花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆5月14日 米国リート あれこれ(その11、追加記事あり)

2017年05月14日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下は FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクター別指数。 下段はスナッ

プチャットの株価。


花椿です。 

週末の結果を書いておきます。

■DJ米国リート指数 -0.38%、

■S&P先進国リート指数(米国)-0.41%、

■S&P500指数(不動産)-0.38%

■(参考指数)欧州先進国リート +0.20%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 +0.06%

■10年債利回り 2.33%

前の日に続けて今度は大手小売りのJCペニーの決算がネガティブ・サプライズ

になった。 さらにこの前日の大引け後にやはりネガティブ・サプライズを出し

た高級百貨店のノードストロムも悪材料。 さらにさらに小売り関連の経済指標

がいまいちでまたも大手小売り銘柄が大崩壊だ。 当然、米国リートを直撃した。

             11日     12日

□メーシーズ    -17.01%   -3.04%

□ノードストロム   -7.60%  -10.84%

□JCペニー     -7.36%  -13.99%

□コールズ      -7.84%   -1.80%

□ディラーズ    -17.50%   -1.75%

□シアーズ      -9.61%   -6.59%

大手小売り全てが-15~20%も暴落した。 もうこれだけ大火砕流になった

らシンゴジラに踏み潰された方がまだマシじゃあるまいか。 この爆風からリテ

ール系リートのセクター騰落は-1.90%、特に大手百貨店が中核の商業モー

ル系リートは-2.67%もブラックホール転落してガタガタになった。

              11日    12日

□サイモン・プロパティ -2.34%  -2.66%

□GGP        -1.02%  -2.63%

□キムコ・リアルティ  -2.09%  -1.61%

□フェデラル・リアルティ -1.73% -3.31%

リテール系リート大盟主のサイモン・プロパティは157.48ドルで、これは

2014年2月上旬以来、3年3ヶ月ぶりの安値だよ。 キムコ・リアルティな

んか2012年11月上旬以来の18ドル台だ。 リテール系リートの崩壊ぶり

の凄さがわかる。 米国リートで一番時価総額の大きいリテール系がこんなにや

られたら日本のファンド基準価額はまず上がらない。 俺が前からこのブログで

日本のファンドはポートフォリオからリテール系銘柄を外せ!と言っていたのが

大正解だね。 


で、俺の監視下にある主要25銘柄は12勝13敗だ。 例によって大手小売り

株の大崩壊→リスク回避→10年債利回りの急低下→ドル安の流れからシナリオ

どおりヘルスケア系リートが+0.81%も2日連続で逆行高してくれた。 前

から俺がドル安=ヘルスケア系リートが強いと言い続けたとおりの結果が出た。

自慢じゃないが俺のご託宣がズバリ当たったぜ。 


あとは、まあ、デジタル・リアルティやエクイニクスなどデータセンター系リー

トがこの日もバカ上げ! レジデンシャル系リートも全体的に強い銘柄が多かっ

た。 結局、リスク回避から金利が急低下したものの、その効果が全く消される

ほどリテール系が悪かったのが全てだな。


週明けは地政学リスクの高まりもあって10年債利回りの下押しは続くと思うが

やっぱりリテール系が焦点だろうな。 大手小売り株に関しては決算が一巡した

のは安心材料かも。


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
20,896.61
-22.81 (-0.11%)

■原油
47.84
+0.02%

■ナスダックバイオ株指数
3,064.87
+10.72 (0.35%)

■アレリアンMLPインデックス
308.86
+0.97 (0.32%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,021.04
-0.24%

■米国ハイイールド債(S&P)
+0.07%
利回り5.51%

■欧州ハイイールド債
-0.03%
利回り2.65%

■CCC社債
-0.08%
利回り9.92%

■AA社債
+0.36%
利回り2.70%

■BBB社債
+0.44%
利回り3.64%

■ドル建てエマージング債
+0.21%
利回り5.52%

■フィラデルフィア公益株指数
653.65
+3.57 (0.55%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
84.97
+1.13 (1.35%)

■S&P金融株指数
390.45
-1.77(-0.45%)

米国ハイは小動き。 原油価格の反発と金利が低下したのは良いとしてリス

クオンにならないのがアゲンストだろう。

欧州リート、オーストラリア・リートはこんな感じ。(週末)

英リート +0.13%

仏リート +0.35%

Aリート -1.03%


なお、いつも書いているファンド3銘柄は週明けに更新の基準価額に週末の指数

が反映するので、確認が出来てから追加記事として書く予定であります。

じゃあね、

14日、22時55分記。 テレビ西日本で『Mrサンデー』見ながら。

■個人的に3銘柄(15日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)9947円 -89円(分配金60円)

実質は-29円なので前日比-0.29%。 ベンチマーク指数-0.38%よ

りはマシ。

(2)東京海上・グローバル・ヘルスケアREITファンド(野村)

*Hあり(80万口)10045円 +60円

ベンチマーク指数 FTSE NAREIT Equity Health Care のパフォーマンスが+0.

81%。 こちらは+0.60%。 3日間で+295円。 10000円回復

じゃん。 ドル安局面の逆行高が凄い。

*Hなし(20万口)11362円 +18円

朝10時のドル円下落がややアゲンスト。 ドル安だからヘルスケア系リートが

逆行高を演じるわけで、痛し痒しではある。

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(421万口)10065円 -7円 

ポートフォリオの6割を占める優先リートが値上りしたお陰で微々たる下げで済

んだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆5月14日 Jリートのばら... | トップ | ☆5月15日 [三菱信用口座... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。