xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ミリオンダラー・ベイビー」劇場にて

2005年06月01日 | cinema
ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。

云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。


ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(クリント・イーストウッド)』は有望選手の引き抜きに落ち込んでいた。そんな時彼の前に弟子入り希望の女性『マギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)』が現れた。彼のジムでサンドバッグを叩く彼女の姿に才能を感じた雑用住込の『スクラップ(モーガン・フリーマン)』は彼女に手を貸した。彼女の熱意に『フランキー』はトレーナーになることを承諾する。『フランキー』の指導の下メキメキと力を付ける『マギー』。やがてプロにリングにたった彼女は連戦連勝し始めるが・・・


女性ボクシングの映画という情報のみで見てまいりました。公開直後なのでネタバレはあまり出来ませんが、驚きました。
「これはシンプルなラブストーリーだ。」と「クリント・イーストウッド」が語っているとおりだと思います。
実父も無く家族の愛に恵まれない『マギー』と娘と絶縁状態にある『フランキー』がボクシングを通じて互いに信頼し、愛情を抱き始めます。それは男女の愛ではなく、紛れも無く親子の愛と同じものでした。

『フランキー』の指導により『マギー』が強くなっていくことに酔いしれていたので、ラスト30分での大どんでん返しは予想しておりませんでした。それまでが単なるアメリカンドリームの体現にしか過ぎなかったものが、極上の人間ドラマに変わっていました。『マギー』のニックネームとなった「モ・クシュラ」の意味が明らかになった時思わず涙がこぼれそうになりました。

隻眼の元ボクサーの過去に負い目を感じ、選手の無事を一番に考え、結果選手に去られてしまう老トレーナー、トレーナー生活からボクシングに夢を持って生きるウエイトレス、元ボクサーの立場からジムの練習生・選手に愛情をもって接する雑用係、生活に追われ愛よりも金が全てになってしまった家族、などなど、登場人物たちのキャラクター付けも見事です。

物語は『スクラップ』の視点で淡々と語られていきますが、ラストにその理由が明らかになります。脚本の妙を感じてしまいました。


評価 星 よっつ


ミリオンダラー・ベイビー@映画生活


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ


Amazonで買う

ミリオンダラー・ベイビー 3-Disc アワード・エディション

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

ミリオンダラー・ベイビー

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

ミリオンダラー・ベイビー
書籍関連 

クリント・イーストウッド関連
ヒラリー・スワンク関連
モーガン・フリーマン関連



Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画』 ジャンルのランキング
コメント (29)   トラックバック (149)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スチームボーイ」DVDにて | トップ | 5月に観た映画リスト »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事でしたね〜〜。 (ぷちてん)
2005-06-01 22:55:21
そうなんですね〜、ラブストーリーなんですね。



マギーの迫力、すごかったですね。

ヒラリーの筋肉を見て、彼女のこの役にかけるものを感じました。



TBいただきます〜。

はじめまして (16mm)
2005-06-02 21:33:32
TBありがとうございます。

16mmと申します。



語りたくてもネタバレしそうで語れなく。

語ろうとすれば、語り尽くせないこの映画。

いろんな思いをかき立てられた作品でありました。
前情報 (えい)
2005-06-02 23:25:22
トラックバックありがとうございました。



この作品は、本当に前情報を入れずに観るに限りますよね。
初めましてでっす♪ (メビウス)
2005-06-02 23:50:36
TB有難うございましたm(_ _)m



最後の『モ・クシュラ』の教えるタイミングがホント絶妙なんですよね〜♪



それを聞いてマギーが微笑む所なんか、もうヤラれちゃいましたね(^▽^;)
初めまして (masu)
2005-06-03 09:17:09
TBありがとうございました。こちらからもさせて頂きました。私も「モ クシュラ」の名前が分かった時、また泣いてしまいました。あの時のマギーの笑顔が忘れられません。またお邪魔させて下さい!
TBありがとうございました (きむら ようこ)
2005-06-04 13:12:16


こちらからもTBさせていただいたのですが。

すみませ〜ん、間違って2回送信しちゃったみたいで。

ホントごめんなさい。



ミリオンダラー・ベイビー

もう1回、DVDでゆっくり観たいと思ってます。
はじ (やつめ)
2005-06-04 16:41:43
当方の初TBでした。

ありがとうございます。



こちらかもTBよろしくお願いします。

またちょくちょく遊びに来ます。
はじめまして! (Carolita)
2005-06-05 10:07:57
T/Bありがとうございました。

ソファ、ふかふかで気持ちよさそうですねっ♪

私も深〜く腰掛けてのんびりさせて頂きました。

この映画は語らずにはいられない作品でしたね。

私には、とてもとてもシンプルな愛が描かれていた気がして。「モ・シュクラ」思い出しただけで、また涙腺が・・・。
TBありがとうございます (小夏)
2005-06-05 10:16:48
普段忘れがちな「悔いのない人生を生きる」ということを

改めて深く考えさせられる作品でした。

久しぶりにいい映画を観たな〜という満足感でいっぱいですw
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-06-05 10:16:52
とても感動しました。映像も色彩も脚本も展開も、実によく練り上げられているのに、シンプルで。たくさんのメッセージが込められていたと感じたので、もう一度観に行こうと思っています。

初めまして (pandakopanda115)
2005-06-05 10:46:19
TB有難うございました!

映画観たの久しぶりだったのですが、

予備知識がなかったのでラストはショックで固まってました。

もう一度みたいです。
TBありがとうございました〜 (ななな)
2005-06-05 17:22:42
地味で静か。

でもとても重いものが残りました。

でも数日たってみるとどこか希望的なこともあったと思います。

私もこんな風に後悔のない人生を送りたいと思い始めた今日この頃です。

TBありがとうございました (キラキラ)
2005-06-05 21:32:57
ヒラリー・スワンクの演技に圧倒されっぱなしでした。

胸にズンとくる、いい映画でした。
TBありがとうございました。 (あい)
2005-06-05 21:38:10
 ボクシング映画ではなく、人生そのものでしたね。

 予想もしないラストでしたが、良い映画だと思います。
TBありがとうございました。 (あつ)
2005-06-05 22:46:01
こちらからもTBさせていただきました。

ボクシング映画よりもパンチが効きました。
TBありがとうございました (7_7seven)
2005-06-06 03:18:31
はじめまして。TBありがとうございました!

抑制の効いた演出に俳優の演技が映えて素晴らしかったです。

ラストまで無駄な場面がない脚本にも拍手です。
TBありがとうございました。 (♪ペギー)
2005-06-06 10:34:46
♪はじめまして。トラックバックありがとうございました。今日は、劇場で観ますね^^;
トラックバック有難うございます (カワシュウ)
2005-06-07 10:35:30
自分は駆け出しの映画監督で脚本家です。

40歳手前でようやくそれでメシが食えるようになり、

それだけにマギーの苦しみと喜びを身に染みて

感じる事が出来ました。

マギーは最高に幸せだったと思います。

その幸せを守る為に一生の罪を背負ったフランキー

の姿に、ひたすら涙。でも悲しい涙ではなく、

暖かい涙を流せたと思ってます。

Unknown (Katsuo)
2005-06-07 11:21:34
登場人物の性格付けはキッチリしてましたね〜。

個人的にはスクラップ&デンジャー(タイツの人)の

関係が印象に残りました。

スクラップのファイトシーンは胸を打たれましたよー
トラバ有難うございました! (ミヤ)
2005-06-07 22:20:24
こちらからもさせていただきました、凄く嬉しいです。



この映画のシーン全て、無駄がなく

全てがあったからこそ最後に繋がる素晴らしい演出でしたね。

前半のサクセスストーリーと、後半との対比がなんとも言えない涙を誘います。
トラバありがとう御座います。 (parco)
2005-06-09 17:37:10
TBありがとうございました♪

「モ・クシュラ」の意味が明かされるシーンは涙ナシには見られませんよね。あのシンプルなお話でここまで心を動かされるのは、脚本と演技の素晴らしさです。

また遊びに来させていただきますね〜。
はじめまして^^ (kiyo)
2005-06-10 23:01:53
TBありがとうございました♪

ヒラリー・スワンクの演技にほれました。
心に残る名作 (ももママ)
2005-06-11 08:48:14
TBありがとうございます。

女性ボクサーのサクセスストーリー?好みじゃないなあ〜、でも、オスカー取って評判になっていたので観ました。で、感動〜素晴らしい脚本と俳優によって、文句なしの名作でした。

深く考えさせられる映画でした。

こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2005-11-10 15:59:41
コメ、ありがとうございました!

あのあと、フランキーどうなったのでしょうね、、、

こんな、自分で考えろ!な映画は、苦手です、、、
TBありがとうございました。 (cherry)
2005-11-12 13:30:18
実に重かったです(汗)

苦手なジャンルですが最後まで惹きつけられたのは3人の魅力溢れる登場人物のお陰かな〜とも想ってます。

モクシュラ、素敵な言葉でしたよね。
Unknown (exp#21)
2005-12-07 15:21:06
安易なサクセスストーリーぐらいで考えてみて、反則パンチ級の衝撃を受けました。心に残り、考えさせられる映画ですね。イーストウッドはいい映画を作りました。

TBありがとうございます (ゆかりん)
2006-02-12 00:40:58
かなり重いお話ではありますけど、とても良かったです。マギーとフランキーの関係が素晴らしかったですね。
映画じゃないの?? (なぜ??)
2008-03-10 13:57:14
ミリオンダラーベイビーをクリックしたら、全然 違うページが表示されましたよ。なぜ???
ご指摘 (xina-shin)
2008-03-10 22:54:36
>なぜ??さま
ご指摘ありがとうございます。
映画としての公式サイトは閉鎖してしまったようです。その同じアドレスを某企業が利用しているようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

149 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラスト30分がすげえ!! 「ミリオンダラーベイビー」 (平気の平左 Blogの巻)
ミリオンダラーベイビー 評価:85点{/fuki_love/} 舐めてた。 かなりの衝撃を受けました、この映画。 予備知識ゼロで観に行ってもらいたいですね。 下手にネタバレして欲しくない映画です。 さぁ、いますぐ映画館にGO!! さて、今回はネタばれに気をつけて感想
ミリオンダラー・ベイビー (ようこそ劇場へ!)
人と人とは、心の虚ろな部分を補い合うかのように求め合うものである。 それによって見失われていた魂が救済されれば幸いである。 ヒラー・スワンクが演じるマギーは、愛を獲得した者と棄てられた者との違いはあるが、フェリーニの『道』でのジュリエッタ・マシーナのように
ミリオンダラー・ベイビー・・・・ヒラリー・スワンク (ぷち てんてん)
本日映画の日ですね〜。アカデミー賞を取ったこの映画、やっぱり見てこなくちゃと、出かけてきました。☆ミリオンダラー・ベイビー☆(2004)クリント・イーストウッド監督クリント・イーストウッド・・・・・フランキーヒラリー・スワンク・・・・・・・・マギーモーガン・...
ミリオンダラー・ベイビー (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ゲール語:ケルト語派に属する言語。アイルランド、スコットランド、イギリスのマン島でそれぞれ異なるゲール語が存在。本作のはアイルランド語。 F・X・トゥールの短編集「Rope Burns」の一編を映画化した、御大クリント・イーストウッド25本目(!)の監
「ミリオンダラー・ベイビー」 モ・クシュラ (映画の話をしませんか?)
ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい
ミリオンダラー・ベイビー (アスカ・スタジアム)
私は拳闘はあまり好かぬ。その残忍性が嫌だから。或いは私が菜食人間だからか。肉食主体の欧米では女性のボクシングも盛んらしい。前半はその拳闘場面が多い。が、後半は「これが同じ映画か」と思う程ガラリと変わる。そしてぐいぐいと画面に引き込ませる。 感じたことは、
ミリオンダラー・ベイビー (Akira\'s VOICE)
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
ミリオンダラー・ベイビー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:MILLION DOLLAR BABY) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演男優賞・監督賞の計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。 ロサンゼルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジム。そこを経営する老いたトレー
【 ミリオンダラー・ベイビー 】 (磯の香り子とご飯の友)
<2004年 米> ■監督/製作/音楽: クリント・イーストウッド ■出演:        ヒラリー・スワンク  クリント・イーストウッド              モーガン・フリーマン  他 ≪あらすじ≫ ロサンゼルスで古いジムを運営しな
ミリオンダラー・ベイビー (Saturday In The Park)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド     ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン 同じ境遇にありボクシングという世界に身を置くマギーとフランキーがお互いに思い焦がれるものを相手に重ね合わせながら栄光へと歩んで
『ミリオンダラー・ベイビー』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
ボクシングを題材にした小説やら漫画やらルポルタージュやら映画やらは沢山ある。沢山あるという事はそれを読み解く事に魅力があるからだ。 なぜ魅力があるかと言えば、それは\"不自由\"なものだからだと思う。 サッカーにしてもそうだろうが通常ならかなり難しいだろう脚
ミリオンダラー・ベイビー (〜〜映画見ちゃいました〜〜)
監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン ほか 製作国:アメリカ2004年 日本公開 2005/5/28〜 ううむ。 ボクシングの師匠と女ボクサーのサクセスものかなぁと、勝手に思っていたら ラストはこうく
■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド) (太陽がくれた季節)
皆さん、こんばんは〜 私め、 昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました! じわりじわり、 映画のあれこれが今甦って来ています。 うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』と
『ミリオンダラー・ベイビー』(\'04/米国) (傍流点景)
 今年のオスカー4部門制覇作品、というのはとりあえず私にとってはどうでもよく。この作品が観たかったのは、女版・明日のジョー、のその後を描いたものらしい、という理由からだった。  真っ白な灰になれなかった矢吹丈(あるいは、丈と闘っては消えたボクサー達)と丹下
「 ミリオンダラー・ベイビー 」 (MoonDreamWorks)
監督 : クリント・イーストウッド主演 : クリント・イーストウッド / ヒラリー・スワンク /      / モーガン・フリーマン / 公式HP:http://www.md-baby.jp ミリオンダラーベイビー   最近の映画通は単なる絆の物語やサクセスストーリーじゃ感動でき...
ミリオンダラー・ベイビー (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 一人シネマラソン、お次は数々の賞に輝いた「ミリオンダラー・ベイビー」です。  ボクサーの身体を気遣うあまりに冒険をさせられない老トレーナーと、無垢だけども決して弱音を吐かない女性ボクサーの絆と悲愴な人生を描いたドラマです。    ジムを経営する老トレーナ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (試写会帰りに。)
ヤクルトホール。クリント・イーストウッド監督、主演作「ミリオンダラー・ベイビー」試写会。 アカデミー監督賞、作品賞、主演女優賞、助演男優賞と主要四部門制覇。予告編を見ただけで予想出来てしまうストーリーに、期待はしていなかった。 前半、登場人物三人の人物設定
ミリオンダラー・ベイビー (外部デバイスへの記録)
公開:アメリカ 公開:2005年5月28日 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本当は昨日観ようと思ってたけど、ガンダム事件(?)で予定が狂ったため、本日八王子シネマにて鑑賞。 ストーリーは
『ミリオンダラー・ベイビー』 (ラムの大通り)
------あれっ、今日は別の映画について喋るはずでは? 『ミリオンダラー・ベイビー』のようなビッグタイトルは いつものように\"週末にゆっくり\"のパターンかと思ってた。 「うん。初めはそのつもりだったんだけど、 これは一言、早く言わなくてはと思って」 -----なに、そ
ミリオンダラー・ベイビー(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド【出演】クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン【公開日】2005/5.28【製作】アメリカ【ストーリー】ジムを経営するトレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)。彼の育てた若いボクサーは、実
『ミリオンダラー・ベイビー』 (京の昼寝〜♪)
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ−ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞 (Cafeアリス)
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。 今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。 ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」 でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。 「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選ん...
『ミリオンダラー・ベイビー』  ☆☆☆☆★ (映画VS氣志團&タイガー)
「ガールファイト」じゃないよ! アカデミー賞主要4部門制覇!ってこの上ない肩書きを持つ映画。 松竹もこの映画とZガンダムのとんでもないヒットでうはうはなことでしょう。 うはうはなんはわかるけど、本編フイルムの先付けにあの予告はないわ〜。 なんで「ミリオンダラ
ミリオンダラー・ベイビー (CINEMA正直れびゅ)
イーストウッドの映画なら、アカデミー賞を取ろうが取るまいが関係ない。キャストもしぶいし、期待しない理由が皆無。レイトで観てきた。
「ミリオンダラー ベイビー」とハリーポッター (lifeisjourney.)
こんにちは(^^今日は予告通り、映画を見て来ました。「ミリオンダラー・ベイビー」アカデミー賞を4部門受賞しただけあって迫力のある映画になっていました。途中までは、ボクサーになる夢を追いかける内容で残り三分の一はがらりと内容が変わっていました。そのどちら...
ミリオンダラーベイビー MILLION DOLLAR BABY (自然に生きる 映画に生きる)
今日が公開日初日。初日に見に行った作品はこれが初めてかもしれません クリント イーストウッド監督作品、ヒラリー スワンク主演作品(2004年) 辛かったですね。何回も泣いてしまいました。 ヒラリー演じるマギー、クリント演じるフランキー、モーガン演じる
ミリオン・ダラー・ベイビー (ITニュース、ほか何でもあり。)
ミリオン・ダラー・ベイビー (MILLION DOLLAR BABY)を見ました。(試写会です) ご承知のとおり、第77回アカデミー、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4部門を獲得。 クリント・イーストウッド監督主演、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンらの共演
ミリオンダラー・ベイビー MILLION DOLLAR BABY (Movie Book Oracle)
ストーリー: 愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 それは、深い絆の\"ミリオンダラー・ラブストーリー\" 主な出演者: クリント・イーストウッド Clint Eastwood
Million Dollar Baby (nahoritaのBrooklyn★Brooklyn)
思った。 この人は映画がほんとに好きなんだ。きっと大好きなんだ。 イーストウッド。 自分で監督して自分で演じて自分で音楽を作る。 贅沢だ。でもこの人はできるんだ。 思った。 イーストウッド。 年とったなぁ。最初の30分、ほんとにこの人はイーストウ
ミリオンダラー・ベイビー (新しい夜明け)
アカデミー賞4部門受賞作品 『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY) <作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・ 主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・ 助演男優賞(モーガン・フリーマン)> を観にいってきました。(久々のビックタイトル) あらすじ ボ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (てんびんthe LIFE)
「ミリオンダラー・ベイビー」 イイノホールで鑑賞 泣こう!と思っていきましたが今日も空振りでした。会場はすすり泣き声、鼻水すする音…。 今日は全部ネタバレです。ジムを経営するフランクは強いボクサーを育てているがチャンピオンを目前にして皆彼の元を去ってゆ
『ミリオンダラー・ベイビー』とトム・スターン (Days of Books, Films)
『ミリオンダラー・ベイビー』は、133分の上映時間のおそらく半分近くが、ロサンゼ
【ミリオンダラー・ベイビー】 (ただの映画好き日記)
名トレーナーと言われたフランキーのもとへ、女性ボクサー・マギーが「トレーナーになって下さい」とやってに来た。最初は断っていたフランキーだったが、マギーの熱意と垣間見せるセンスの良さに、トレーナーを引き受ける事に。 2人で目指してきた頂点に手が届いたその時・
ミリオンダラー・ベイビー (メルブロ(更新不定期))
ミリオンダラー・ベイビー 上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン   特集ページ  ジャパンプレミア  フリーマンは31日までずっと日本にいるみたいだねー。スワン
ミリオンダラー・ベイビー (たにぐちまさひろWEBLOG)
貧しい小さな村で生まれたマギー。13歳のときからウェイトレスとして働いていた彼女の夢は女子ボクシングのチャンプになること。31歳になったとき、老舗のボクシングジムの老トレーナー、フランキーの教えを請うため、ジムに出入りするようになるが、フランキーは女性ボ
ミリオンダラー・ベイビー (きょうの出来事<雑感>)
早速?観て来ました、「ミリオンダラー・ベイビー」を。 アカデミー賞作品・監督・主演女優・助演男優受賞を獲得したというこの映画。 私は観る前にほとんどストーリーなど情報は得ないで観に行きます。 観る前は、単なる女子ボクサーが強くなって、 優勝するストーリーだと
ミリオンダラー・ベイビー ★★★★☆ (えいがんだむ)
娘を求めるトレーナー 家族の愛に恵まれない女子選手 一生のうち1度もチャンスを貰えずに人生を終えるものもいる 譲れない物がある ボクシングだけは譲れない これだけが生きがいだから、これを失くしたら何も残らない 後半ストーリーは想像もしなかった展開を迎え
映画の持つ「力」実感 (微動電信)
ミリオンダラー・ベイビー クリント・イーストウッド ★★★★☆  アカデミーで主要賞独占の映画たるやいかに、と当初は冷めた視線で見始めたものの、久々の見ごたえある感覚に自意識変容、重量感100%の感動作。最初はいくらかコミカル、というよりはいささかたるい流れに
ミリオンダラー・ベイビー (ヲイラのだいあり?)
■ ミリオンダラー・ベイビー 原題:MILLION DOLLAR BABY     本年度アカデミー賞で作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の主要4部門を受賞した作品。「許されざる者」「ミスティック・リバー」の映画の伝道師クリント・イーストウッドが監督、主演など
人生を考えさせられた! (omapeeprivatenikki)
日頃そんなに自分の人生なんて、考えた事もないが、ふと、このままで良いのかななんて、思ったりすることがある。それは、この世の物とは思えない綺麗な景色をみたり、自分とは違う価値観を持った人に出会ったりと様々だけど、映画を観て思うことなんてめったにない。個人差
「ミリオンダラー・ベイビー」 (わたしの見た(モノ))
「ミリオンダラー・ベイビー」   クリント・イーストウッドが主演・監督、 アカデミー賞で、主要4部門を制覇、 老トレーナーと女性ボクサーのストーリー。 予備知識はここまで。 いざ劇場へ。    米国の保証書付だが、そんなことは関係ない。 本当に良い作品なの
ミリオンダラー・ベイビー (じぶちゅう)
ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー、 素敵な響きですね。 なんたって百万ドル? 百万ドルあったなら、ナニをする? とりあえず、手堅く貯金でもしますかね。 というわけで、 『ミリオンダラー・ベイビー』 観てきました、というよりも、、、
ミリオンダラー・ベイビー (シカゴ発 映画の精神医学)
 これは、ほとんど70年代の映画である。画面の雰囲気。全体の雰囲気が。最近はちっとも流行らないボクシング映画というのも、70年代である。    ファースト・シーン。年老いたクリント・イーストウッドが選手のセコンドとして出て来る。何か、それだけで、目に涙がにじ
ミリオンダラー・ベイビー (酩酊記)
観てきました。ようやく。 前作「ミスティリック・リバー」の時にも感じたんですが、 クリント・イーストウッドのように、人生の成功者で恵まれた人間 なはずなのになぜもこう・・・・深い絶望の中にいるんだろうかと。 前回は「ひどいはなしや・・・いくらなん...
ミリオンダラー・ベイビー(追記) (Remeber Tomorrow)
第77回アカデミー賞4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)を獲得し、5/28から日本でもロードショー公開されるクリントイーストウッド監督の話題作の原作。邦題:テン・カウント(原題:ROPE BURNS)に納められている5つの短編と1つの中篇中の一つ。筆者で...
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」開映18:30@サイエンスホール 「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 2004年 アメリカ 配給:ムービーアイ、松竹 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、ポール・ハギス、トム・ローゼ
ミリオンダラー・ベイビー (他愛もない一日)
ボディーブローのように徐々に徐々に効いてきている。 アカデミー賞を総なめにしたこの作品。 どんな内容なのかという情報を全く入手しないで見てみた。 サクセスストーリなのかと思っていた。 ある意味そうだがある意味ではぜんぜん違った。 まだこれからの人も読んでく
[ミリオンダラー・ベイビー][劇場] (一年で365本ひたすら映画を見まくる日記)
この映画、なんだか異常に評判が良く(宣伝が入っているとはいえ)、あちこちで絶賛賞賛の嵐が吹き荒れている。おまけにアカデミー賞やゴールデングローブ賞まで取っているとなれば、「さぞかし素晴らしい映画に違いない」とミーハー根性丸出しで観に行きました。その結果は
ミリオンダラー・ベイビー (レインボゥメモリーズ)
2004/アメリカ(133分)監督 クリント・イーストウッド原作 F・X・トゥール出演 クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン/■アカデミ−賞作品賞受賞評価:★★★★★/ 05.5.28 劇場この映画の感想ネタバレはしたく無いので何と書いて良い物か
試写会感想 ミリオンダラー・ベイビー 編 ★★★★+2/3★ (ボタン連打)
”夢みる30女(is me)”には、いろんな意味でキツイハナシだったため、途中からなるべく感情移入しないよう、頭の中の”共感スイッチ”を切ってニュートラルに鑑賞したにもかかわらず、観終わった後、じわじわ効いてくるボディーブロー(これを書いている今でも)。 さすが
ミリオンダラー・ベイビー (ネタバレ映画館)
!けいを逆のとこいたりや。だいんなゃじ屈理はグンシクボ  この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、
「ミリオンダラー・ベイビー」 (Caroli-ta Cafe)
昨日「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。公開初日の3回目の上映。混んでるかと思ったらそうでもなく、まぁまぁの入り。下の階で上映中の「コンスタンティン」に比べると、なんとまぁ年齢層が高いこと!やはり74歳の監督作品だけに、観客も“人生のベテラン”な
「ミリオンダラー・ベイビー」 (花太郎♀の日常)
観てきました。(2004年 アメリカ) (ネタバレしてないつもりですが、難しい・・・) アカデミー賞4部門受賞ということで、かなり期待していた作品でした。 いや〜、重くて地味だけどいい映画でした。 なんといってもヒラリー・スワンクの熱演が光ってましたね。 マ
ミリオンダラー・ベイビー(試写会) (七月のうさぎ)
MILLION DOLLAR BABY 2004年、アメリカ 監督 : クリント・イーストウッド 出演 : クリント・イーストウッド      ヒラリー・スワンク      モーガン・フリーマン この物語は、 「人と人」とのラブストーリーだ... ――クリント・イーストウッド
ミリオンダラー・ベイビー (cococo)
とてもよかった。“モ・クシュラ”の意味をずーっと考えていた。答えは、ある。 「モ
私はこう観る!「ミリオンダラー・ベイビー」(byきのこヅマ) (肯定的映画評論室ココログ支店)
夫・きのこスパの「ミリオンダラー・ベイビー」レビューを受けて その妻・きのこヅマが違
ミリオンダラー・ベイビー (【96粒の涙】)
道徳心と戦い、家族に失望し、自分の行動を後悔している人生の大半を終えた老人。 彼の前に現れた女性ボクサーに面くらい拒絶するも、結局は自分の下で育てあげる。 原作『ロープ・バーンズ』を読み、その男を演じたいクリント・イーストウッドが、 映画化しました。オス
ミリオンダラーベイビー観ました (こぱんだのHop,Step〜♪)
昨日は映画の日♪ とても珍しくお休みだったので、 一人で観て来ました。 私はレオナルドディカプリオくんが好きなので{/heart_pink/} 本当はアビエイターが受賞するのを願ってました。 観るのもアビエイターが見たかったんだけど、 すでに終わっちゃってたので、 「レオ君か
ミリオンダラー・ベイビー (まつさんの映画伝道師)
第108回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ)  元アイドルと呼ばれる女性達。  下克上激しい芸能界、生き残れるのはほんの僅か。  旬を過ぎたアイドルは人気の低迷とともに、その人生も失墜してゆく。なぜかはわからないが、
(劇場)『ミリオンダラー・ベイビー』感想 ((映画)新作DVD発売日情報)
5/28〜公開『ミリオンダラー・ベイビー』アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)受賞の話題作。監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンiloffreの満足度=★★★★☆(78...
ミリオンダラー・ベイビー (まったりでいこう〜)
格闘技は好きですがボクシングだけは苦手でした...。でもこれは映画なのだし、なによりストーリーがおもしろそうということもあって初日に行ってきました。 ボクシングだけではない、とても重い内容のヒューマンドラマでしたね。静かな音楽とともに流れていくストーリーは淡
ミリオンダラーベイビー (Master\'s Lounge)
 問答無用のアカデミー賞主要4部門制覇。もう、納得です。訴えかけてくるものが まるで違います。(もちろん色眼鏡ってのもあるでしょうけど)  全編に漂う「イギリス映画」的な臭い。アメリカの映画ってそうじゃないでしょ? 勧善懲悪で主人公たちはハッピーってのが普
ミリオンダラー・ベイビー (秋日和のカロリー軒)
ハッピーバースデイ ミスター イーストウッド!  どんなミュージシャンでも風変わりなアルバムがディスコグラフィーに一枚くらい紛れ込んでいるものです。イーストウッドを見続けてきた者ならば『許されざる者』で、いわゆるイーストウッド的なものの集大成=ベストア
ミリオンダラー・ベイビー(5/29 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『エンドロールが流れる間、涙が止まらなかった、重いテーマを投げかけるイーストウッド渾身の作』  今年のアカデミー賞で、ディカプリオ&スコセッシ組の『アビエイター』を抑えて主要部門を制覇した注目作。といっても、私はイーストウッドファンではないので、アカデミ
「ミリオンダラー・ベイビー」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は久しぶりに誘ってもらっての試写会です。あーちゃんはよく試写会に行くけど、自分から誘う事がホトンドで誘ってもらったのは夏絵ちゃんに誘ってもらった「ニライカナイからの手紙」以来。てか、まぁ・・・せっかく誘ってもらったのにその時は行けなかったんだけどねぇ
ミリオンダラー・ベイビー (がちゃのダンジョン)
『ミリオンダラー・ベイビー』 (2004)MILLIONDOLLARBABY上映時間133分製作国アメリカジャンルドラマ/スポーツ公式サイト◇ eiga/com ◇ シネコミボクシングに夢を賭ける女性マギー(ヒラリー・スワンク)は、31歳。ボクシングジムを経営するトレーナー、フランキー(...
ミリオンダラー・ベイビー☆サスガだね (***minorgang*blog***)
第77回アカデミー賞・作品賞他を獲得した話題作。『ミリオンダラー・ベイビー』見てきました。とても真面目な作品でした。でも、痛いです。ボクシングシーン。いくら、スポーツだからってそんなに殴っちゃイヤだ。みたいな?で、この作品、宣伝されている以上に深く、また...
ミリオンダラー・ベイビー (みかんのかんづめ)
ルールは守らないといけない (ネタバレの部分は反転で隠しています。未見の方気をつけて読んで下さい) 〜ストーリー〜 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、 23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(モー
ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 130分 (極私的映画論+α)
 ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーたちはみんな彼のもとを去ってしまうのだった。そんなある日、31歳になる女性マギーが
Million Dollar Baby (wayside plum)
映画「ミリオンダラーベイビー」を観てきました。 全体的に見て、よく出来た良い映画です。脚本、演出、映像、何よりも役者の好演、申し分ありません。あとは、話の内容に対する評価、観る人の感性の問題かと。 多
ミリオンダラー・ベイビーを観た (TV視聴室)
今回はネタバレは書きませんが、情報を一切シャットアウトしている方は読まない方がいいです。(書いておいてなんですが、これからご覧になる方は読まないことをお勧めします)
ミリオンダラーベイビー (ё俺のブログё)
これはまあまあよかった。 最後の方話が重くなってくるのだが、それまでは淡々とした展開。 いい俳優演じる、いいキャラしとる爺さんのやり取りがよかったかな? 俺的に、イーストウッドの最後の判断はあれでよかったと思う。 しかし現実的に考えたら、俺はできないね。チキ
ミリオンダラー・ベイビー(映画館) (ひるめし。)
愛を、教えて。 アカデミー賞受賞作品だから公開2週目にもかかわらず、まずまずの人の入り。久しぶりに両隣に人がいて、ちょっと窮屈だわと思いながら鑑賞〜。 まるでマギーのフックをもろ脇腹にくらったような重い、重い映画でやんした。人の栄光と脱落を淡々と描いてた。
ミリオンダラー・ベイビー (おいしいものがすきっっ。)
ルールは「自分を守る」こと。 多くの人は守り方を間違えて生きてゆく。 傷つかないように、痛まないように生きてゆく。 傷だらけになって、痛くて痛くてつぶされそうになって、 それでも心のずーっとずーっと奥深くにある根っこだけを信じて、 やっと自分を守ることが出来
絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評 (I N T R O+blog)
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの
ミリオンダラー・ベイビー (映画を観たよ)
ネタバレにはなってないと思いますよ。多分・・・ 試写会でした。 今年度のアカデミー賞を獲りましたね。 この作品侮っちゃだめ!! イーストウッドは音楽もやっててびっくりしました。 才能が豊かですね〜。 それで映画なんだけど・・・何を書いてもネタバレになってしまい
ミリオンダラー・ベイビー (枯れないように水をやろう)
クリント・イーストウッドによる、親愛のヒューマンドラマであり、 白熱のボクサーストーリー。 脇役にモーガン・フリーマンがいるのもうれしい。 実は僕、モーガン・フリーマン大好きなんですよ。 2人の初老の老人に囲まれながら、主人公のマギーはひたすら進む。 ボク.
ミリオンダラー・ベイビー (かなり週刊:にっき)
「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 今年の
『ミリオンダラー・ベイビー』 (お気楽雑記ノート)
アカデミー主要4部門(作品、監督、主演女優、助演男優)を獲得した映画です。 ストーリーについてはあちこちのブログで触れているので、詳細については省略ということで。ちょっと手抜き?(苦笑) 「ボクサーの光と陰」といった感じを扱っています。(ネタバレですが、こ
ミリオンダラーベイビー「自分を守れ」と痛切なドラマの中に描く感動の作品 (話題のナレッジベース)
ミリオンダラーベイビーは、アカデミー賞で作品賞など主要4部門を制した話題の作品ですが、その内容は気力の充実したクリント・イーストウッド監督渾身の最新作。ミリオンダラーベイビーのアカデミー賞4部門受賞は伊達じゃない。話題だけで興味を持って観ても、助演男優賞
ミリオンダラー・ベイビー (future world)
その人にとっての幸せって何だろう・・・最近観た映画、「海を飛ぶ夢」「バタフライ・エフェクト」に続き本作も‘人生’‘道を選ぶこと’について考えさせられる内容だ。 特に最後の方は・・重い・・涙流れっぱなしの状態だった。。 133分という時間、長くは感じなかっ
ミリオンダラー・ベイビー (トゥビ・オア・ナトゥビ)
Hilary Swank、どっかで聞いた名前だと思ったら、『ボーイズ・ドン
ミリオンダラー・ベイビー (日々徒然ゆ〜だけ)
 アカデミー賞と言う最大の売り文句と,巧い役者勢揃いで,ハズレは無いと予想されつつ,既に巨匠の域なクリントおじの作品である。  これは尊厳の物語である。師匠と弟子以上の,そして腐れ縁の親友以上の,馴れ合い家族よりお互い知り合った,身体と心のぶつかり合いに
『ミリオンダラー・ベイビー』(2005年・53本目) (Bardus Scriptor)
 本年度アカデミー賞で大本命とされていた『アビエイター』を退け,監督賞,作品賞,主演女優賞,助演男優賞の主要4部門を独占した話題作.ボクシングの世界で生きていくことを夢見る女性と彼女をボクサーとして育てる老トレーナーの,心温まる交流と,そして絶望的な悲劇を
ミリオンダラー・ベイビー (ルナのシネマ缶)
痛いなぁ〜!! 痛くて、深くて、渋くて、 せつない映画でした。 イーストウッドとモーガン・フリーマンの 静かで押さえた演技が 余計に心を突き刺しました。 (今回も、かなりのネタばればれです。ご注意!!) ヒラリー・スワンクは、美人女優ってわけではないけ
ミリオンダラー・ベイビー (KINOKANAL)
監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,モーガン・フリーマン 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成
ミリオンダラー・ベイビー (I LOVE CINEMA +)
ミリオンダラー・ベイビー F.X.トゥール, 東 理夫 Million Dollar Baby [Original Motion Picture Soundtrack] Clint Eastwood, Kyle / Stevens, Michael Eastwood, Lennie Niehaus, Hollywood Studio Symphony Million Dollar Baby 監督:クリント・イーストウ
「ミリオンダラー・ベイビー」に見る絆 (エモーショナル★ライフ)
先日知り合いになったeiga.comからいただいた試写状で アカデミー4部門受賞の「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。 クリントイーストウッド演じるフランキー・ダンの指導を仰ぐために ジムを訪れた女性ボクサーマギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (seven.blog)
「アビエイター」を破ってオスカー獲得した「ミリオンダラー・ベイビー」 重い重いと評判の「ミスティック・リバー」を借りて来たのに見ないうちに鑑賞。 ヒラリー・スワンクがボクサーの身体になっていくとこはすごすぎ 宣伝等の「衝撃の結末」より前半〜中盤のシー
ミリオンダラー・ベイビー (It\'s a Wonderful Life)
地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。 この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らして アカデミー賞の主要部門を独占。その時はあぁ、スコセッシ可哀相! と思ったけど,まぁアカデミーなんて全然アテにならないと 思っ...
ミリオンダラー・ベイビー(2004/アメリカ) (+propernoun+)
:::stuff:::監督: クリント・イーストウッド製作: クリント・イース...
本年度アカデミー賞主要4部門独占「ミリオンダラー・ベイビー」鑑賞 (ダメに生きるBlog★)
5/31の記事”切ないハッピーエンド〜「バタフライ・エフェクト」鑑賞”で予告した通り、一昨日「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきた。 愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 それは、深い絆の、”ミリオンダラー・ラブストーリー .
ミリオンダラー・ベイビー (paru\'s blog)
 アカデミー賞主要4部門受賞は伊達ではない。といっても、観てすぐに感動におそわれるというものではない。後でじんわり効いてくる感じ。おそらく僕はこれから何度も繰り返しこの映画を観ることになるだろう。必見の一本だと思う。でも、できれば予習してから見に行く方が
ミリオンダラー・ベイビー。 (だらだら感想日記の日々)
18日に『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました。 TVブロスさんありがとうー、実は試写会って初めてです。 アカデミー賞主要4部門受賞の話題作ということで、ほぼ満員。 孤独な老トレーナーとハングリーな女性ボクサーの物語。 前半はボクシン
「ミリオンダラー・ベイビー」 (the borderland)
予告編を見た限り、ラストは想像ついたのですが、そこまでの過程は「愛に打たれる」と言ってもホセ・メンドーサのコークスクリューパンチぐらい(判る人だけ判ってください。)の破壊力がありましたね。 これで今年のアカデミー作品賞ノミネート全作品見ました。 個人的
ミリオンダラー・ベイビー (きよっちの発見)
 公開初日に見に行ってきました。混んでいるかなって思ってたんだけど、場内は以外に空いていてビックリ。  そして何よりこの映画を見てビックリ!、単なるボクシング映画じゃぁなかったのですね!ネタバレになってしまいますが『尊厳死』とは何かと言う事を真正面から見
人間の生き方を問う映画◆『ミリオンダラー・ベイビー』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。 彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで\"ヒーロー\"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分が
ミリオンダラー・ベイビー (わがままな独立起業をめざすブログ)
昨日、ミリオンダラー・ベイビーを観てきました。 ひたすら夢を追いかける彼女の、結末があれでは悲しすぎる。 という観かたもできます。 調子に乗って、いい歳したものが夢なんか追いかけるから、こんなことになるんだ! これを教訓に、もっと安全な道を歩むことだ
ミリオンダラー・ベイビー/2005 (超伝導京都クラブ)
身も蓋も無く一言で紹介するならば、「あしたのジョー」。少々ネタバレになるが、この映画の大きな柱として「燃え尽きたぜ…真っ白にな…」と、人間の絆がある。それだけならばアカデミー賞を4部門受賞できたりはしないだろう。この映画の凄いところは何と言っても先を予想で
ミリオンダラー・ベイビー (きよっちの発見)
 公開初日に見に行ってきました。混んでいるかなって思ってたんだけど、場内は以外に空いていてビックリ。  そして何よりこの映画を見てビックリ!、単なるボクシング映画じゃぁなかったのですね!ネタバレになってしまいますが『尊厳死』とは何かと言う事を真正面から見
Million Dollar Baby (2004)ミリオンダラー・ベイビー (jajaの映画日記)
最後の対戦相手、娼婦上がりで汚い手を使うチャンピオンの「青い熊」を演じたLucia Rijkerは実際にボクサーですね(オランダ系でタイのキックボクシングの経験もありとか)。クレジット見ると彼女がヒラリー・スワンクへのボクシング指導もしてたような…。 あとクレジット
ミリオンダラー・ベイビー (MOVIE SHUFFLE)
『MILLION DOLLAR BABY』 アメリカ/2004 監督・出演:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン アンソニー・マッキー     ジェイ・バルチェル マイク・コルター ブライアン・オバーン 受賞:アカデミー賞/主演女優・助演男優
ミリオンダラー・ベイビー 【すごいよクリント】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
クリント・イーストウッド(のようなじーさん)になりたい!! 心からそう思った。 アカデミー賞をとった俳優二人は、それはもちろん素晴らしい演技だったのだけど、僕には俳優クリントの方がはるかに輝いて見えた。 彼は自分が歳をとったことに気付いていないのではないだろう
ミリオンダラー・ベイビー (Imagination From The Other Side)
年老いたトレーナーと孤独な女性ボクサーの深い絆を描いたヒューマン・ドラマ。 今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞。 ボクシングに全てを賭けるマギーに「ボーイズ・ドント・クライ」でもアカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・ス...
【ミリオンダラー・ベイビー】 (ココアのお部屋)
クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン出演のヒューマン。 公開日:5月28日 ☆ストーリー☆ 「自分を守れ」が信条の老トレーナー・フランキーは、 23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、 昔ながらのジム、ヒット・ピット
『ミリオンダラー・ベイビー』〜届かない手紙〜 (Swing des Spoutniks)
『ミリオンダラー・ベイビー』   公式サイト    監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン     この作品の前情報と言えば、アカデミー賞4部門受賞、クリント・イーストウッド
ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン) (GoGo Surf !!!)
2005年度アカデミー賞、主要4部門受賞という話題に惹かれシネコンにて鑑賞。 全くストーリーも知らないまま、なんとなく鑑賞という感じだったが、ゆっくりしたテンポで流れる音楽と共に、3人の人生がボクシン
ミリオンダラー・ベイビー (ももママの心のblog)
アカデミー賞4部門受賞(作品賞、監督、主演女優、助演男優)に恥じない。ボクシングを通じで描かれた切ない人生と愛の感動ドラマ。泣きました。{/face_naki/} 2004年アメリカ ヒューマンドラマ 2005年6月1日 川崎チネチッタ 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリン
ミリオンダラー・ベイビー (映画短歌・せんかいへき blog)
 同じ血が宿る 父ではない父と 娘ではない娘のハート ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ★★★★ 2004 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド                           
静かに心の奥に響く「ミリオンダラー・ベイビー」 (映画好き集れ!!)
静かに心の奥に響く「ミリオンダラー・ベイビー」はっきり言って、私が今年観た映画の中ではNO.1の映画ですね。この映画を観るまではNO.1は「アビエイター」でした。どうしてあそこまで力の入った素晴らしい映画が作品賞すらとれなかったのかがよくわかりませんでしたが、...
「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい
ミリオンダラー・ベイビー (豆飛ばして行こう。)
MILLION DOLLAR BABY 監督:クリント・イーストウッド 出演:ヒ
「ミリオンダラー・ベイビー」 ルシア・ライカやったんか! (『パパ、だ〜いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
イーストウッドにとっては、「ダーティー・ファイター 燃えよ鉄拳」以来の拳闘映画。 あの頃の相棒、オラウータンのクライドは1/4世紀をかけて、人間になった! 猿顔のヒラリー・スワンクに!! な〜んて、冗談はこの映画に似合わないので、止めておこう。 ボク
ミリオンダラー・ベイビー (Diarydiary!)
《ミリオンダラー・ベイビー》 2004年 アメリカ映画 − 原題 − MILL
「信仰」と「教義」〜「ミリオンダラー・ベイビー」 (シカゴ発 映画の精神医学)
ミニブック「『ミリオンダラー・ベイビー』を7倍楽しむ方法」無料配布中 「ミリオンダラー・ベイビー」も公開されて2週間以上がたちました。少し内容を掘り下げた考察をしたいと思います。やや、ネタバレ的な記述もありますので、映画を見ると決めている人は、見て
絆と命と・・・ (HamaHama)
久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個人的
■ミリオンダラー・ベイビー (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■MILLION DOLLAR BABY ●「ミリオンダラー・ベイビー」、既にオスカーで主演女優賞、助演男優賞、作品賞、監督賞という主要部門を受賞した注目の作品。この作品、やっとGW明け、それも5月末という遅さで公開になる。 映画は始まりと同時に、一瞬にしてクリント・イ
2005/06/15 (m\'s box)
映画『ミリオンダラー・ベイビー』を観に行った。 平日とはいえ、レディースデイだったから、おばさんたちも多かった。(私もこの中に含まれるのか??) 上映されてから入ってきたおばさんが、こともあろうに私の左横に座りやがった。 こんなに席が空いているのに、わ...
【映画評】ミリオンダラー・ベイビー (裸デ走レ〜ストーリーテラーの至福と愉楽)
今日も、「100万ドルが当たりました、エントリーフォームから入力ください」とのメールが来ていた。すべて英語のメールフォームに苦心して入力して、Good news! Our records indicate that your recent Sweepstakes entry has been officially registered and could ma
『ミリオンダラー・ベイビー』 (ぺぺのつぶやき)
2004年 アメリカ 133分 監督 クリント・イーストウッド 脚本 ポール・ハギス 原作 F・X・トゥール 出演 クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン  「ミリオンダラー・ベイビー」公式サイト→ココ ストーリー チ...
ミリオンダラー・ベイビー (シネクリシェ)
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、\"枯淡の境地\"という言葉があ
ミリオンダラー・ベイビー(試写会) (シネマびより)
素晴らしかった。 映像の作り方、語り口、演技、音楽・・本当に、映画的な世界。 クリント・イーストウッドの演じるフランキーと、彼の経営するボクシングジムの諸雑用をこなすモーガン・フリーマン演じるスクラップ。 この二人の関係が、表面上は、憎まれ口とか軽口た
ミリオンダラー・ベイビー (僕の中の世界)
 『ミリオンダラー・ベイビー』を観た。  観る前の印象はアカデミー賞で4部門もかっさらっていったトレーナーと女性のボクシング映画くらいにしか思ってなかった。こういう映画を観ると、実際に映画を観なくてはわからないものだなあというのを思い知らされる。  ..
ミリオンダラー・ベイビー/ クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン (カノンな日々)
特に観るつもりはなかったのだけど、劇場へ行く用事があったのでせっかくだから何か観ていこうと思って、特に観たいものがなかったので「電車男」リピーターしようかとも思ったのだけど「ミリオンダラー・ベイビー」ならさすがにハズレってことはないかなと思ってチョイスし.
痛々しすぎ (どくいちご)
■ミリオンダラー・ベイビー■ アカデミー賞をたくたんとったとかで有名でつわょぬ。 号泣するてウワサなので、泣く気マンマンで観に行きますたわょ。 テレビのCMとかで、ベッドに寝てるシィンがあったので、 ボクサーが怪我して挫折して復活するとかな内容なの...
ミリオンダラー・ベイビー (感想.blog)
●メインスタッフ 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 原作:F・X・トゥール 公式サイト:http://www.md-baby.jp/ 【ストーリー】 フランキー(クリント・イーストウッド)は、ロスのダウンタウンにある小さなボクシングジムのオーナ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (雑板屋)
〓Thank you! Boss!〓と言いながら、汗ばむ顔でちょっと嬉しそうに微笑むマギー。 ボクシングを愛し打ち込むその姿は、ボスに従順で素直で前向きでそしてやっぱりかなりの努力家で・・・。 そんな彼女を同じ女性としても応援せずにはいられません! ただの安っぽいサク
ミリオンダラー・ベイビー (映画の休日。)
本年度アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)に輝いた作品はいかに。それは期待ではなく、興味から。
ミリオンダラーベイビー (Go Plain!)
テーマが重かったし色々と考えさせられたけれど、すごく良い映画でした! 「生きる」というのはどういうことか。 「死」が意味するもの。 人の幸せとは何か。 尊厳死とは…。すごく考えさせられました。 この映画のラストに関しては、賛否両論が出るんだろうな〜と
「ミリオンダラー・ベイビー」感想代わりに・・・ (ハートの基礎体力)
(あらすじ) 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切
『ミリオンダラー・ベイビー』田舎娘のボクサー成功物語☆師弟の夢の行方は。。。 (映画のBLOG@今日のいいこと。)
ミリオンダラー・ベイビーMillion Dollar Baby クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)監督、本年度アカデミー賞☆作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞4部門で受賞を成し遂げた話題作。見ごたえのある作品です。クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワン
ミリオン・ダラー・ベイビー (空想俳人日記)
クリントにゃ そこらの親父しかない 味がある      この作品、見たのちょいと前で、自分のHPにも掲載したけど、このブログでも言わせてちょうだいね、言いたいから。 ? いつのまにか監督業まで手掛けられるようになったクリント・イーストウッド様。ご出世
ミリオンダラー・ベイビー 今年の222本目 (猫姫じゃ)
ミリオンダラー・ベイビー ハッピーエンド、スポ根ものだとばかり思っていました。申し訳ございません。第77回アカデミー作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、ですね。 途中まで快調に見ていたんだケド、この映画のメインストーリーが始まってからは、見るのがつら.
ミリオンダラー・ベイビー (いつか深夜特急に乗って)
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★(名劇2) 2004年
ミリオンダラー・ベイビー (Cinemermaid)
マッチョな男性よりもマッチョな女性って美しい〜 ヒラリー・スワンクのあの筋肉!あの強い眼差し!惚れ惚れしてしまった (´∇`*)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
DVDで観ました。アカデミー賞で、作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の計4部門を受賞した作品。とにかく演技はいいです。ヒラリー・スワンクの体当たりの演技や、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンの渋い演技が見ものです。ストーリーはセオリー通りに進みま
ミリオンダラー・ベイビー ・・・・・ (サクっと)
ミリオンダラー・ベイビー アカデミー賞ではいっぱい賞を取った(詳しくは知りません・・・・) 話題の映画 「ミリオンダラー・ベイビー」 なんか前評判が良すぎてどうかとは思ったんだけど やっぱり見たくなって・・・・・
ミリオンダラー・ベイビー (威風堂々)
出演: クリント・イーストウッド, ヒラリー・スワンク, その他 監督: クリント・イーストウッド アカデミー賞で作品賞、監督賞、ヒラリー・スワンクが主演女優賞、モーガン・フリーマンが助演男優賞を受賞した作品。 広告映像で大体の内容は予想できたものの、 ハリ
ミリオンダラー・ベイビー (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
ミリオンダラー・ベイビークリント・イーストウッド F・X・トゥール ヒラリー・スワンク ポニーキャニオン 2005-10-28売り上げランキング : 268Amazonで詳しく見る by G-Tools テーマ的には『海を飛ぶ夢』と似通ったところがあるのですが、あちらはやや情熱的に、こちら.
ミリオンダラー・ベイビー (cinema capsule)
昨年度のアカデミー賞で「アビエイター」を蹴散らして見事!主要4部門を受賞したのが「ミリオンダラー・ベイビー」。観た人の感想が賛否両論だったから、予告編を観ただけで敢えて何の予備知識も仕入れずに鑑賞してみたけど、これがとってもよかった!! ひょっとしてお
CINEMA●STARR 「ミリオンダラー・ベイビー」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 クリントン・イーストウッド 出演 クリントン・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、他  貧しい家庭に育った女子プロボクサーは老トレーナーの指導の元、世界チャンプを狙う、しかし、待っていたものわ・・。    女子ボクシング.
ミリオンダラー・ベイビー (坂部千尋のsparrow diary)
 やっと{/apple_up/}します{/hiyo_en2/}まず言い訳から入りますが(笑)本当は昨日の夜書いたんだけど投稿直前にエラーで消えちゃったのよ{/kaeru_cry/}その後書き直す気力が無く、サクっと寝ました{/hiyo_z/}  ではでは日記予告してからかなり遅れましたが{/kirakira/}
ミリオンダラー・ベイビー (WILD ROAD)
『ミリオンダラー・ベイビー』 2004年アメリカ(133分) 監督:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン    アンソニー・マッキー    ジ.
ミリオンダラーベイビー (ミュージックファクトリーの音楽・映画情報)
以前、このブロブを読んでくださっている方から、この映画をオススメ作品として紹介していただきました↓ タイトル:ミリオンダラー・ベイビー 3-Disc アワード・エディション 主演:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン 監督:クリント・イ
ミリオンダラー・ベイビー (映画鑑賞★日記・・・)
監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン    アンソニー・マッキー    ジェイ・バルチェル... ロサンジェルスの
映画 * 『ミリオンダラー・ベイビー』 (複数恋愛進行中ブログ)
ポニーキャニオン ミリオンダラー・ベイビー スポ根ものの主人公はハンデを背負っていなければならない。 本作のヒロイン、マギーにおいてそれは性別である。 女子ボクシングならば正確にはハンデとはいえないが、 コーチを拒否される・ジムでセクハラを受ける…
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (make myself just as hard)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」(Million Dollar Baby, 2004・米国) モーガン・フリーマン扮するスクラップがこの映画のナレーションを務めるのは、彼には語らねばならない物語があるからである。物語とは、人を生かすものであるし、自分の生の意味を確認す ...
たった一つの願い。~「ミリオンダラー・ベイビー」~ (ペパーミントの魔術師)
私がお邪魔してる映画ブログの方が 口をそろえていい映画やと言うてた意味がようわかりました。 テレビ放映での鑑賞なのでいくらかカットされてるでしょうが。 最後は涙、涙。 ミリオンダラー・ベイビーF・X・トゥール ポール・ハギス クリント・イーストウッド ...
ミリオンダラー・ベイビー/Million Dollar Baby(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ミリオンダラーベイビー] ブログ村キーワードミリオンダラー・ベイビー(原題:Million Dollar Baby)キャッチコピー:愛を、教えて。製作国:アメリカ製作年:2004年配給:ムービーアイ、松...