花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆1月30日 口座残高と保有ファンドの現状です

2017年01月30日 | Weblog

花椿です。

かんたんに書いておきます。

■今朝の残高です。

         9月30日比  1月30日朝   出金(税込み)

三菱UFJMS +84.7万円  1858万円  57.2万円
 
大和証券    +47.4万円  1417万円  41.7万円

野村證券    +25.2万円  1744万円  21.5万円
__________________________________

      +157.3万円   5019万円  120.4万円

あくまで昨年9月との比較だけども出金分も含めて計算したら最高水準だ。

野村の出金が少ないのはJリートの公募に分配金を流用した結果、資金不足でま

だ出金が出来ないからだ。 先週(23日朝)との比較では約25万円のプラス。


ドル円が115円まで回復したのとNYダウ2万ドルがオカズになった。 ただ

週末の米国リート指数急落はまだ反映していないし、週明けのドル円がやや低落

気味だ。 日本株も軟調。 そう簡単には楽にさせてくれない感じだな。

なお、大和の出金額は三井不動産LPの権利落ちを含んでいる。


@三菱UFJMS証券

米国リート指数の低落に押されているが、ドル円反発、Jリート/日本株の反発

などの追い風がやや優位にあった。 NISAは60万円分が未使用だ。 何を

入庫させるか考え中だね。

□東京海上・イーグルハイ(218万口)

*Wプレミアムコース 8397円 +51円

先週比で+31円だ。 ドル円反発、NYダウ2万ドルの追い風の割に値動きが

小さいのは金融セクターなどトランプ銘柄の再始動が遅れたからだろう。 とい

ってトランプの保護主義発言から週明けはリスク回避の円買いトレンドじゃん。

米国の10年債利回りの低下=ドル売り、金融セクターにアゲンストなのも悪材

料。 今週はヨコヨコが維持できれば御の字じゃ。

□ニッセイ・JPX400アクティブP(59万口)

*Wプレミアムコース 6379円 +125円

先週比で+68円となった。 日本株が猛将爆発的に値上りした効果が大きいが、

ここへ来てトランプの保護主義政策が水を差した感じ。 このファンドも今週は

ヨコヨコが維持できれば御の字だろう。

□三菱国際・米国ハイイールド債OP

*円コース(401万口) 8352円 +5円(24日に分配金60円)

分配落ちを含めて先週比+17円。 米国ハイは企業業績に連動するから結構強

い。 色々な意味で現時点の最強セクターじゃないかと思う。 なお、特定口座

とNISAは以下のような配分になった。

◇特定口座180万口

◇NISA221万口

□三菱国際・Jリート/不動産株F(120万口)

*Wプレミアムコース 6262円 +92円

先週比で-10円だ。 俺が悲観論に支配された状況からすれば意外に頑張った

感じ。 その理由は前にも書いたように、ドル円が30日前との比較で同水準以

下に落ちた事からドル円オプションの行使が難しくなった。 結果的にオプショ

ンの損失が大幅に減ったからだと思う。 といってJリート/不動産株には金利

上昇の逆風感が台頭中。 ドル円もやや軟調。 当面は6200円台を割らなけ

れば御の字じゃ舞花。

□三菱国際・優先証券プラス(210万口)

*為替プレミアムコース 8633円 +78円

「Hなし」が+1.14%、為替Pコースは+0.91%。 ドル円がオプショ

ン設定の30日前と同水準以下になって両者のパフォーマンスが接近して来たの

は確実だ。 オプションが行使されていればカバー率100%のファンドがこん

なに上がるわけないのだから。

(ちなみに「Hあり」は+0.15%)

トータルリターンはほぼゼロ近くまで回復した。 やっぱり怪物くんだ、このフ

ァンド。

□MUAM米国バンクローンF(90万口)

*ドル円プレミアムコース 7910円 +62円

分配落ち100円を加えて計算したら、117円で買った時の基準価額とほぼ同

じ。 つまり、パフォーマンスは決して悪くないと思う。 ドル円が-2円も低

落した損失をオプション・プレミアムと利払いがカバーした感じだな。 あと5

0万口くらい増口するつもり。


@大和証券

先週比で+12万円以上のプラスだった。 Jリート2銘柄、ドル円、NYダウ、

英国、スイス情勢など全体的に堅調ながら、高格付け債とストラテジックリート

Fが落ち目だね。

■米国株ツインネオ(600万口)

*7107円 +65円

先週比で+50円。 NYダウの猛将爆発と114円回復がオカズだろう。 そ

れと上に書いた理由でドル円オプションの損失が激減したのが大きいと思う。

値動きが重いのはトランプ系と非トランプ系がジグザグ打線のようになったポー

トフォリオに問題あり。

■英国株ツイン(80万口)

*5838円 +37円

ポンド円は144円を回復した一方、FTSEが26日まで2週間で-2.4%

も転落したのが大アゲンストになった。 ハード・ブレグジットするするの影響

大だな。 

■スイス株ツイン(90万口)

*7475円 +72円

先週比で+124円だよ。 スイス株が週後半の3日間で+1.5%も上昇気流

した上にスイス・フランも115円回復。 いい事ばかり。 英国離脱の日に買

い注文出してから約7ヶ月。 分配落ちも含めて+1300円くらい値上りした。


@野村證券

先週比で+8万円だ。 フィデUSリートFと大和ハウスリートの損失をAB米

国株F、みらい、米国好利回り社債Fが必死で埋めた感じがする。

□野村アセット・米国好利回り社債F(400万口)

*Hあり 8908円 +11円

先週比では+27円になる。 それでも400万口効果で+1万円以上だ。 と

にかく米国ハイにぶち込んでおけば大安心だよ。

□野村ドイチェ・高配当インフラ株F(165万口)

*米ドルコース 9358円 +11円

先週比で+74円だ。 週前半のドル円下落をこなして結構な反発だった。 

ポートフォリオ的にはMLPの大反発が公益事業株、リートの落ち目をカバーし

た格好だな。

(リートの配分は8%まで減っているが)

□AB(アライアンス・バーンスタイン)野村・米国株F

*Hあり(155万口) 10834円 -11円

*Hなし(50万口) 10690円 +122円

「Hあり」はNYダウ2万ドルの効果がモロだ。 「Hなし」もドル円の急速な

戻りで反発を見たけど、トランプの保護主義政策からリスクオフの展開へ戻った

のがちょっと心配だ。 分配金100円落としながらのこの基準価額は想定内。

(米国リートで運用するファンドは「米国リートGO!」にて書いているので、

ここでは省略です)


じゃあね、

30日、16時35分記。

先週録画した『奪い愛、冬』 #2を見ながら。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆1月30日 「みらい」利確... | トップ | ☆1月30日 三井不動産LP... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。