声なきに聴き 形なきに視る~孤掌は鳴りがたし

面白き こともなき世を 面白く~むばたまの 夜の寝覚めの朧月 花踏む鬼の 名を問えば 夢幻と答ふなり 夢幻と答ふなり

セコイ商法で乗り切ろうとするNTTDOCOMO

2016年10月20日 | ささいなこと?不細工やなあ~ 我利我欲?

打倒!格安スマホ ドコモ、独自ブランド「650円スマホ」を投入 

何万円もするスマホを売っていたかと思えば、いくつかの機能(ソフト)を外しただけでたった648円(税込)のスマホを売り出すNTTDOCOMO。
さすがというか、場当たりというかなんとも情けない会社だなあと感じる。
高い値のスマホを「実質ただ」という詐欺まがいの商法で売る行為を叱られたから、こんな奇策を考える。
648円で売れるのなら、タダも変わらない。
おサイフ?などそんなソフトに何万円もかかるはずはない。

官庁だけに守られて営業を続けるNTTとDOCOMO。民間企業や個人客が逃げるのは当たり前だ。
なんいせよ、セコイ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月19日(水)のつぶやき | トップ | やっぱりという感じの土佐國... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。