声なきに聴き 形なきに視る~月に叢雲花に風~

目をとじれば 耳をすませば・・・・面白き こともなき世を 面白く~孤掌は鳴りがたし~

主な参考・引用 文献 ホームページ 抜け落ちている時はすみませんがご一報を

2006年10月07日 | 勝負は時の運!果報は寝て待て

お名前の敬称(様等)は略させて頂いています。ご了解ください。

○アスキードットPC ○捜査一課長 清水一行 ○霊界と憑依現象の謎 入江仙修 ○福沢諭吉おもしろ百科 桑原三郎 ○紀州日高山中夜話 森口玩象 ○ひだかむかしばなし エプロンネットワーク ○紀の国ふるさと民話 荊木淳己 ○この一冊で宗教がわかる! 大島宏之 三笠書房 ○ダイソーミニ辞典シリ-ズ ○ミステリー 民俗学者八雲樹シリーズ ○伊藤潤二氏のコミックシリーズ ○金田一少年の事件簿シリーズ ○tsukinokoyomi presented by 88d ○日本人数のしきたり・礼儀作法のしきたり 飯倉晴武 ○日本の神々と仏 岩井宏實 ○お葬式の日本史 新谷尚紀 ○暦の雑学事典 吉岡安之 ○新暦・旧暦カレンダー 暦の会 ○旧暦と暮らす 松村憲治 ビジネス社 ○続々と、旧暦と暮らす 松村憲治 ビジネス社 ○庵を結び 炭をおこす ○旧暦と暮らす 松村憲治 ビジネス社 ○和暦で暮らそう 柳生博と和暦倶楽部 小学館 ○今日は何の日カレンダー ○日本人のしきたり 飯倉晴武 青春新書 ○旧暦で読み解く日本の習わし 大谷光男 青春新書 ○日本の「行事」と「食」のしきたり 新谷尚紀 青春新書 ○日本のしきたりがよくわかる本 日本の暮らし研究会 PHP研究所 ○スローライフ歳時記 吉岡安之 幻冬舎 おりおりに和暦のあるくらし 和暦くらし研究会 角川書店 ○Yomiuri Online ○暮らしに生かす旧暦ノート 鈴木充弘 河出書房新社 ○日本の伝統を読み解く暮らしの謎学 岩井 宏實 青春出版社 ○和のくらし・旧暦入門 洋泉社 ○月の満ち欠け新暦・旧暦カレンダー ○その時歴史が動いた NHK取材班 ○横溝正史シリーズ ○ハロー張りネズミシリーズ 弘兼憲史 ○日本史の謎がおもしろいほどわかる本 歴史ミステリー倶楽部 王様文庫 ○ヘンな雑学 雑学博士協会 青春出版社 ○武田信玄・伊達政宗・徳川家康・織田信長・隻眼の竜・武田勝頼 横山光輝 ○天声人語 ○伊達政宗 竹内勇太郎 ○戦国名将の気くばり ○日本で一番出世した男 豊臣秀吉の秘密 米原正義 ○ヘンな雑学 雑学博士協会 ○暦のページ ○Wikipedia ○旧暦はくらしの羅針盤 小林弦彦 ○旧暦ライフ温故知新 川口澄子 ○坂本龍馬 山岡荘八 ○満月と魔力の謎 黒木月光 ○祖国とは国語・この国のけじめ 藤原正彦 ○月の魔力 藤原正彦訳 ○全国紙・地方紙すべて ○ANTA

すべての生命を大切にし町民一人ひとりが光輝く町に◇スローライフ◇毒舌暴言辛口短絡本音建て前辛口短絡本音建て前

 ○競馬と金田一耕助をこよなく愛し 旧暦でスローライフを実践する動物好きなおっさん ○参考・引用文献等はブックマーク欄から

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 新町長に反発 降格願 受理... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主な参考・引用文献 (家主)
2009-05-03 01:21:28
四字熟語なるほど話 窪島一系 中経の文庫
主な参考文献 (夢幻)
2009-06-07 03:53:11
雑学おもし続本
主な引用文献 (Unknown)
2010-09-14 07:11:39
都市伝説~信じたくない恐怖 
どんどん頭がよくなる 雑学王
ことわざ辞典 名言名句

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勝負は時の運!果報は寝て待て」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
12/31(水)は旧暦十二月五日 大晦日 年越し料理 除夜の鐘 (くわ しげおの鶏口となるも牛後となるなかれ)
○大晦日(おおみそか・おおつごもり)に年越しそばを食べる習慣は、江戸時代に定着したそうです。忙しい日本の夜中に、「三十日そば」という商家の風習の名残だそうです。ただ、年越しそばの由来については、定説はありません。一般的には、そばは細く長くのびることから...