花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆1月25日 米国リート GO ! I have a little bit of hope

2017年01月25日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下はセクター別、国、地域別の指数。 青色ハイライトが欧州先進国リート指数

だ。


花椿です。

24日の米国リート指数はこんな感じになった。

■DJ米国リート指数 +0.09%、

■S&P先進国リート指数(米国) -0.02%、

■S&P500指数(不動産) +0.00%

■(参考指数)欧州先進国リート -0.56%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 +0.21%

■10年債利回り 2.47%

マーケットで楽観論が支配的になったのかNYダウが+112ドルも反発した。 

逆にリスクオンで10年債利回りが急上昇したのが米国リートにとって悪材料と

なった。 指数によってはマイナス圏に落ちているから実質はゼロみたいなもの。

欧州リートの低落もセンチメント悪化させた。

個人的に良い材料は米国優先リート指数が逆行高したくらいかな。


俺の監視下にある25銘柄(その大半がS&P500採用銘柄)は12勝13敗

だった。 一番気になるリテール系リートを見たらこんな感じだ。 セクターパ

フォーマンスは-0.45%。

(商業モールに限れば-0.53%)

■サイモン・プロパティ -0.46%

■ゼネラル・グロース・プロパティ -1.44%

■キムコ・リアルティ +0.20%

■フェデラル・リアルティ -0.54%

■マセリッチ -0.03%

メーシーズなどの大手小売り株は結構な反発なんだが、よほど金利の上昇がアゲ

ンストだったのだろうか。 ゼネラル・グロース・プロパティの安値は前日の謎

の大幅高の反動だろう。


米国リートの花形、データセンターはこれ。

■エクイニクス +1.12%

■デジタル・リアルティ +1.23%

■デュポン・ファブロス +0.67% 

■コアサイト・リアルティ +1.56%

データセンター銘柄の決算は2月からになるが増配への期待感など業績面の好調

を伝えるニュースがあっちこっちに出ている。 あんまりはしゃぐと決算と同時

に材料出尽くしで急落しないか、ちょっと心配だね。 


ヘルスケア系リート。 セクターパフォーマンスは-0.02%だった。

□ウェルタワー -0.56%

□ヴェンタス +0.10%

□HCP -0.30%

□ナショナル・ヘルス +0.15%

□オメガ・ヘルスケア +0.55%

2大銘柄の一角、ウェルタワーに悪材料が・・・。

SunTrust Banks Inc. downgraded shares of Welltower Inc. (HCN) from a buy

rating to a hold rating

「サントラスト・バンクはウェルタワーの投資判断を”バイ”から”ホールド”

へ格下げした」

とあちらの記事に出ているが、他の銘柄へは波及しなかった。 セクター全体が

小動きだ。


私設の不法移民収容所を経営するトランプ神銘柄。

■GEOグループ +2.86%

終値41.40ドル。 ますます仕手化した感じ。 モーサテで特集していたけ

ど、米国に不法侵入した密入国者は麻薬などの犯罪に関係がなければ基本的には

拘束はされない。 見つかっても違法グッズを持ってなければ、その場で釈放だ。

だからどんどん増える。 入国したもの勝ちである。 これを全員拘束して送り

返すとなれば相当な数の収容所が必要になる。 仕手化するはずだよ。


昨夜、目立った銘柄。

□プロロジス -1.89%

終値51.83ドル。 24日の決算は特にサプライズなし。 増配もなかった

ようだ。


あと、投資判断の変更が主要銘柄で1つだけあった。

▲エセックス・プロパティ・トラスト 

Essex Property Trust Inc. (ESS) was downgraded by equities research

analysts at JMP Securities from an “outperform” rating to a “market

perform” rating in a note issued to investors on Tuesday.

「火曜日の投資家向け資料によると、JPMセキュリティーズの株式調査アナリ

ストはエセックス・プロパティ・トラストの投資判断を”アウトパフォーム”か

ら”マーケットパフォーム”へ格下げした」


この一言でレジデンシャル系リートは壊滅した。 特にアパート系、タウンハウ

ス系がめちゃ下げだ。

□エクイティ・レジデンシャル -1.16%

□アヴァロンベイ・コミュニティーズ -0.76%

□UDR -0.64%

つい前の日にバークレイズがエセックス・プロパティをイコール・ウェイト→オ

ーバー・ウェイトへ投資判断を格上げしたばかり。 まさに一日天下だった。


主要銘柄で今夜の決算予定は次の3銘柄だ。

■デューク・リアルティ

■クラウン・キャッスル・インターナショナル

■SLグリーン・リアルティ

特にクラウン・キャッスルは時価総額が314億ドル(3兆5千億円)の大型銘

柄だけにリート全体に波及する。 注目度は大きいと思う。 SLグリーン・リ

アルティも112億ドルやけどオフィス系リートの値動きに影響しそうだ。


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
19,912.71
+112.86 (0.57%)

■原油
19,912.71
+112.86 (0.57%)

■ナスダックバイオ株指数
2,826.19
-8.09 (-0.29%)

■アレリアンMLPインデックス
327.71
+7.30 (2.28%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,020.08 0.00%

■米国ハイイールド債(S&P)
+0.06%
利回り5.70%

■欧州ハイイールド債
+0.01%
利回り3.12%

■CCC社債
+0.17%
利回り10.57%

■ドル建てエマージング債
+0.02%
利回り5.91%

■AA社債
-0.37%
利回り2.75%

■BBB社債
-0.39%
利回り3.70%

■フィラデルフィア公益株指数
613.93
-0.26 (-0.04%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
91.91
+0.65 (0.72%)

■S&P金融株指数
386.62
+4.64(1.21%)

高格付け債が大幅安。 ハイイールド債は原油価格のリベンジもあって結構強か

った。 金利上昇=金融セクターが強い、この公式どおりの結果が出た感じ。

なお、欧州リート、オーストラリア・リートは次のとおり、、

英リート-0.93%

仏リート-1.03%、

Aリート+1.08%

(25日のAリートは-1.13%)


■俺の5銘柄(25日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10412円 -5円

(2)ニッセイ/AEW米国リートOP(三菱)

*Hあり(170万口) 8084円 -12円

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(415万口)10120円 +15円

(4)三菱国際・米国リートファンドA

*Hあり(21万口)10768円 +9円

(5)東京海上・グローバル・ヘルスケアREIT(野村)

*Hあり(80万口)9687円 +44円

大幅安のリテール系、レジデンシャル系リートの配分が多いフェデリティとニッ

セイがダウンサイドへ転落した。 優先リートが55%のストラテジックリート

Fは堂々とプラス圏だ。 東京海上グローバル・ヘルスケアREITは中堅銘柄を上

位に配置したポートフォリオの勝利だろうな。 俺のオススメざーますね。


じゃあね、

25日、19時20分記。

NHKニュース7を見ながら。 ブログ訪問者数が激減しているが、まあ、好き

な人だけ読んでちょんまげ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆1月25日 Jリートのばら... | トップ | ☆1月26日 Jリートのばら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。