声なきに聴き 形なきに視る~孤掌は鳴りがたし

面白き こともなき世を 面白く~むばたまの 夜の寝覚めの朧月 花踏む鬼の 名を問えば 夢幻と答ふなり 夢幻と答ふなり

「産地偽装」・・・「表示偽装」でもいいから「トマトジュース」に塩分を

2016年10月14日 | 生きるために必要なこと???

スーパーで販売の牛肉、産地偽装表示の疑い 福岡

「産地偽装」する大型安売店がまだあるとは、w(゚o゚)w オオ-
でも、食堂でも、小型一般店でもまだまだありそうだねえ。
「産地偽装」は悪いことですが、偽薬まがい品(健康食品?)などは、「偽装」ではないかも知れないが、ほとんど瞞しに近い「誇大宣伝」と思えますがねえ。ここへメスが入らないのはなぜなんでしょうか。
やっぱり、平成の妖怪 アベる安倍氏の肝いりだからでしょうかねえ。

ところで、最近「塩分」塩分規制でもあるのでしょうか、トマトジュースも「無塩」のものばかりです。「塩分」の入ったものは値段も高いし、ほとんど売っていません。
この「塩分」の入っていないトマトジュースが全然美味しくありません。「良いトマト」で作ったという高いものでも塩分なしはさっぱりです。せっかく良いトマトを使って作ってもおいしくなければ意味はありません。情けない商売ですねえ。
おいしく作るとたくさん飲んで「塩分」を取りすぎるということでしょうか。

胡椒のないラーメン、七味のないうどん、油で揚げていない野菜天婦羅、出汁のとっていない味噌汁・煮物、塩分のない塩干物などなどより「質が悪い」といえますねえ。「表示偽装」よりも美味しくありません。

そのトマトジュースに、食塩を振っても大して美味しくならない。これって、なんでだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月13日(木)のつぶやき | トップ | 税務担当の元課長 競馬払戻金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。