gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渋滞

2010-03-02 01:51:13 | 日記
交通集中+サグ部による渋滞 (東名阪自動車道 亀山JCT付近)渋滞(じゅうたい)とは、交通の流れが悪くなり、走行速度が遅くなった状態をいう。主に道路交通上の用語である。概要渋滞の定義は、道路管理者や交通管理者ごとに異なっている。 例えば、警視庁では統計上、下記を渋滞の定義としている(警視庁交通部 交通量統計表)。一般道路?: 走行速度が20km/h以下になった状態高速道路?: 走行速度が40km/h以下になった状態しかし渋滞長がいくら長くても、1回の青信号で信号待ち車列が全て捌ける場合は、一般には渋滞とは呼ばない。渋滞は非線形性が強く、渋滞になるときや解消するときには一気に状態が変わることが多い。渋滞の原因渋滞の原因は、一般道路と高速道路で異なる。しばしば「渋滞の原因は上り坂である」などとマスメディアで報道されることが多いが、上り坂が渋滞の原因になるのは主に高速道路であって、一般道路での渋滞の最大の原因は信号交差点である。一般道路で発生する渋滞 一般道路での渋滞。観光地における観光シーズンの交通量増加に因る道路の1車線には1時間あたり約2,000台の交通容量がある。例えば、片側2車線の単路部(立体交差のように信号のない部分)の交通容量は1時間あたり約4,000台であるが、これを超える量の車両が流入すると渋滞が発生する。信号交差点都市部では単路部というのは長くは続かず、信号交差点の密度が高いので、単路部で十分な交通容量があっても、その先の信号交差点がボトルネックになることが多い。信号交差点の存在によってその道路の交通容量は低下する。例えば、信号の青信号の秒数が30秒、黄信号が0秒、赤信号の秒数が30秒という極めて単純な信号を仮定したとき、青信号時間の比率は30/60=50%となり、交通容量は青時間率が100%のとき(すなわち立体交差のとき)と比べて約半分となる。一般道での渋滞の最大の原因は、信号交差点である。信号機のパラメータ設定は、渋滞の発生有無に大きく影響する。不適切に設定すると、以前は渋滞のなかった交差点に渋滞が発生するようになる(一つで考えると流れが悪くなることがある)。信号交差点の交通容量を増やすには、信号機の設定を調整して、青信号の時間を長くすることが最もコストが安く済む方法であり、この方法で渋滞が解消する場合も多い(ただし他方の交通は無視した場合)が、

<協議の場>設置に向け、法案の骨子まとまる(毎日新聞)
<水死>会社社長が自作ボートで? 千葉の海岸(毎日新聞)
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
山スキーで不明の4人を発見 長野県警(産経新聞)
地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <地震>福島、茨城などで震... | トップ | <NHK>朝ドラ「てっぱん... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。