花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆11月2日 米国リート GO ! 突然のお通夜に一言もなし

2016年11月02日 | Weblog
↑↑ チャートは5日間であります。 下は各カテゴリー別、地域別のリート

指数だ。 地域別では下の青色ハイライトが欧州先進国リート指数。 右上は俺

が登録したリート主要銘柄。 左端はアップル、バイオジェンなど主要銘柄、主

要指数だね。


花椿です。

恐れていた事が現実になった。 NYダウが-105ドル、N225が-307

円じゃん。 ドル円は103円台に突入だ。 VIX(恐怖)指数は+9%近く

も上昇した。 米国リートもよもやの大崩壊だ。 


東証Jリートも-0.45%で終えたが、日経が1面トップで物流施設の大活況

とプロロジス、三井不動産などの物流大型投資を報じたお陰でプロロジスちゃん

と三井不動産LPが逆行高だ。 もはや神がかりであるが、三菱の三井不動産LP

5口を安値処分したのであまり良い気分じゃぁない。


とにかくトランプが優勢に転じたのが悪材料。 日米欧の全部で不透明感が強ま

った。 リスク回避の円買い、株安で東証は文字どおりのじゅうたん爆撃だよ。


さて昨夜の米国リート指数はこんな感じ。

■DJ米国リート指数 -2.18%、

■S&P先進国リート指数(米国) -2.23%、

■ブルームバーグのリート指数 -2.15%

■(参考指数)欧州先進国リート -1.72%

この前日にFOMC、雇用統計など重要イベントを控えてショート筋が利確、大

幅な反発を見たけど結局は一日天下だった。 10年債利回りは最後はリスク回

避の資金流入から1.83%で落ち着いた。 しかし、その割には米国リートは

無反応どころか富士山直滑降のようなチャート。 欧州先進国リートが先行して

大幅安に沈んだのもセンチメントの悪化だろうな。


個別銘柄ではグーグルのリート株価配信がまたもストップしたために、上位20

銘柄だけ調査したが0勝20敗だ。 セクター別では決算の良かったレジデンシ

ャル系リートだけはやや下げ渋ったけれども、他は爆沈じゃん。 特に産業施設、

倉庫、ヘルスケアの下げがきつい。 


というわけで今日更新のファンド基準価額の大崩壊は間違いない。 特に俺と違

って「Hなし」を持っている人は朝10時のドル円が104円ちょうどまで-0.

75%も落ちたから、リート指数の下落分と合計で-3%近い下げになるヨ。


もっと悪く想像するならば、トランプが勝利した場合は全世界がリスク回避の株

安に見舞われる。 ドル円は100円割れも大いにあるね。 ただしリスク回避

で10年債利回りが急落した時のリートはどうなるの?という疑問。 意外に逆

行高があるかも知れない。 


そもそもトランプ大統領の出現で不透明感が強っまたとして、果たして利上げが

出来るのか? と、そこまで考えたら米国リートは救いの神じゃまいか。

(あくまでポジショントークだよ)


あと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
18,037.10
-105.32 (-0.58%)

■原油
46.67
-0.19(-0.40%)

■ナスダックバイオ指数
2,712.12
+29.57 (1.10%)

■アレリアンMLPインデックス
295.74
-3.45 (-1.15%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
978.92 -1.50%

■米国ハイイールド債
-0.37%
利回り6.12%

■欧州ハイイールド債
-0.11%
利回り3.44%

■ドル建てエマージング債
更新情報なし

■AA社債
+0.04%
利回り2.31%

■BBB社債
-0.04%
利回り3.33%

■CCC社債
-0.40%
利回り12.72%

■フィラデルフィア公益株指数
617.88
-11.03 (-1.75%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
89.31
+2.36 (2.72%)

■S&P金融株指数
326.47
-1.27(-0.39%)

■10年債利回り
1.83%

フィラデルフィア公益株指数は米国リート指数と全く同じ。 前日のショートカ

バーの一巡後はボガボガに売られた。 NY業種別指数は公益事業株と不動産株

(リート)が最悪だ。 ゴールド&シルバー株指数の逆行は安全資産のゴールド

が買われたのが材料だろう。


バイオは武田がバリアントの一部事業買収のM&Aが出た材料で反発したけど、

バイオ四天王の一角、ギリアド・サイエンシズが引け後の決算で市場コンセンサ

ス未達になって時間外で-1.13%の沈没だ。 バイオ全体にアゲンストだな。


米国ハイの急落はまさか、まさか、まさか、まさかの5連敗だ。 こちらは安全

資産ではなくてリスク資産になるから、NYダウ急落からのアゲンスト吹きまく

り。 とにかくVIX指数が急上昇するような環境でハイイールド債が値上がり

する可能性はゼロだね。

なお、英リート-1.15%、仏リート-1.54%、Aリート-0.13%だ

よ。(2日のAリートは+0.14%) 


■俺の4銘柄(1日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10320円 +180円

(2)ニッセイ/AEW米国リートOP(三菱)

*Hあり(170万口)8026円 +126円

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(410万口)10206円 +54円

(4)三菱国際・米国リートファンドA

*Hあり(21万口)10685円 +140円

この前日の米国リート指数+1.48%を前提にすれば、まあ、想定内の反発だ。

レジデンシャル系リートの動きが大きいからフィデUSリートFなんかは完全に

アウトパフォームした感じ。

といって今日更新の基準価額が昨夜のリート指数-2.18%を反映すればフィ

デUSリートFにとっては-225円くらいの衝撃波。 それ考えたら、ぜぇ~

んぜん嬉しくも何ともないわよ!!(←ココだけオカマ)


じゃあね、

2日、15時過ぎ記。

三井不動産LP:三菱の5口処分(安いところ)

JR九州:最後の100株処分

また夜の「さらばプロロジス(その4)」で書くつもりであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆11月1日 さらばプロロジ... | トップ | ☆11月3日 さらばプロロジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。