和志のウェブログ

絶対に見てはいけないブログ

それほど悪い点もないのに所有している不

2017-05-17 16:03:21 | 日記
それほど悪い点もないのに所有している不動産物件が売れずに悩んでいるのであれば、これからお話することを確かめてみましょう。まず確かめることとしては、売ろうとしている物件をきちんと掃除してあるか、細かなケアはされていることを確認してみてください。それから、仲介をお願いしている不動産会社が物件を売り込むのに必要な宣伝を適切に行っているのかも確かめましょう。三番目に、物件につけた価格をもう一度、話し合ってみてください。しばらく音沙汰無しの状態が続くのであれば、売価を付け直したり、買取を依頼するのも一つの選択です。不動産物件を売ろうと思ったら、売値を決めてしまう前に、一括査定を使い、複数の不動産会社に査定してもらうと後悔しません。何社かの査定額を比べると相場がわかるので、相場にふさわしいと思う価格を検討しましょう。それから、不動産業者にはなんとコンサルティングまでしてくれる場合もあるため、物は試しで無料相談に行ってアドバイスをしてもらって、売りたい物件の最高額を聞いてみるのも何かの参考になるでしょう。これまで持っていた不動産物件の売却をしようとする際、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。そんな時には、土地境界確定測量を土地家屋調査士にお願いして、その土地の権利者が立ち会った上で測量してもらって、土地の面積が確定したら、必要な書類が作れるでしょう。なぜこの書類がいることがあるのかといえば、買う予定の土地の境界線が明確になっていない不動産物件において、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、購入する土地に面した土地の権利者とのいざこざを回避したいという思惑があるのでしょう。一般的に、不動産物件を売る時には、信頼できそうな不動産業者をみつけた上で、媒介契約を結ばなくてはなりません。媒介契約の種類は3つあるのですが、専属専任媒介契約は成約の内容が厳しい物になっていますから、よく確認した方がいいでしょう。専属専任媒介契約を結んだ場合には、他の不動産業者の仲介は一切受けられません。この専属専任媒介契約をしてしまったら、友達がその物件をいい条件で買ってくれるといった場合でも、当人たちだけの契約は制約違反にあたりますから、この仲介業者を通すことになるのです。できるだけ早期に不動産物件の売却先を見つけたいと思うのも無理はありませんが、もし、値下げタイミングの判断に失敗すると損失はかなりのものです。早くから売却物件が値下げされると、もう少し下がるかなという期待を持つ買主も少なくないでしょう。物件に関して問い合わせてくる人の数などを考慮の上、半年経っても動きがないと判断したら値下げを検討する段階としましょう。言葉の通り、不動産物件は売るのが大変で、売却段階にかかる費用も様々あります。代表的なものは、仲介業者に対して必要な仲介手数料、各種の不動産登記関連書類を作成してもらう司法書士への報酬、それに、譲渡税、売却する物件に住宅ローンが残っている場合は繰上げ返済費用などもかかるでしょう。仲介業者をどこにしようかという時に、可能な限り仲介にかかる手数料を減らせればコスト削減に有効でしょう。ネットの一括査定サービスは、不動産売却では非常に重宝します。その理由としては、査定を一社にお願いするだけでは、本来の相場がはっきりしないまま、安価で物件を売却してしまう恐れがあるからです。ですから、一括査定サービスを活用して査定額を複数の業者間で比較して、サービス内容が最も希望に合う業者に掛け合ってみるのがポイントです。不動産の売却に際しては、あらかじめ周辺の物件の相場を調査しておくことが極めて大切なことです。と言うのも、不動産の価値に対して不当な査定をされたとしても相場の知識がなければ気づけないので、しなくてもいい損をするという残念な結果につながるからです。それだけでなく、参考となる物件の相場の知識は価格交渉の一助ともなるでしょう。極力、幅広く情報をゲットしておきましょう。一般的な場合においては、不動産を売却する際には不動産会社を通しますが、自分で売ることはできるでしょうか。しようと思えばできることなのかもしれませんが、売買の際の交渉や必要書類の作成、および事務手続き、買主探しなど、自分一人ですべて行うのは非常に大変です。不動産売却の専門知識が必要なので、知識が不足していると、ちょっとしたことで取り返しの付かない損失が生じることもあるでしょう。将来のトラブルを防止するための費用だと考えて、仲介手数料を惜しまず、信頼できるような不動産会社を利用するのが得策でしょう。まだ手続きしていない人もいるようですが、マイナンバーを提示するようにいわれることが、マンションなどの不動産物件を売った時にはあるのです。とはいえ、提示が必要なのは売手が法人ではなく個人であって、なおかつ、買う側は個人ではなく、法人であるといった条件が当てはまる時です。しかも、例外があって、売る金額が100万円に達しない時にはマイナンバーを提示する必要がないのです。そもそもなぜマイナンバーの提示が必要かというと、法人である買主が不動産物件を買った時に税務署に出す書類への記入が必要なので、提示を求められることがあるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それほど悪い点もないのに所... | トップ | たとえ自分が所有している不... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。