花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆7月14日 米国リート あれこれ(その53)

2017年07月14日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下は FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクター別指数。 ブログの内容

はポジショントーク満載であります。


花椿です。 

朝からJリートの事ばかり考えて米国リートまで考える余裕なし。 時系列的な

部分のみ超簡単に書かせて貰います。

■DJ米国リート指数 +0.16%

■S&P先進国リート指数(米国)+0.20%

■S&P500指数(不動産)+0.20%

■(参考指数)FTSE EPRA/NAREIT 欧州先進国リート指数 +0.51%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 -0.07%

■10年債利回り 2.35%

S&P500の業種別11大指数は7勝4敗だ。 不動産(リート)は4番目の

上昇率、同じく金利敏感系の公益事業株が10番目で-0.35%、高配当の通

信セクターが11番目で-0.57%となった。 


反面、金融セクターは金利の上昇もあってトップの値上り率+0.61%だった。

まあ、イベント前の持ち高調整は終わったし、今夜オープン前のJPモルガン、

シティグループ、ウェルズファーゴの決算を先取りした値動きかも知れない。


で、俺の監視下にある25銘柄は11勝14敗だ。 あちらのニュースにこんな

見出しが出ていた、

Target Corporation Sent Retail Stocks Flying Today

「今日はターゲットが小売り株を舞い上がらせた」

要するに大手ディスカウントのターゲットが第2四半期の見通しを上方修正した

材料でメーシーズなど他の小売り株が怒濤の反発をしたと。 ついでに米国政府

がアマゾンを独禁法違反の疑いで調査する?との思惑も押し上げ材料となった。

(アマゾンは大幅安)


この流れは当然ながらリテール系リートをお祭り広場にした。 セクター変動率

は+1.33%だった。 特に商業モールの上げ幅が凄い。

□サイモン・プロパティ(499億ドル)+1.63%

□GGP(204億ドル)+1.78%

□キムコ・リアルティー(80億ドル)+1.96%

□フェデラル・リアルティ(92億ドル)+1.00%


アマゾンの独禁法違反についてはあるヘッジ・ファンドのリーダーが広めている

らしいが、別の記事によると he is taking a short position on the stock, or

a bet that it will fall(彼はショートポジション取っていて、株価が下落する

のを望んでいる)と書かれている。 ためにする目的でフェイクニュースを流し

ているのかも知れない。 もっとも、今の勢いで小売業界を支配したらやがて独

禁法違反が現実になるかもね。


なお、リート銘柄の決算発表は18日のプロロジスから。 投資判断の変更はレ

ジデンシャル系の中小銘柄にダウングレードがあったがマーケットに影響はなか

ったと思う。(時価総額20億ドルのモノグラム・レジデンシャル)


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
21,553.09
+20.95 (0.10%)

■原油
46.08
+1.30%

■ナスダックバイオ株指数
3,310.77
+21.63 (0.66%)

■アレリアンMLPインデックス
298.04
-0.30 (-0.10%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,032.48
+0.41%

■米国ハイイールド債(S&P)
+0.04%
利回り5.42%

■欧州ハイイールド債
+0.13%
利回り2.69%

■CCC社債
+0.16%
利回り10.54%

■ドル建てエマージング債
+0.02%
利回り5.60%

■フィラデルフィア公益株指数
653.01
-2.45 (-0.37%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
79.43
-1.10 (-1.36%)

■S&P金融株指数
415.04
+2.50(0.61%)

欧州リート、オーストラリア・リートはこうなった。 

英リート +1.37%

仏リート +1.61%

Aリート +1.28%

それと14日のAリート指数。(S&P/ASX 200 A-REIT)

+1.05% 珍しく連勝した。


■個人的にファンド3銘柄(14日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10055円 +4円

上昇率+0.04%。 ベンチマーク指数の+0.16%に及ばなかった。 

しかしベンチマークの上げはリテール系の一本足打法みたいなものだから、まず

まずだろう。

(2)東京海上・グローバル・ヘルスケアREITファンド(野村)

*Hあり(80万口)9911円 -26円

ベンチマーク指数のFTSE NAREIT Equity Health Careの-0.36%ほど悪くな

い。 前日の反動安みたいな感じだ。

*Hなし(20万口)11288円 +3円

朝10時のドル円反発で基準価額+32円分を貰った。 この効果でプラ転した。

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(423万口)10129円 +10円

全体の6割弱を占める優先リートが前日比-0.07%。 ポートフォリオの中核

がリテール系なので、普通リートの押し上げ効果が予想外に大きく出た。


じゃあね、

14日、18時55分記。

TVの画面に大雨情報が常時出ていたけど、ようやく消えた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆7月14日 [Jリート大引... | トップ | ☆7月16日 [暇ネタ]桑野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。