声なきに聴き 形なきに視る~月に叢雲花に風~

目をとじれば 耳をすませば・・・・面白き こともなき世を 面白く~孤掌は鳴りがたし~

松本清張の「点と線」、島田荘司の「寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 」

2017年10月07日 | 
お題「好きなミステリー小説は?」に参加中!
「ミステリー」か「サスペンス」か分からないが、推理小説で強いて言うなら、松本清張の「点と線」、島田荘司の「寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 」でしょうね。どちらも寝台特急がでてくるんだけど、
点と線 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
 
寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 (光文社文庫)
クリエーター情報なし
光文社
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Audible (オーディブル)

2017年04月12日 | 
Audible (オーディブル) 会員登録 - 無料体験期間1カ月
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

今、amazonのオーディブルという「本聞き放題」の体験(1か月)をやっているんだ。
本は読むもので、はじめは、本を「聞く」ということに慣れてなかったのだが・・・・
今は、毎晩聞きながら寝ている?

著者と朗読者が違うのは、本をそのまま読んでいるんだなあ(そこらへんでやってる読み聞かせ?)。
著者が語っているのは講演のようなもので、いろんな情報を混ぜて喋るので楽しいんだ。
が、中には「私情」が多すぎるのもあるんだよ。

愚生は「歴史・人物」ばかりを聞いている。
今まで、本やテレビで仕入れた以上の情報(裏話など)聞けて楽しいんだなあ。

落語も聞いたのだけど「面白い」のがないねえ。先代圓楽、歌丸さんや故人のも多くある。

小説は、松本清張さんや森村誠一さんなど好きな人気作家のものはないんだなあ。きっと出版社が権利を握りしめているんだろう。
もっともっと増やしてほしい著者の分があるんだけれど・・・2か月で好きなものは読み終わってしまうかもねえ。

それと、スマホ・タブレット(iOS・Android)はいいんだけれど、パソコンはwindowsは10でないとだめだからねえ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言えないと恥ずかしい敬語 一発変換550 (KAWADE夢文庫)

2017年01月24日 | 
言えないと恥ずかしい敬語 一発変換550 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社

「言えないと恥ずかしい敬語」543円税別、この本はためになる。

  1. せめて、これくらいはサラッと言いたい基本敬語
  2. 使えないと恥をかく社交じょうずの日常敬語
  3. 信頼度が高まる感じのいいビジネス敬語
  4. きちんと使いたい冠婚葬祭の儀礼敬語

なかなか♂では使いにくいような感じのものもあるが、使い方の間違っているのが多くある。勉強になる。
敬語にもルールがあるという。
通常、身体の部分には「お」つけない。つけるのせいぜい「お顔」「お手」ぐらいだ。また、「お芋」はあるが、「おさつまいも」とか「おじゃがいも」はない。これは、「お」や「ご」は長い言葉にはつけないという法則があるらしい。また、野菜、肉、魚などには「お」をつけるが、白菜、豚、牛肉、かしわ、さば、はまち、あじなどにも「お」つけない。
コーヒーやビールにも「お」はつけない。これは外来語には「お」はつけない。ただし「♀」はかまへん?らしい。
2章の中で「丁寧なようでへんな敬語」と「間違えやすい二重敬語」のところを読んでいるとお笑いだ。

前にも書いたが「お脇のお肉をお包んでくれるお下着・・・・」とやりまくる物売番組の売子たち。
物売番組だけでなく、某民放の厭哭糞♀も増えてきたねえ。

「ウケ」ばかり狙うのではなく、某民放の厭哭糞♂♂さんらも、この本とNHKの言葉のハンドブックを読んで勉強して「視聴者」のために正しいことばを使ってほしいねえ。また、物売番組の売子さんにも大げさに「幾重?敬語」を使わないで淡々と販売してほしいもんだよ。

NHKことばのハンドブック
クリエーター情報なし
日本放送出版協会

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK間違いやすい日本語ハンドブック 今上陛下は「平成という世の中に嫌気をさしたのでは」と思えてくるんだよ。

2017年01月09日 | 

NHK間違いやすい日本語ハンドブック」は、「NHKことばのハンドブック」と合わせて読むといい。
まあ、某民放の厭哭糞(アナウンサー)♂♀などは、わざと間違えて大げさに喋る奴がいるからねえ。
例えば「ゲリラ豪雨」などは、気象庁もNHKの使わないのに某民放の厭哭糞♂♀などは使う。また、某民放に出ている天気予想屋らも♂♀ともに使う。面白がっているとしか思えない。

 まあ、某嫌日テレビで報道番組の伝達人(司会)をやっていた元プロレス実況屋などは「報道番組は偏(かたよ)らなければ面白くない」などと嘯(うそぶ)いていた。
 「報道番組」などというと「真実」を「淡々と分かりやすく」伝えてくれるもんだと思っていたが、芸能人のゴシップを中心に面白可笑しく、それも偏って報道する。政治などもちゃかして報道する。「政治が身近になった?」などと評価する魔巣混魅もある。芸能・不幸現地伝達人(レポーター)などは「なくてはならない仕事」などと平気で他人の心の中を土足で踏み込み、笑い話にする。
優しさや思いやりなど微塵もないような気がする。それでも、「報道の自由」「知らせる義務」などという。愚生には勘違いと思えるんだ。

NHK間違いやすい日本語ハンドブック
クリエーター情報なし
NHK出版

巷には、食品冷蔵庫の中で涼んでみたり、おでんの鍋に指を突っ込んでみたり、廃棄物を売ったりする奴がいる。また、動物平気で傷つけたり、弱い人間を虐待したりする。それも、そんな動物や人間を大切にしなければいけない仕事(金儲け)の合間に繰り返す。中には、人間を人を殺してみたかったなどという♀がいるのには驚く。

氏(血筋・遺伝)50%、育ち(環境)50%と言われるが、どうなっているんだろう。

今上陛下(平成天皇)の発言を「政争の具」にしないなどといいながら、政治の問題となっている。
ひょっとすると陛下は「平成という世の中に嫌気をさしたのでは」と思えてくるんだよ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不適切な日本語・・・すっきりする本・・・NHK ことばのハンドブックも

2016年06月12日 | 
不適切な日本語(新潮新書)
クリエーター情報なし
新潮社

不適切な日本語を読んでいる。
これには、いちいち納得させられるし愚生と同じ考えの人のようだ。
久しぶりに出会った枕元に並べて置く本だ。「本に出会った」・・・この言葉にもクレームがつくだろう。

NHKがなぜいいのかということもわかる。
不幸なことでも面白がったり、偏った放送する民放、きちんとことばを選んで放送する公放。

  • 元気をもらう
  • 敗戦記念日・終戦記念日
  • 大丈夫です
  • 「被災者」「がれき」「壊滅的」
  • ○○ちゃんママ

「時々雨」「一時雨」どうちがうんだろう?
疑問には思っていたが、この本を読んで分かった。

ついでに、NHKことばのハンドブック、第2版も買ってしまった?愚生。
NHKことばのハンドブック/NHK放送文化研究所【編】_画像1NHKことばのハンドブック 第2版_画像1

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会議員に読ませたい敗戦秘話~

2016年05月07日 | 

政治かよ!もっと歴史を勉強してほしい!

国会議員に読ませたい敗戦秘話
クリエーター情報なし
産経新聞出版

本なんて読んでも選挙には関係ない。
「無駄なことはしない」
「選挙は当選すればいい」

歴史?知ったこっちゃない。
自分の住んでいるところの歴史「町史・市史」なども知ろうとしない。
また、「なぜ?」そうなっているのかも知ろうとしない。

だって、それで「票」が増えるわけではない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

2016年02月26日 | 
明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト
クリエーター情報なし
毎日ワンズ

 

官賊と幕臣たち―列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート
クリエーター情報なし
毎日ワンズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊ビジュアル江戸三百藩

2016年01月08日 | 
週刊ビジュアル江戸三百藩(1) 2015年 10/20 号 [雑誌]
クリエーター情報なし
ハーパーコリンズ・ジャパン

この本?を抱き合わせで、1.2を買った。立派な表紙がサービスでバインダー式で美しいもんだ。
が、中身が今一つ馴染まず定期購入を見送った。
興味のある方はどうぞ!

今は、真田丸のほうが任期かなあ。

 ところで、昨日1/7だが、寒くなってくるということで、笑説予報屋がこぞって、「冬の戻り」「寒の戻り」という表現をしたが、今年は寒い日はなかった。「戻る」とすれば昨年の1.2月頃の寒い日まで戻らなければならないことになる。勿論、昨年の12月にも寒い日はなかった。業界用語としても朔時の場合は当てはまらない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸三百藩

2015年10月05日 | 

最近テレビで宣伝している「江戸三百藩」を注文した。
第1巻は299円だが、単品では買えず、第2巻(600円)との抱き合わせ販売だ。
これから当分は、この本を枕にすることとなりそうだ。

江戸って本を読んだり、テレビを見たりしているとそう悲観的な時代じゃなさそうだ。元禄時代などは庶民も花見をしたりして結構景気の良い楽しい時代だったという。
まあ、士農工商という身分制はどうかと思うがねえ。

ところで、長~いこと見なかった藤田朋子さんが50歳になって「物売専門芸人」を経て笑芸人としてテレビに出るようになった。
この♀は、確か「渡鬼芸人」で、陰毛付裸写真本の販売で揉めた俗にいうゴシップ芸人だったが、結婚もして子どももいるらしい。顔も可愛いだけに芸が面白ければ楽しめるだろう。

芸人の世界では、本人が結構稼いでいるのに親が生活保護を受けている家が結構あるそうです。
有名なのはあの次長課長の河本準一さんですが、キングコングの梶原雄太さんもそうだったようです。吉本新喜劇で屋根の上に上がったりしていましたがめっきり見なくなりましたねえ。
 生活保護は既得権ではありませんので、別居していてもこどもが稼げるようになればさっさと打ち切ることが大事です。まして、芸能人などは「人気商売」ですので「規範」を示す必要がありますねえ。もちろん児童買春などはもっての外です。
ちなみに梶原さんのお兄さんは自衛隊員でテレビに出演したこともあるそうです(下の写真は先輩の河本準一さん)。

「河本準一」の画像検索結果

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治維新という過ち

2015年05月27日 | 

明治維新という過ち
愚生は、明治維新にはいろいろ疑問を持っていました。
長州の吉田松陰、日下玄瑞、高杉晋作、土佐の坂本龍馬・・・・・

西鋭夫さんの講演テープを聞き、疑問も少しづつ解けてきましたが、まだまだです。

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト
原田 伊織
毎日ワンズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親鸞聖人を学ぶ~58歳の主婦の教師不祥事についての投稿

2015年05月12日 | 
親鸞聖人を学ぶ
伊藤 健太郎,仙波 芳一
1万年堂出版

58歳の主婦の投稿記事だ。もっともだねえ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いちばんよくわかる!憲法第9条~一を聞いて十を知る凄い動物園

2015年05月10日 | 

この本について、元共産党政策委員長の筆坂秀世さんが評論しています。
筆坂さんは、「・・・・・これで政治家を辞めました」
最近では、「たかじんの・・・」なんかでの論評は素晴らしいと思います。さすがに、元共産党員だなあ。

いちばんよくわかる!憲法第9条
西 修

海竜社

笑えない話がサルの名前だ。
局厭哭が、「シャーロット7」、「シャーロット」と呼び捨てにしているのが、耳障りだ。一般募集も時には考えもんだ。
「天の声にも変な声もある」・・・こんなことを言った国議も居てたが、本当だねえ。

「コメントはない」という声は、大人の対応だ。
「一を聞いて十を知る」?凄い動物園だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決めごとのきまりゴト~浅利圭一郎===これを読んで少し視点を変えましょう

2015年03月31日 | 

裁判員に選ばれたら~田中克人著

ついでにもう一冊紹介しておきます。
今、全国で、選挙裁判の判決が出ています。「一票の格差」事件ですねえ。
この本を読むと本当に、「目からうろこ」が落ちます。
なぜ、「一人一票が大事なのか」分かります。

私たちも議員も綺麗ごとを言いながら、ただの「私利私欲」で・・・・

 

決めごとのきまりゴト 1人1票からはじめる民主主義
浅利 圭一郎
旬報社

 

少しだけ紹介します。
042ページの、「国会議員はヽ甲子園球児の地域代表じゃないんです」

-----そこで決まって出てくるのが、「地方の声を吸い上げるためにも、1票の価値に差があるべきだ」という反論ですが……。

 そう、お年寄りだけでなく「地方の国会議員が少なくなって(地方の)声が中央に届かなくなる」という人がいるんだけど、これも明確な間違いで、国会議員はだれの代表なのか、憲法をちゃんと読んで下さいよと言いたい。憲法43条1項に「両議院は全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」と書いているんだよね。
 あなた方は、ひょっとして選挙区選出の国会議員を甲子園野球の都道府県代表と取り違えていませんかと。国会議員は地域代表じゃないんです。衆参問わず国民すべての代表であって、どこにいても国全体のことを考えないといけない。島根から出ました高知から出ました、だからその地域のことだけをやりますというのは、都道府県議会の議員や知事の仕事。憲法にそのことがちゃんと書いてあるのに、どうして条文を理解しようとしないんでしょう。

 それに、1票の格差の問題ぱ都市対地方"と見られがちだけど、1票の価値マップを見ても北海道が一番ひどい。むしろ地方同士が食いあっている現実がある。税制にしても、総務省が権限を握っているからほとんどどこでも変わらない。1票訴訟の相手方である4フ都道府県の各選挙管理委員会から出てくる書面は、一字一句、法務省のコントロ-ルのもとで同じ文言なんですよ。
そんな状態で、「地方の声を」も何もあるのかと(苦笑)。実際は、自分たちの私利私欲で国会議員が動いているだけで、それを見て地元の人たちは「国会議員は、おらが地元の利益を誘導してくれる存在」と勘違いしてしまっているんです。------

ね、ぜひ読んでくださいヨ。
それとねえ、議員は、自分の能力のなさを「アピール?」するために、すべて官僚を悪者にするんです。戦後この国を造ってきたのは一部の政治家と官僚です。
ほとんどの政治屋は、何もできず(せず)に、票集めに走り回り、官僚を「悪者」をしたてて、生活してきたんです。

2世や3世、世襲どころか、政治家は資産を食いつぶし、借金だけ残して辞めてきたんです。箱根に別荘など持てなかったのです。
最近では、田舎でも、就職先がないので「議員にでもなろうか」などという方が多いようです。また、アルバイト気分の議員もおるようです。
でも、偉そうには言えません。愚生も、私たちもそんな方々に、俗にいう「清き一票」を投じてきたのです。

この国を、この町を造ってきたのは私たちなのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員に選ばれたら~田中克人著

2015年03月31日 | 

前に紹介したことがあったら勘弁してね。
最近の裁判は裁判員裁判です。毎年12月になると裁判員候補者になった人に案内が届きます。そうして、翌年の3月ころから、順に案内が届きます。
つまり、12月に案内をもらったら1年間採用案内を待ち続けることになります。
裁判員に選ばれたら、4日ほどお勤めがあります。ただ、補欠の場合は、1日で「ごくろうさん」です。

愚生は、去年10月に入院しました。そのときに新聞を買い漁るついでに買った本が、「裁判員に選ばれたら」という本でした。あんまりおもしろくないので途中までしか読んでいませんでしたが今また、チラチラと読んでいると結構面白いもんだと思います。

いつ呼び出しがあるかもわかりませんので、ぜひ読んでおいてください。

裁判員に選ばれたら (講談社文庫)
田中 克人
講談社

この田中克人さんという人は、弁護士ではないようです。ぶりっこぶるしている住田裕子さんなどとは違い胡散臭く感じません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京大少年~菅広文

2015年01月19日 | 

京大芸人~菅広文

京大少年を読んだ。これもまたおもしろい。
無理をして読むところもなく肩は凝らない。
この本も、菅ちゃんが、相方の宇治原さんのことを書いた本だ。
愚生は、2冊の本を読んで宇治原さんを見る目が変わったねえ。

「何々だから何々しなさい」
「勉強しなさい」だけでは、なぜ勉強しなければいけないのかわからない。
「何々だから」が抜けているからだ。

「相手の話は目を見てしっかり聞きなさい」
「先生の目を見て授業を受けていると、授業が解る。大事なところも解る」という。
だからテストで満点が取れるという。
宇治原さんは母親の教えをしっかり守ってきたという。

あとは、京大式日本史だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加