花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆6月9日 米国リート あれこれ(その29)

2017年06月09日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下は FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクター別指数とスナップチャッ

トの株価。 ブログの内容はポジショントーク満載であります。


花椿です。 

私用で外出して18時過ぎに帰宅したので時系列データのみ簡単に書かせて貰い

ます。

■DJ米国リート指数 -0.29%、

■S&P先進国リート指数(米国)-0.17%

■S&P500指数(不動産)-0.42%

■(参考指数)欧州先進国リート -0.35%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 0.00%

■10年債利回り 2.19%

S&P500の業種別11大指数は4勝7敗だった。 不動産(リート)は7番

目、同じく金利敏感系の公益事業株は11番目で-0.88%、高配当の通信セ

クターが8番目で-0.58%と高配当セクターには大逆風が吹き荒れた。 懸

案のコミー証言は特に新鮮味はなくて騒いだ割にはアゲンストにはならなかった。

したがって全体的にリスクオンに流れたのが高配当セクターが苦戦する結果とな

た。


一方、最重要セクターの金融セクターがトップで+1.14%。 金融規制改革

法の見直し法案が下院を通過したのも押し上げ材料だ。 もっとも英国総選挙の

結果待ちもあって肝心の10年債利回りにはあまり変化がなかった。 18時半

の時点ではFTSEがかなり高く始まっているから、これで英国総選挙も無事通

過となれば一気にリスクオンがドカ~ン!と行く可能性もあるが、その場合は1

0年債利回りが反発するから米国リートにとってはアゲンストになりかねない。


で、俺の監視下にある25銘柄は8勝17敗だ。 リテール系リートもさすがに

大幅安。 ホテル/リゾート系リートが大反発した以外はレジデンシャル系とオ

フィス系リートがやや水面上に出たくらいだな。 大手小売り株はノードストロ

ムにMBO(創業家によるM&A)の材料が出たためにメーシーズなどみんなバ

カ上げで始まったけれども最後は水面下に沈んだ。

(ノードストロムは+10%だったけど)

その影響でリテール系リートも高く始まったものの徐々に墜落するハメに。 

セクター変動率は-1.10%。

□サイモン・プロパティ(489億ドル)-0.45%

□GGP(210億ドル)-1.05%

□キムコ・リアルティー(80億ドル)-1.19%


コミー証言の結果、トランプ政権は安泰という事なのか、私設不法移民収容施設

のGEOグループとコアシビックが爆発的に上がった。

□GEOグループ(39億ドル)+4.48%

□コアシビック(35億ドル)+3.14%


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
21,182.53
+8.84 (+0.04%)

■原油
45.64
-0.17%

■ナスダックバイオ株指数
3,086.13
+18.51 (0.60%)

■アレリアンMLPインデックス
293.37
-1.75 (-0.59%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,043.04
-0.34%

■米国ハイイールド債(S&P)
-0.11%
利回り5.37%

■欧州ハイイールド債
-0.01%
利回り2.63%

■CCC社債
-0.06%
利回り10.00%

■AA社債
-0.09%
利回り2.60%

■BBB社債
-0.10%
利回り3.46%

■ドル建てエマージング債
-0.09%
利回り5.40%

■フィラデルフィア公益株指数
675.99
-5.71 (-0.84%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
85.67
-0.93 (-1.07%)

■S&P金融株指数
394.72
+4.43(1.14%)

原油価格の続落で米国ハイがネガティブだな。

欧州リート、オーストラリア・リートはこんな感じ。

英リート +0.48%

仏リート -0.69%

Aリート -0.55%

(9日のAリート指数は-0.44%)

■個人的にファンド3銘柄(9日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10203円 -20円

下落率-0.20%。 ベンチマーク指数の-0.29%ほど悪くなかった。

最近のレジデンシャル系リートの強さがフィデリティを支えていると思う。

(2)東京海上・グローバル・ヘルスケアREITファンド(野村)

*Hあり(80万口)9952円 -41円

ベンチマーク指数 FTSE NAREIT Equity Health Care のパフォーマンス-0.4

2%とほぼ同一だ。 ややドル高へ方向転換したのがこのセクターにはアゲンス

トかな。

*Hなし(20万口)10947円 -40円

朝10時のドル円が110円へ戻ったのが多少プラス材料になってくれた。

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(423万口)10127円 -16円

ポートフォリオの6割を占める優先リートが普通リートほど悪くなかった。

限定的な下げ幅で済んだ。 優先リートは社債みたいなものだから下げ局面では

断然強いね。


じゃあね、

9日、19時35分記。

ある掲示板見ていたらこんなやり取りがあった。

◇▲◎▽◆◇■☆●◎◇◆□▼◇★○●□◎◆◇■△●◇◆▽◎■◇▼☆□★

『総理のご意向だったとして、それは犯罪になるのかね?』

『なりませんんね 内容が何の問題も無いんだから 本物だった所で「それが何か?」

だと思うんだけど 真贋に拘っている人は何を終着点にしたいのか 全然分からない』

◇▲◎▽◆◇■☆●◎◇◆□▼◇★○●□◎◆◇■△●◇◆▽◎■◇▼☆□★

まさに核心を突いていると思う。 メールの内容には何の違法性も存在しない。

したがって本物だと確認されても何の問題もない。 それがどうして民進党と左翼

メディアはメールの真贋にこだわるのか? コメンテーターも司会者も違法性がな

いのはわかっているから、総理の意向で勝手に決めたとワァワァー、ギャーギャー、

ピーピーいってるだけ。 俺にはさっぱり理解出来ないね。 日本は法治国家であ

り罪刑法定主義の国なのだから違法性のない問題で人を犯罪者扱いするのは名誉毀

損になる。 言語道断だ。


M学園もあれだけ報ステ、ニュース23などの左翼番組がワァワァー、ギャーギャ

ーやった割に突然消えた。 当たり前だ。 最初から何の違法性もない問題を安倍

サン憎し一辺倒でことさら針小棒大にやっただけで、何にもあるわけないのだから。

もし違法性があると思うのなら東京地検に告発すれば良いだけの話。 ところが誰

も告発しない。 違法性がないことは左翼自身が一番わかっているのだ。


今日は安倍サンの支持率が下がったとまるで鬼の首でも取ったかのような報道する

チャンネルもあったが、そりゃ国民はW大やT大レベルの人間ばっかりじゃない。

(そんなのはごく一部に過ぎない)

宮崎県が日本地図のどこにあるかもわからん奴が6割を占める国民だよ。 左翼

メディアが全く違法性のない問題でギャーピー、ギャーピーすれば、それに引きず

られるアホもいるだろう。


もうとにかく民主党政権が出来た時に「これで日本が良くなる!」と言ってバンザ

イしてたようなコメンテーターがまだギャーピー、ギャーピーやってるのを見たら

ほんとに腹が立つわ。 ぶっ殺したろうか。(おいおい)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆6月9日 Jリートのばら(... | トップ | ☆6月10日 Jリートのばら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。