博客 金烏工房

中国史に関する書籍・映画・テレビ番組の感想などをつれづれに語るブログです。

『大航海』No.66 「特集:中国 歴史と現在」

2008年04月13日 | 中国学書籍
新書館発行の『大航海』第66号で「中国 歴史と現在」という特集をしていたので読んでみました。この雑誌は以前白川静の追悼特集をしていた雑誌ですね。

人文系中国学からは礪波護・藤井省三・加藤徹・高木智見・上田信・小島毅といった諸氏が寄稿しています。詳しいリストはこちらの公式サイトを参照のこと。

個人的に興味深かった論考は以下の通りです。

礪波護「京都の中国学」:
吉川幸次郎・宮崎市定・貝塚茂樹・白川静の微妙な関係に言及。特に宮崎先生は殷周史専攻の貝塚先生という同僚がいながら西周抹殺論を唱えたりと不審な所があったのですが、宮崎先生が先に中国古代都市国家説を唱えたのに、貝塚氏が中国古代封建制説から都市国家説に鞍替えするのに宮崎説に言及しなかったりと、色々あったんですね……

松本健一「共産党王朝が倒れる時」:
要するに日本人はいつの時代も現実の中国を直視せず、自分達の見たいバーチャル中国を見続けてきたということで……

高木智見「自己修養の三千年」:
『江沢民文選』を古代からの修養論の伝統を受け継ぐものとして評価。言ってみれば現代の『貞観政要』みたいなもんでしょうか。

岸田秀×国分良成(対談)「羊が狼になる日」:
台湾総統選で馬英九、謝長廷のどちらが当選しても大陸にとっては痛し痒しで、中台関係の大勢に影響は無いよね。とか、映画『ラスト、コーション』が受け入れられる中国社会とは?とか、ぶっちゃけすぎる発言が満載です(^^;)

ただ、ひとつ惜しいのは今回の特集の編集時期がギョーザ事件より前だったことですね。ギョーザ事件とチベット騒乱(この事件ももう一つしっくりくる呼び方が無いですね。取り敢えずこのように呼んでおきます。)を踏まえれば全体の論調がもう少し変わっていたかもしれないと思うと残念ではあります。
『雑誌』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ログイン』休刊に感慨 | トップ | お台場へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (川魚)
2008-04-13 22:27:57
おお!
これは重要そうな本ですね。
取り寄せてみます、ご紹介おおきにさんでしたw

いまちょうど、ひみつの掲示板で、
先輩と日本古代都市国家論を戦わしているので、
いろいろ役に立ちそうです。
Unknown (さとうしん)
2008-04-14 23:23:06
>川魚さま
>先輩と日本古代都市国家論を戦わしているので、

古代日本に都市国家と言えるものがあったんですか?(^^;) 弥生時代の環濠集落なんかは都市と呼べるような規模ではなかったでしょうし……
Unknown (川魚)
2008-04-19 01:17:48
レス遅うなりました。
やはり、古代日本には「都市国家」ないですか(^^;
邪馬台国や、「わかれて百余国をなす」とか、
吉野ヶ里とか、ムラとクニの、クニのほうとか、
都市国家と思てたんですわ~。


先輩は、古墳時代も「未開時代」に分類するんですよ(^^;
ところで、弥生時代は、やはり先史時代なんでしょうか。
中国側の文献みて、「文字が有った」と主張する文、なんかで見たんですが~。

Unknown (さとうしん)
2008-04-19 21:43:24
>川魚さま
>先輩は、古墳時代も「未開時代」に分類するんですよ(^^;

こう言っちゃナンですが、ある地域や時代が未開だとか何とか、そういう問題の立て方自体が古くさい気がしますねえ(^^;)

弥生時代は……文字文化がまだ充分に発達していなかったという意味では先史時代に属するんでしょうね。

文字と言えば、近年、2~4世紀あたりの土器の破片に1文字とか数文字の単位で漢字を書き記したものが日本各地で発見されているとのことです。

文字というよりはマークみたいな使われ方をしていますが、漢文はともかく漢字自体は思っていたより早い時期から広まっていたのかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
4月26日購入書籍 (むとうすブログ)
 給料日直後というのでもないのだが本屋で纏め買いをした。あれこれと書架を見て回っ