花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆11月12日 米国リート 、ようやく反発した(記事修正しました)

2016年11月12日 | Weblog

↑↑上はDJ米国リート指数の年初来、下は米国10年債利回りの年初来チャー

トだね。 1月12日の利回り2.10%の時にリート指数が奇しくも同じ320

P付近にある。


花椿です。

オープン直後にショートカバーで324Pまでロケット反発したけど、一瞬にし

てスタート地点まで戻った。 その後は320~322P周辺をウロウロしつつ

も、終盤からは低空飛行。 


引け味はあまりいい感じじゃないが、320Pを死守したのを前向きに評価した

い。 画像の上のチャートは年初来のやけど現在値はちょうど1月中旬に戻った

ところ。 これを画像下の10年債利回りのチャートと比較したら1月12日が

現在と同じ利回りだよ。


つまり10年債利回りの動きとリート指数の動きがぴったり一致するわけ。 

仮に直近で10年債利回りが3%だったのは2013年の暮れだ。 この時の

リート指数は何と260P! 


つまりトランプのインフレ政策が明確になった場合に、10年債が3%まで上昇

する可能性は大いにあるわけで、過去の経験則どおりであれば米国リート指数は

260Pまで下落する!かもわからん。 他に材料がなければ、あと20%近く

落ちる計算だ。


ただ安心理論としては米国リートは増配を繰り返していて、当時よりも配当水準

が高くなっているのは確かだ。 13年暮れと同じスプレッドで計算すれば29

0~300Pあたりが大底となる可能性も考えられる。


さらに言えばトランプのインフレ政策は不動産にも有利であって強力な追い風じ

ゃん。 近未来の不動産価格の大幅な上昇まで考慮するならば(これはリートの

増配要因になる)、例え10年債の3%を見たとしてもガン無視する流れになり

はしないか。


このブログで連日書いたように、ここ数日(昨夜も)、NYマンハッタンに資産

を持つ銘柄が逆行高しているのは、案外、NYマンハッタンの不動産価格急上昇

を予見しているのではないか?(←ココ超重要) だとすれば、そう悲観する事

はないと思うね。


ついでに書いておくと、米国リートのNYマンハッタン銘柄が火柱高を演じてい

る事実とその意味は他の日本語情報には全く出ていない。 俺のこのブログを読

んだ人だけが知っている。 自画自賛ですが、一応、自慢させて貰います。


なお、11日は債券市場が休場だったので米国債の値動き(利回りの変化)はあ

りません。 これが米国リートの価格形成に影響した可能性もあるね。 欧州リ

ートも+0.90%反発したし、週明けのJリートにとって追い風かも。


じゃあね、

12日、朝10時5分記。

暇があれば連休中に米国リートGO!を書く予定です。 「さらばプロロジス」

は今夜か明日にでも書くつもり。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆11月11日 米国リート GO... | トップ | ☆11月13日 [暇ネタ]昨... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りんご)
2016-11-12 11:30:24
 リートの分析 大変参考になります。 本当にありがとうございます。厳しい局面も乗り切れるよう、お互い頑張りましょう。
Unknown (名無しさん)
2016-11-12 20:40:32
花椿夕月様、お久しぶりです。
アメリカ大統領選はまだ確定してないようですね。
アメリカ全体では、クリントンが買ってますし、トランプも豹変しててもバカッターブリを発揮してるようですし、12月の代理選挙で裏切りの大吞伝返しも有り得るとのことです。
それは、それで、市場に混乱を与えそうですが。野村證券の米国債既発債が売り切れというのもショックです。他証券ではゼロクーポンは売ってるようですが。
朝6時、今から寝ます (名無しさん様、りんご様)
2016-11-13 06:19:36
◇りんご様
花椿です。 こんにちは。

>リートの分析 大変参考になります。 
>本当にありがとうございます
分析と言うほどじゃないですが、ポジショントークが
混じったりしてますので、お気を付け下さい。

>厳しい局面も乗り切れるよう、
>お互い頑張りましょう。
まったくですね。 基本的には経済が良くなるのにリ
ートだけが底へ落ちたままはあり得ません。トラノミ
クスに期待しましょう。

◇名無しさん様
花椿です。 お久しぶりです。

>アメリカ大統領選はまだ確定してないようですね・・
げえっ! なんか2~3の州で確定していないとはニュ
ースで言ってましたが。 私は個人的にはトランプの方
が面白いと思いますけどねえ。 日本もやれ平和憲法だ、
米軍基地反対だと、そんな子供のままごとから卒業して
現実路線に転換する良いチャンスを与えてくれたと考え
ます。

平和憲法なんて宗教ですから、そんなもん信じていても
現実の平和は守れません。 金ジョンウンがボタン押し
たら一発で即死ですよ。 これ、平和憲法で守れます?

>それは、それで、市場に混乱を与えそうですが・・・
色々な意味で波乱要因がまだ残ってますよね。

>野村證券の米国債既発債が売り切れというのもショッ
>クです
まだ買うのは早いんじゃないですか。 利回り的にはも
う少し上がありそうな気がするんですが。 ただ金利は
事前の織り込みが早いですから、利上げと同時に10年
債利回りが急低下する可能性もあり得ます。買われるの
であればFOMCが来月13~14日ですから、その前
の週が狙い目かもわかりません。 

今はトランプ経済への期待値が盛り上がっている時です
が、逆にこれがはげ落ちるとリスク回避になりかねま
せんね。 私はNYマーケットが落ち着くまでは国内モ
ノいじるつもりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。