花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆10月12日 米国リート GO ! 金利上昇の大逆風に沈む

2016年10月12日 | Weblog

↑↑セクター別データは大引け1時間前で配信がストップした。


花椿です。

いやびっくり。 某掲示板を見ていたら、数日前に俺がブログに出した Google

の米国リート指数チャートのキャプチャー画像をコピペした人がいた。 まあ、

別にコピペするのは自由やけど(俺もGoogleからコピペしたので文句は言えない)

掲示板に出されるとは思わなかった。 


ただ掲示板に画像を出したのが俺だと誤解されても困るので、「俺じゃない」と

明確にしておきます。 そもそも俺が加入している通信会社からはこの掲示板に

は書き込みが出来ない。(通信会社自体がアク禁にされている) そんなわけで

今後も永久にこの掲示板にタッチする事はないので、一応お知らせしておきます。


■三井不動産LP(6口保有)

後場の序盤で313000円(-3000円)だ。 Jリート指数が1785P

まで下げているから、まあ、しゃーないだろうな。 地合いが悪すぎる。


■米国リート指数

DJリート指数-0.94%、S&P先進国リート指数(米国)-1.01%だ

った。 ちなみにNYダウは-200ドル(-1.09%)の棒下げ。 とにか

く地合いが悪すぎた。 


アルコアの決算がコンセンサスに達せず、株価が-11%も暴落したのがセンチ

メントを悪化させたと言われているが、それなら何で10年債利回りが1.77

%まで上昇したのか? これがよくわからん。 


とにかく、NYダウが-200ドルも棒下げした挙げ句に10年債利回りまでが

上昇したんじゃ最悪のケースだよ。 株と債券の両方向で損するわけだ。

(通常、株と債券は反対に動く場合が多い、両方持つとリスクヘッジになる)


いずれにせよ、米国リート固有の悪材料というよりも金利上昇がアゲンストであ

り、アルコアの決算が余計にマーケット心理を悪くしたと。 金利に関しては今

夜はNY連銀のダドリー総裁とカンザスシティ連銀のジョージ総裁の講演がある。


ジョージ総裁はタカ派で有名なので早期利上げ論をぶち上げるのは織り込み済み

としても(案外、昨夜の金利上昇がそれかも)、ハト派のダドリー総裁が注目だ。 

マーケット・フレンドリーな発言をしてくれればポジティブだけども、ハト派の

ダドリー総裁までが利上げ前向き発言になると、ややショックは大きいのじゃま

いか。(←日本語のつもり)


一口で言うなら、今夜の米国リート指数の方向性はダドリー総裁に尽きるんじゃ

ないかな。 主要企業の決算は12、13日はない。 14日にシティ、ウェル

ズファーゴ、JPモルガンの金融セクター御三家だね。 これはマーケットに与

える影響度が大きいから要注意だぜ。(下手をすると、じゅうたん爆撃)


あと、セクター別では情報源のページが大引け1時間前で配信がストップした。

だから正確な内容ではないが、全セクターが相当に下げている。 特にホテル/

リゾート、複合型、森林などが最悪だ。


■俺の4銘柄

(1)フィデUSリートF

*Hあり(270万口)10466円 +42円

(2)ニッセイ/AEW米国リートOP

*Hあり(170万口)8162円 +21円

(3)明治安田・ストラテジックリートF

*Hあり(410万口)10206円 +3円

(4)三菱国際・米国リートファンドA(アメリカンストリート)

*Hあり(21万口)10849円 +48円

米国リート指数+0.64%と比較して数字が悪い。 これは恐らくリテール、

レジデンシャル、ヘルスケアの主力が悪かったからだろう。 いくら産業施設、

森林、インフラなどの周辺が値上がりしても、ポートフォリオの配分が小さけれ

ば何にもならん。 その意味では周辺銘柄が上位を占有する三菱国際・米国リー

トファンドAの上昇率が一番大きいのは当然だろう。


あと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
18,128.66
-200.38 (-1.09%)

■原油
50.79
-0.56(-1.09%)

■バイオ
2,899.50
-113.61 (-3.77%)

■アレリアンMLPインデックス
311.63
-1.91 (-0.61%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
999.50 -0.99%

■米国ハイイールド債
+0.04%
利回り5.88%

■欧州ハイイールド債
+0.05%
利回り3.53%

■ドル建てエマージング債
-0.27%
利回り5.35%

■AA社債
-0.10%
利回り2.30%

■BBB社債
-0.05%
利回り3.29%

■CCC社債
+0.17%
利回り12.43%

■フィラデルフィア公益株指数
597.59
-6.80 (-1.13%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
80.17
-1.76 (-2.15%)

■S&P金融株指数
323.86
-3.47(-1.06%)

■10年債利回り
1.77%

バイオの下げがきついが、昨夜の決算でダメな奴が出たためにバイオ全体の心証

が悪くなったみたいだな。 先進国リートも下げがきつい。 英国リートがプラ

ス圏だった以外は各国全滅だ。 フィラデルフィア公益株指数と同ゴールド&シ

ルバー株指数は米国リート以上の下げだな。 結局、ここでも勝ち組は米国ハイ、

特にCCC債だ。 俺が持っている野村の米国好利回り債Fがバガバガ値上がり

するはずだよ。


じゃあね、

12日、13時45分記。

現時点、三井不動産ロジパークが314500円(-1500円)まで戻った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆10月12日 セクター別利... | トップ | ☆10月13日[途中経過] ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。