沢登りカヌーイスト

カヌー+沢登り=原始の渓へのフリー切符

笠ヶ岳 穴毛谷 ニノ沢奥壁 カンテルート

2013年08月05日 | 本チャン系
2013年8月4日

北アルプス、笠ヶ岳、穴毛谷、ニノ沢奥壁、右峰岩壁、カンテルート


 笠ヶ岳の岩場を登り、上まで抜けて日帰りする事にした。
クライミングというよりは、歩きがメインになるので、体力のあるブルースは頼りになる。装備は軽量化で、かなり絞る。ロープは9.5mm×60mを1本、マイクロカムとカムは1セット弱にリンクカムで、大きいサイズはトライカムにした。
 朝4時半、駐車場を発つ。穴毛谷の本谷を少し登り、右岸から出会う二つ目の顕著な沢に入る。ニノ沢は、下から上まで岩壁が散りばめられた岩場天国の沢だがクライマーは少ない。アプローチが近く、いつも貸し切りなので穴場的なクライミングエリアだ。
 ニノ沢下部の側面は、土砂と大岩が堆積した数メートルの崩壊崖になっているので、沢の端を歩かない方が安全だ。沢中は、巨石が積み重なっているが概ね安定している。



ニノ沢下部の雪渓。人くらいの落石が、そこかしこに落ちている。


 下部の雪渓を詰めていくと三又の奥に、奥壁、ドーム、ドリュ状岩壁がそそり立つ。



ニノ沢の三又。見えているのは右俣と中俣で、左俣は左の岩壁脇から入っている。
正面奥の左がニノ沢奥壁、右がドーム壁

 ニノ沢の三又を中俣に入り、その先の二股を中ノ右俣に入る。


    
     三又付近の崩れかけの雪渓                 中俣から見る、中ノ右俣と中ノ左俣 

 いつも通りブルースが荷物をいっぱい担いで、ガンガン歩くのでペースは上々だ。
中ノ右俣はニノ沢の本流で、奥壁を見ながら登って行き、上部で左の枝沢(犬歯ルンゼ)に入る。


    
 犬歯状ピークとカンテルートのコルを目指す           取り付きは右の凹角ではなく左のカンテ状小凹角  

 犬歯ルンゼは、奥壁右峰岩壁の中央基部を目指し左上して行く。このルンゼは、奥壁(右峰)の基部を中央から左端へと登って行くので、壁のほぼ全体像を下から覗える。最後は、犬歯状ピークとカンテルートのコルに突き上げるが、最後近くに超ボロいルンゼが数メートルあり侮れない。たぶん、ルート中より、ここが核心のような気がする。
 コルに着き、さあ登ろうかという時、雨が降ってきた。結構本降りなので、ツエルトを被り一時待機する。ロープが1本しかなく、軽量化で手持ちの支点も少なく、残置支点もあてには出来ないので、ルートに取り付いたら懸垂での敗退は出来ない。取り付きで敗退するか、登りきるかのどちらかだ。軽量化してのライト&ファーストは短時間で大きな山行ができるが、山での選択肢が狭まるのも事実だ。


                   雨に煙るカンテルート取り付き

 岩はビショ濡れで、ガスで視界も利かない。ダメかな~と思っていたら、止んでくれた。
1P目のスタートはカンテ状の小コーナー、顕著なクラックが走っている。上半分は見事なコーナークラックで登っていて楽しい。
2P目はビレイポイントのテラスからカンテを左に越え、カンテの左を登る。左に出る一歩と、最後の草付付近が雨で濡れていて少し悪かった。
3p目も雨で濡れた草付周辺が悪く感じた。たぶん、残置を使用せず、トラッドで少しランナウトしていたせいもあったと思う。


   
  カンテルート1P目、見事なコーナークラック

 最初の3ピッチは雨上がりの事もあり、私がリードするが、4P目からはつるべで登る。4P目はカンテを右に跨ぎ、草付を登る。ここからは終始ランぺ状の草付を登り、最後の岩場にあるチムニーを登り、ブッシュリッジを延々登って稜線に出た。今回も打撃物無しのトラッド、即ち残置を使用せずオールフリーで登った。


    
      4P目、カンテを右に跨ぐ                  4P目以降はカンテ右のランぺ状草付を行く

 このルートは、実質、最初の3ピッチが岩壁登攀で、その後、草付登攀、ブッシュリッジ登攀と変化していく。夏は日本的なリッジ登攀だが、冬はかなり面白そうである。しかし、アプローチが命がけなので、冬期はたぶん未踏か初登くらいだろう。


    
      岩稜の終わり付近に出てくる小チムニー          ルートの上半分はブッシュリッジ

 稜線に抜けると、青空が覗いていた。
14時半、ちょうど10時間で稜線か~、結構かかった。しかし、雨の待ち時間と、濡れた岩での登攀を考え合わせると、そんなもんか。下りは、所々ぬかるんだ登山道でクツをグチャグチャにして夕方には槍見温泉に下山した。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠ヶ岳 穴毛谷 四ノ沢 ピ... | トップ | あけぼの壁 New Dawn Right »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。