『蜻蛉洲大和の国のサンライズタイム』ー外国人参政権反対、移民政策反対、背乗り工作反対!盗聴・盗撮は日本では犯罪です!ー

キラキラネームは日本の漢字文化を破壊するための、カルトの工作活動です!公務員の国籍条項と外国人土地法の復活求む!

中国に売られる北の大地

2014年09月24日 18時43分38秒 | 日記
210ヘクタール!

日本の国土を、中国人が買って、中国人に売っています。

外国人の土地の売買に、一日も早い規制を!


「北海道新聞」の記事です。

『中国資本、喜茂別に別荘街 ゴルフ場中心、アジア富裕層向け』

(09/21 06:31、09/21 09:29 更新)

「中国資本の一達国際投資集団が運営する

「中国の国内外で不動産開発事業などを手がける投資会社、

一達国際投資集団(北京)の張一達社長(55)は、

後志管内喜茂別町でプライベートゴルフ場(18ホール)を核とする

会員制リゾート

「喜茂別町ゴルフ別荘」を造成し、

約380区画をアジアの富裕層向けに分譲する計画を明らかにした。

同社によると総投資額は100億円近くに上る見通し。

すでにゴルフ場の整備を終え、

10月中旬から別荘地の販売予約を受け付ける方針だ。


同社は2010年、

羊蹄山を望む喜茂別町栄で

東京のマンション業者セザール(03年に経営破綻)が開発し、

開業できないまま休眠状態となっていたゴルフ場

「セザールカントリークラブ羊蹄」(当時)と

その周辺の計210ヘクタールを買収。

買収価格を含め約30億円を投じ、

クラブハウスの建て替えとコース改修も終えた。

 
一達国際は昨年5月に札幌の現地法人を開業。

すでに従業員十数人を雇用し、

会員専用「一達(いったつ)国際プライベートゴルフクラブ」として

今月から運営する。

当面は同社の取引先やアジア各国要人の接待用とし、

今後も一般客向けの営業は行わない方針。]

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【政界再編】9.16 「次世代の... | トップ | プリンター顛末 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事