声なきに聴き 形なきに視る~月に叢雲花に風~

目をとじれば 耳をすませば・・・・面白き こともなき世を 面白く~孤掌は鳴りがたし~

マイナンバーと個人情報保護?

2016年10月11日 | 名馬に癖あり 駄馬に糞(屎)蟻だ

【マイナンバー】:進まぬカード交付 北海道35市で5.5%

住民基本台帳カードはどうなったのか?
「国民総背番号制」に反対したのに、名前をカタカナに変えれば賛成する。

ところが、住基カードと同じように普及しない。
別にカードなどなくても不便を感じない。

預金金利からの税金は強制徴収なので誰の名前であっても関係ない。
壺預金も箪笥預金も、押入れ預金も金利がつかないから問題はないはずだ。

いったい何を企んでの導入だったのか?

  1. 小銭(いくつもの臨時賃金)所得を把握して、諸税を掛ける。
  2. ばらけている国民私財(1000兆超円と言われる預金とその他資産をきちんと把握する)の把握
  3. その他

頭のいい人(国の企みの分かる人)は、預貯金を辞めて壺箪笥預金に変えた。
国民私財把握をしていったい何をしようとしているのか?
残念ながら、愚生にはその企み・企てが分からない。

国民私財把握は、日本が過去にやった「新円切替」と「預金封鎖」をやれば簡単だが・・

私たちは個人保護法で「個人情報」は守られていると思っていますが、すでに一定の出回っています。
どこのだれそれのこどもの性別やいつ産まれたか、まただれそれがいつ死んだかまで掲載を止めない限り某田舎慶弔新聞に公表されます。

いろんな個人情報は、お上はみんな知っています。
私たちはすべてお上にされて生きています。
守秘義務というものが官吏員にはあります。なのに、どこそこの何べえが税金を滞納しているなどということはすぐに聞こえてきます。なぜなんでしょうか。

また、個人情報保護規定に引っかかるのは、5001人以上の個人が登録されている事業所等です。
そのためには、各町内会やPTAあるいは、日高管内の事業所などでは対象になるところはそうありません。
つまり、個人情報などはじゃじゃ漏れ状態です。
PTA名簿を配布しない。学校生名簿を配布しない。発行しない。そんなことが個人情報保護に結びつく考えている輩は相当おめでたいです。
町村役場でも5000人を切っているところが結構あります。

個人情報などすべての情報はすでに漏れてしまっているのです。死なない限り保護はできません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武蔵國も豊前國も醜い金糞ま... | トップ | 10月11日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名馬に癖あり 駄馬に糞(屎)蟻だ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。