花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆11月7日 米国REIT、J-REIT、今週の見通し

2016年11月07日 | Weblog
*米国REIT週間見通し:こう着か、年内利上げ観測が後退する可能性も意識
7時13分配信 フィスコ

■FTSE/NAREIT Index

安値:617.32pt
高値:646.83pt
終値:622.37pt
前週末比(騰落率):-2.26%

■下落、FRBは年内利上げへ地ならし

下落。米連邦準備理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを
決定も、12月に利上げに踏み切る可能性があることを示唆。年内最後のFOMCで利上げ
に踏み切る可能性が強まるなか、低金利環境で継続的な配当が見込まれてきたREITへ
の売りが継続。


■こう着か、年内利上げ観測が後退する可能性も意識

想定レンジ:590.00~650.00pt

こう着か。年内利上げ観測が依然として強い。大統領選の結果判明後は年内利上げ
について関心が向かうことになろうが、不透明である。12月利上げがコンセンサス
だが、これも大統領選の結果次第といったところ。市場は年内利上げなしを織り込
む流れに次第に向かう可能性も意識しておく必要がありそう。


*日本REIT週間見通し:こう着か、米年内利上げへの可能性を見極め
7時13分配信 フィスコ

■東証REIT指数
安値:1,755.34pt
高値:1,790.06pt
終値:1,758.69pt
前週末比(騰落率):-0.10%

■こう着、不確実性の増大からポジション圧縮に

こう着。週初こそ安値を更新した後にリバウンドをみせたが、引き続き25日線が上値
抵抗として機能しており、調整トレンドが継続。米大統領選への警戒感が強まるなか、
ポジション圧縮の流れに向かわせたようである。東京の新築オフィス賃料の上昇等も
伝えられるものの、反応は限られていた。


■こう着か、米年内利上げへの可能性を見極め

想定レンジ:1,720.00~1,790.00pt

こう着か。米大統領選が通過したとしても、その後は米国の年内利上げの可能性に
関心が向かうことになるため、引き続き同指数は下降する25日線に上値を抑えられる
流れが継続か。一方で、6月の安値水準が次第に意識されてきており、押し目買いも
入りづらい需給状況になろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆11月6日 米国リート GO !... | トップ | ☆11月7日 8985ジャパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。