたフェデラル・リアルティはチャートの oversold terr

itory(売られ過ぎの領域)へ突入している。


米国リートの花形、データセンターはこれ。

■エクイニクス +0.79%

■デジタル・リアルティ +0.90%

■デュポン・ファブロス -1.12% 

■コアサイト・リアルティ -0.84%

大手の2大銘柄はしっかりだ。 あとの2つは頑張り過ぎの反動だろう。


@ヘルスケア系リート

セクターパフォーマンスは FTSE NAREIT Equity Health Care が-0.50%だ。

□ウェルタワー -0.54%

□ヴェンタス -0.73%

□HCP +0.28%

□ナショナル・ヘルス -0.09%

□メディカル・プロパティズ・トラスト +0.47%

海外展開のビジネスモデルからドル高に弱い大手ヴェンタスが一時は-2.5%

も直線的ナイアガラしてセクター全体を急降下させたけれども、大引けにかけて

ドル安基調に転換したせいか、かなり戻ってくれた。 メディカル・プロパティ

ズ・トラストは前日大崩壊の反動だろう。


@私設不法移民収容所

■GEOグループ(35億ドル) 47.12ドル -1.28%

■コアシビック(41億ドル) 34.42ドル +1.47%

明暗が分かれた。 GEOグループは数日前に投資判断が2段階格下げされたの

が重しになっているが、コアシビックは逆行高。 不法移民の材料性はまだ賞味

期限が残っているらしい。


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
21,005.71
+2.74 (+0.01%)

■原油
53.20
+0.59(1.12%)

■ナスダックバイオ株指数
3,164.75
+29.95 (0.96%)

■アレリアンMLPインデックス
330.06
-0.44 (-0.13%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,027.59 -0.30%

■米国ハイイールド債(S&P)
-0.10%
利回り5.52%

■欧州ハイイールド債
-0.03%
利回り2.92%

■CCC社債
-0.17%
利回り9.68%

■AA社債
+0.03%
利回り2.74%

■BBB社債
+0.04%
利回り3.68%

■ドル建てエマージング債
+0.12%
利回り5.72%

■フィラデルフィア公益株指数
650.74
-2.09 (-0.32%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
82.14
+1.18 (1.46%)

■S&P金融株指数
413.42
+1.62(0.39%)

米国ハイが連敗した。 まだ小幅やけど、このまま利上げムードに押されてズル

ズル安にならないか要警戒だろうな。

欧州リート、オーストラリア・リートは次のとおりだね、、

英リート+0.01%

仏リート+0.63%

Aリート-0.13%


なお、いつも書いている「俺の5銘柄」は週明けの基準価額更新を確認してから

追加記事として書かせて貰います。


じゃあね、

5日、0時50分記。

スカパーから録画した『橋本マナミの混浴温泉』見ながら。 橋本マナミのHな

むっちりボディ、ちょっとやばいぜ。

◇▲◎▽◆◇■☆●◎◇◆□▼◇★○●□◎◆◇■△●◇◆▽◎■◇▼☆□★

ここから追加記事。

■俺の5銘柄(6日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10346円 -22円

(2)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(421万口)10085円 -9円

(3)三菱国際・米国リートファンドA

*Hあり(21万口)10800円 -33円

(4)東京海上・グローバル・ヘルスケアREIT(野村)

*Hあり(80万口)9984円 -8円

*Hなし(20万口)11178円 -50円

全体的にベンチマーク指数と比較して下落率がかなり小さかった。 グローバル・

ヘルスケアREIT(Hあり)なんかセクターパフォーマンスが-0.50%も下げ

ていながら基準価額は-8円で済んだ。 これは全くの予想外だな。 しかし4

日間の下げを全て合計するとかなりの値幅を失っている。 5連敗は絶対に阻止

しなければいかん。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆3月5日 週末のスナップチ... | トップ | ☆3月6日 口座の残高とファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事