声なきに聴き 形なきに視る~孤掌は鳴りがたし

面白き こともなき世を 面白く~むばたまの 夜の寝覚めの朧月 花踏む鬼の 名を問えば 夢幻と答ふなり 夢幻と答ふなり

何もしないで「痛恨の極み」とは・・・見栄や体裁よりも、アントキ♂氏や松浪氏、板前の力を借りたらどうや

2016年10月17日 | 今日のつぶやきここまで

加藤拉致小星は、「この1年間、解決への道筋が見いだせなかったのは「痛恨の極み」で、申し訳ないと思う」と言った。
何もしてこなかった。何もできなかったのだ。
「痛恨の極み」っておかしいだろう。

松本京子さん、平壌で入院か=「金正恩氏の指示」-韓国拉致家族会代表

日本の政府関係者は何も知らない。
平成の妖怪 アベる安倍政府は、もう手詰まりで何もできないのだから情けない限りだ。
見栄や体裁にこだわらないで、民間の力を借りたり、アントキ♂氏や松浪氏、板前らにもお願いしたらどうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌朝民進・安倍米搗新聞の変... | トップ | 柿(かき)と杮(こけら) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。