ヒマラヤじゃなくてヒマラヤン

2016年09月11日 23時21分13秒 | Weblog
SRVが通算13台目(乗る事も無くただ所有権があった物を含め)の愛車となって1年
細々としたトラブルはある物の気分良く乗ってる
どこか遠出をと思うが未だ最長距離が納車時の広島市内からの帰路という
何ともまぁ見事なご近所Life
そりゃぁねツーリング行きたいですよ
ダラダラと何も考えず遠くへ行きたいですわ
深夜の下道800㎞弾丸ツーリングとかもうできないんだろうなぁ(体力的にも)と
まぁこれ以上は愚痴っぽくなるので止めておこう

気分良く乗ってるSRVだが不満が無い訳ではない
ポジションの不満は年末にでもどうにかするとして正直もう少しパワーが欲しい
いや、パワーよりトルクか…
それと高速域で振れない足回りが欲しい
いやひょっとしてホイールバランス狂ってるのか?
あ~とりあえずそっからだよなぁ


KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING
日本中のあちこちでやってるのだがウチの近所というか職場から5分の道の駅でももう何年も開催されている
開催されてるのは知ってたが一度も行った事は無かった
仕事だったりバイク乗ってなかったり

んで宿直明けの昨日、初めて行ってみた
主催するクシタニとしてはツーリングのきっかけ作りなのだろう

とりあえずコーヒーを貰う
スタンプを集めたらマグカップが貰えるらしい
クシタニの製品なんて持ってないのに(笑)

あっ、Kライン持ってたわ(まだ着れるんかいな?)

会場に入ってすぐとあるテントが目に入った
KTM?違う違う(興味ないし)

ROYYAL ENFIELDだ!!!
即駆け寄り
「ヒマラヤいつ発売っすか?!」

「ヒマラヤちがうよヒ・マ・ラ・ヤ・ン!」

訂正されてしまった(笑)
ヒマラヤンはロイヤルエンフィールドが発表した新型車
発表されて暫く経つが未だ生産国であるインドでしか発売されておらず詳細が入って来ないのである
聞けばディーラーでもまだ話せるほどの情報は入ってないとか
ただかなりの台数がバイヤーを通じて世界中に流れているようだと
まだ世界の公道で走らせれる状況ではなく、恐らくはパーツ開発のための型撮りだろうと説明された
そうか・・・まだ当分先なのか
現地価格で30万くらいが日本に来たら幾らになるんだろう
70万位なら買っちゃうよマジでマジで(たぶんもっと高くなる)
なんて話をディーラーの人としてて気が付いた
テントの中には数台のバイクが展示していたのだが

「これひょっとして試乗できます?」

「できますよ~~」


OH!!


乗りました
20分位好きに乗っていいですよ
という言葉に甘え地の利を生かしワインディング含めてしっかり乗らせてもらった

借り物ということもあり慎重になり過ぎたせいもあるかもしれないが
正直速く走らせるのには時間がかかるだろう
国産車のようにスパッっと切り返せない
色々と洗練されていない
パワーも全然ない

でもすっごく楽しい
これはヤバい
スタイルも凄く好みだ
ひっじょ~~~にヤバい

欲しいぞ
本気で欲しいくなったぞ
諸費用込みで約100万円
今の二台目さんにはひっじょ~~~に厳しい金額なのですぐには無理だけど
何とかしたい
とりあえずヒマラヤン待ちするけど
あぁホントヤバいバイクに出会ってしまった



こうして夏が過ぎ去っていくのでした



あ~そうそう
今日こいつを偶然見つけた訳だけれども
コイツ自体は天然記念物じゃないから
繁殖地が天然記念物だから間違わないように
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

基本的に絶賛夏バテ中

2016年08月29日 00時11分23秒 | Weblog
食欲落ちてないんだけどねぇ
出張から帰ってからなんか今一調子がすっきりしない
まぁでも遊ぶんですけどね
シン・ゴジラはとりあえず2回観ました
2回観ると蒲田くんがとってもかわいいです

画像はうちの蒲田くん
カミさん的には鎌倉さんのしっぽがピンってのが日本犬を連想させたようで萌えポイントだったようです
2回目もやはり自衛隊の強さに感涙しました
BD出たら欲しいなぁと
八岐大蛇の逆襲とゼネプロ版帰ってきたウルトラマンと併せてみるともっと楽しめると思うのです

まぁこれが先週までのお話で宿直上がりの今日は尾道までバイクを走らせたのでした


尾道といえば猫なんですが今日は違います



Red Bull HolyRide 2016

神社仏閣の参道を自転車で駆け下りるかなりキ印なレース
テキトーにググって頂ければそのクレイジー差がお解り頂けるかと
ちゅうわけで以下写真の羅列






↑winner



ほいじゃぁおやすみなさい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そういやぁ世間は盆休みなんだな

2016年08月14日 23時46分54秒 | Weblog
道理で道が混むはずだ

往復530㎞
以前なら親父が運転していたのだがやっと代変わりしてくれた
家族に加え齢80を過ぎた叔母を乗せて普段乗り慣れてない車での長距離は非常に疲れるのだが
それはまぁ仕方ない


ふと星が見たくなった
そういえばペルセウス流星群の時期だった
ライトを消せば真っ暗闇の山道を登る
雲が多いかと思ったが道を開けてくれるかのように晴れてくれた

すぐ傍に見えるどこぞの企業の保養所からは笑い声が聞こえてくる
もう少し奥まで行こうかとも思ったがまぁいいだろう

それよりも月が明るくて明るくて少しは月齢をチェックして来ればとも思ったが
条件が巧く揃う日など年に何日あることか
結局1時間ほどシャッターを切り続け帰宅

そして明けて今日同じ山に登る
茹だる様な暑さだったがここまで登ると少しだけ涼しい

このままどこか遠くへ行きたい気分だったが
それをやってしまうと悲しいかな色々と失ってしまう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空の青 海の青 SRVの青

2016年08月07日 23時03分36秒 | Weblog

3刷目でようやく手に入れた
著者は「せきはん」というより「大森しんや」と言った方がピンと来る人の方が多いのではなかろうか。
この人の描くバイク漫画が好きで刊行されている作品はとりあえずかうことにしているのだが、
本作品は初版、2刷共瞬殺、ヤフオクやアマゾンで中古が倍以上の高値で取引されている始末だった
通販で書籍を買うのは意にそぐわないのだが実店舗で見つからない以上仕方なかった。
今朝一番で届いたおかげで久しぶりにバイクで走りに行こうと思ってたのがすっかり遅くなり出発したのは10時をまわってからだった。
茹だる様な暑さに等々メッシュジャケットを箪笥の奥から引っ張り出す。
購入当時より10㎏化かし増えた体重のせいでファスナーが閉まらないのではと思ったがどうにか収まってくれた(笑)
そういえば健康診断の結果アチコチ用精密検査になってたな
このクッソ忙しいのにどうやって検査に行けと
走りには行くけどね

家を出るまでどこに行こうか考えてなかったのだが気が付けばしまなみ海道を走っていた
いつもならせいぜい因島で終了なのだが無性に来島海峡大橋が見たくなって高速をひたすらフルスロットルで駆け抜けた

熱いし腹減るし

道の駅で飯食えるほど金持ってない(持ち金500円)のでコーラ1本で凌ぐ(残金350円)


蒼い



小さな峠を越えて下りに入ると見えてくるこの景色が一番好き
実際にカメラに収めたのは帰路に就いたころだったのだがこの直後SRVがうんともすんとも動かなくなる
全電源喪失
ホーンすら鳴らない
自宅まで100㎞
とりあえず坂を押して上がり高速の高架下で途方に暮れる
一番近いバイク屋までしばらくある
押して行くかバイクを残して一度帰るか
暫く考えた後物は試しで押し掛けを試みるとあっさりエンジン始動
タコメーターの動きがおかしいが他は普通に動作してる
とりあえずこのまま家を目指そう
本当ならまだ寄りたいとこがあったがそれはまた次の機会に残して2時間後に帰宅
相変わらず一度エンジン止めると押し掛け以外再始動できなかったのだが
原因調べようと弄ってたら特に原因をつかめぬまま復旧
このまま収まってくれればいいのだが…

だがトラブルを差し引いてもやはり行って良かった
近距離の割に交通量が高いのが難点ではあるのだが
それでも行く価値があると思ってる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏が終わった

2016年07月31日 21時31分05秒 | Weblog
7月の中盤1週間ばかし出張で横須賀の人となった
不慣れな土地で一人1週間というのはもう四半世紀ぶりといったとこか
せっかくなんでアチコチ巡ろうかと思ったのだがどうも流れが悪い

三笠観て

すし詰めの江ノ電乗って

湘南で日が暮れて

中華街で感動的なまでに美味い刀削麺と餃子に出会え

赤レンガ倉庫をぶらついて終了
そして帰ってきた途端体調を崩して寝込む
2週間経ったが未だにシャキっとしない

でもこれは観に行った
近年稀に見る傑作と言えば褒め過ぎか
この作品に関しては色々語りたい
ゼネプロとかDAICONとかのキーワードが解る人と酒飲みながら語りたい
とりあえずもう一回観に行く

そして花火が上がり
8耐が終わった

とりあえずまだ頭がガンガンするのだが
例によってアルコール消毒しておこう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加