xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「キャットウーマン」DVDにて

2005年04月09日 | cinema
TSUTAYAで借りてきたDVD『キャットウーマン』を観ました。

主演は『ハル・ベリー』


私の名前は『ペイシェンス・フィリップス』。超巨大化粧品会社『ヘデア・ビューティー』の広告デザイナーとして働いていた。自分に自信の持てない私は他者に対してもアピールすることはできなった。
ある日、アパートメントの最上階の私の部屋に一匹の神秘的な眼を持つ猫が迷い込んできた。立ち往生するその猫を助けようと窓の外のエアコンの室外機に足をかけた私。室外機が落ちそうになり落下しそうになった私を助けてくれたのは刑事の『トム・ローン(ベンジャミン・ブラット)』だった。誠実そうな彼に私の心は惹かれていた。
『ジョージ・ヘデア(ランバート・ウィルソン)』社長に自分の作品をダメだしされた私は、社長の指定通り翌日の深夜零時に手直しした作品を持っていった。社長を探して工場内をさまよった私は新製品にまつわる秘密を立ち聞きしてしまい、銃で狙われてしまう。息も絶え絶えパイプの中に逃げ込んだ私だったが、廃液が襲い掛かり海に投げ出された私は死んでしまった・・・


貴方は猫と犬どちらが好きでしょう?私は猫のほうが好きです。私には子供の頃から変な癖(へき)がありまして、公園や道端などで猫を見かけると猫の鳴き真似をして話しかけ、足下に擦り寄ってくる子を撫でてあげたりしてました。(都会の猫は警戒心が強くてなかなか近寄ってはくれませんが。) 中にはびっくりして周りを見回す猫もいて自分に気づくまでずっと鳴き声をかけたりもしてました。そういう時の猫、て人間みたいに「なんだ?コイツ。」みたいな顔でこっちを見てる場合が多いですけど・・・


オープニングを見ながら、猫のことを朧気ながら考えてしまいました。猫はいつから人の近くにいるようになったんでしょう?
犬は人の云う事をよくきき、古代から人間のパートナーと言われています。しかし猫は自分の気が向いたときは云う事をきいてくれますが、普通は自分本位で聞く耳持たずみたいなイメージがあります。
しかしながら神秘的なイメージがあるのも猫のほうです。そして移り気なところが女性に喩えられたり・・・


『キャットウーマン』のイメージと云えばやはり『バットマン・リターンズ』の「ミシェル・ファイファー」が強く残っています。あの美しさ・妖艶さは主人公『バットマン』を喰ってしまうほどでした。ですからどうしても本作「ハル・ベリー」と比べてしまうのは仕方の無いことだと思います。
では「ハル・ベリー」版『キャットウーマン』はどうだったか。私的には「ミシェル・ファイファー」とは一味違う魅力溢れた『キャットウーマン』だったと好印象で受け止めています。
レザーのコスチュームは引き継いでいますが、「ハルー・ベリー」版は非常に露出が多くなっています。メイキングでも語られていますが、しなやかな肉体の躍動感が画面に広がっていたと思います。そして黒人特有の褐色の肌がこれほど黒のレザーコスチュームに合っているとは予想もしませんでした。セクシーさよりも動きの美しさが私には印象的でした。

ストーリー全体としては特にあげるものは無いでしょう。B級SFモノといってもよいのかもしれません。(『バットマン・リターンズ』を土台にしていることは云うまでもありません。)
「シャロン・ストーン」が本作に出ているとは知りませんでした。さすがにお年は隠せないですね。ただ役どころが今の彼女にぴったりの役であり、「ハル・ベリー」を上手く引き立てていたと思います。

本作はひとえに「ハル・ベリー」による「ハル・ベリー」のための作品です。DVD買っちゃおうかな・・・


評価 星 みっつ


公式サイトはコチラ

キャットウーマン@映画生活


P.S.
『キャット・ウーマン』といえば『バットマン』ですが、私としては『スパイダーマン』と競演させてみたいな、と思いました。より3D的な画面になると思うんですが・・・


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ


Amazonで買う


キャットウーマン
 

ハル・ベリー関連

ミシェル・ファイファー
書籍関連 DVD関連

シャロン・ストーン
書籍関連 DVD関連



Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ナインスゲート」DVDにて | トップ | 獅子舞 そして NOMO勝利投手 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (mina)
2005-04-10 13:34:43
スパイダーマンは、わたしの一番好きな作品です。

哀愁があって、頼りなげだけれど、しっかり愛する人だけは、命懸けで守る。

スパイダーマンに限らず、ヒーローって、大抵、そんなものかも知れませんね。

そうだとすれば、わたしがこれほどスパイダーマンに惹かれるのはなぜなのかなぁ。

競演したとしても、フェミニストのスパイダーマンがキャットウーマンと戦うことはなさそうですね。
レザースーツのハル・ベリー♪ (soratuki)
2005-04-10 22:05:50
xina-shinさま

この度はTRBありがとうゴザイマス♪

ミシェル・ファイファーの「キャットウーマン」も

良いけれど ハルベリーの「キャットウーマン」も

良いですねぇ~。

レザースーツ姿がとても凛々しくて動きがキレイでした。

「スパにダーマン」と「スーパーマン」そして

「デアデビル」などなど…アメリカンコミックヒーローモノって

ついついみてしまうのですネ~ 

っで、DVDも購入してしまうのですね~。^_^;



こちらからもTRBさせて頂きました!(^^)!



トラバ (和っち)
2005-04-10 22:29:10
この作品は確かにB級作品かなと思います。ペイシェンスはキャットウーマンになる前も後も、だめだめには変わりないかな・・・と思います。期待しすぎたのでしょうか・・・ハル・ベリーよりシャロン・ストーンの悪の迫力の方が目立った印象がぬぐいきれません。
来ちゃった (猫姫)
2005-04-20 19:03:43
ありがとー!

来ちゃいました!

あたしも、スパイダーマンと競演、賛成!!

敵か、見方か??
TBありがとうございます (kaion)
2005-04-27 04:10:41
私はどちらかというと犬派です。

でも自由奔放で顔に感情が出てくる猫も捨てがたい.....

スパイダーマンとの競演はやって欲しいですね。
競演 (kimion20002000)
2005-11-12 00:00:03
TBありがとう。

なるほど、スパイダーまんね。恋人の嫉妬が激しそうですね。運動量は、いい勝負かもね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
キャットウーマン (minaの官能世界)
CAST 「Xmen」「ゴシカ」のハル・ベリー・・・・・・・ペイシェンス(キャットウーマン) 「デンジャラス・ビューティ」のベンジャミン・ブラット・・・トム・ローン (熱血刑事) 「氷の微笑」のシャロン・ストーン・・・・・・・・・・・・ローレル (スーパーモデ
16:48 (m\'s box)
映画『キャットウーマン』を観た。 ハル・ベリーの健康的な体を観ただけで、満足した 私とひとつしか違わないのに、あの可愛らしさあの体・・・。 この体をなんとかしなければ・・・とすこーーしだけ思った次第(笑) ベンジャミン・ブラッドをどこかで観た事があると...
キャット・ウーマン (ELM & ELMa)
From site1:MOVIE TRAP アメコミって、結構設定の暗いものが多いような気がする。 小さい頃、歯医者の待合室で読んだ向こうの「スーパーマン」も 結構ダークな印象がある。記憶違いかも知れないが・・・。 「スパイダーマン」だって、底は暗い。 で、この映画はひたす
185.『キャットウーマン~CATWOMAN~』みちゃった!(^^)! (徒然なるままに・・・?)
{/kaeru_fine/} 今夜は アメリカンヒーロー(コミック)モノ 「キャット・ウーマン」です♪ カッコイイ ハル・ベリーお姉さまが鑑賞できます。 2004年 アメリカ 本編104分 監督:ピトフ (『ヴィドック』) 脚本:ジョン・ブランカトー マイケル・フェリス     マイ
「キャットウーマン」 (It\'s a wonderful cinema)
 2004年/アメリカ  監督/ピトフ  出演/ハル・ベリー      ベンジャミン・ブラッド      シャロン・ストーン  女王様!と呼びたくなるような鞭使いのキャットウーマン。主演はハル・ベリー。ナイスバディです。ものすごく大胆な衣装だけれど似合って
キャットウーマン (++映画の王道++)
基本データ  メディア 映画  上映時間 104分  製作国  アメリカ  初公開  2004/11/03 あらすじ  大手化粧品会社に勤める内気な広告デザイナー、ペイシェンスはある日、新開発の若返りクリーム“ビューリン”を届けに工場へ向かった。しかし、そこで彼女
買いました キャットウーマン DVD (★最近めっきり見ないねーー!!)
amazon 安すぎ価格: ¥2,384 (税込) 2980円でDVD買いました
★★★「キャットウーマン」ハル・ベリー、シャロン・ストーン (こぶたのベイブウ映画日記)
ハル・ベリーが1966年生まれなんて信じられない!とても38才とは思えない美しさ!!(ウットリ・・)音楽はノリノリながら、敵はショボショボ。敵の唯一の得意技は、大理石のように固い顔!「少林サッカー」の鉄頭のお兄ちゃんとイイ勝負!シャロンがこんな役をやるなんて、な...
キャットウーマン 今年の67本目 (猫姫じゃ)
キャットウーマン     邦題 猫姫じゃ   バットマンに出てくる、アンチ・ヒーロー、キャットウーマン。 自由・奔放・独立心旺盛・超自信家・セクシー・気まぐれ、、、 正義のヒロインじゃないんだケド、完全な悪役でもない。   まるで、あたし.
キャット・ウーマン (前向きに進みたい!!うつな自分)
『キャット・ウーマン』です。 いかにもアメリカンコミックという作品ですが、ちょっとセクシー過ぎ?じゃ ないかなぁって感じがしました。ストーリーはキャット・ウーマンの誕生から 事件解決、そして旅立ちみたいな感じです。 主観ですが同じアメコミでも僕はスパイダーマ
キャットウーマン (ムツ兄の、てげてげ人生日記)
今朝、『キャットウーマン』のDVDを観ました。主演のハル・ベリーが逆アカデミー賞のラジー賞を受賞した作品です。どれだけ酷い作品なのだと興味本位で借りて観たのですが、なかなかどうして、そこそこ楽しめましたね。 ストーリーは、化粧品社に勤めるさえないデザイナー
「キャット・ウーマン」 (ひらりん的映画ブログ)
こわいもの見たさ・・・ってわけでしょうか。 2004年ラズベリー賞四冠の作品を見ることに・・・ 主演はオスカー女優のハル・ベリー。 2004年製作のアクション・ファンタジー、104分もの。 大手化粧品会社ヘデア社でグラフィック・デザイナーとして働くペイシェン
キャットウーマン (MOVIE SHUFFLE)
『CATWOMAN』 アメリカ/2004 監督:ピトフ 出演:ハリー・ベリー シャロン・ストーン ベンジャミン・ブラット     ランベール・ウィルソン ランベール・ウィルソン 受賞:ラズベリー賞/ワースト主演女優賞・監督賞・脚本賞(2004) 「自由は力よ」 2
キャットウーマン (AML Amazon Link)
キャットウーマン
キャットウーマン ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
キャットウーマンという響きから、筆者は当然の様に、イコール「セリーナ・カイル」だと思っていたが、そうか、あれは「バットマン・リターンズ」のキャラとしてであって、所謂、「キャットウーマン」というのは猫女であって、本作品ではその「猫女」のストーリーであった。
キャットウーマン (ケイティの映画的生活)
CATWOMAN [監督]ピトフ [出演]ハル・バリー     シャロン・ストーン     ベンジャミン・ブラット     ランベール・ウィルソン     フランセス・コンロイ あらすじ…  化粧品会社でデザイナーを勤める主人公は   ファッショ
キャットウーマン (女ざかり映画日記)
キャットウーマン!★★★ハル・ベリーと年があまり変わらぬ事にショックをうけましたが・・映画は面白い!!
キャットウーマン (女ざかり映画日記)
キャットウーマン!★★★ハル・ベリーと年があまり変わらぬ事にショックをうけましたが・・映画は面白い!!
キャットウーマン (Dazzling M)
キャットウーマンです。結構、良かった。 アクションも小物も全て凝ってる 何にしても【ハル ベリー】が格好良過ぎ。 ホルタートップのコスチュームも凄い 後姿がもう、背中の筋肉や背骨、体のライン! アクションでのカポエラキックも、キマってて あいた口が塞がら
「キャットウーマン」(アメリカ・ピトフ監督) (サーカスな日々)
栄光あるラジー賞を独占しちゃいましたね。 「ワースト作品」「ワースト主演女優」「ワースト監督」「ワースト脚本」を独占ですからね。立派なものです。授賞式にハル・ベリーは出席して、ヤンヤの喝采を浴びて、素敵なことです。 歴代のキャットウーマンとついつい比較しち
キャット・ウーマン(DVD) (lunatic\'s 映画評)
公式ページ:http://wwws.warnerbros.co.jp/movies/catwoman/ 自分に自信が持てない主人公ペイシェンス・フィリップスは、自分の務める化粧品会社の新製品の秘密を知ってしまい、命を失い(?)キャット・ウーマンとしての命を与えられる。キャット・ウーマンとなった事に戸
キャットウーマン (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
●れんたの満足度・・・★★★★★☆☆☆☆☆5点内容的にほとんど『スパイダーマン』の猫版なのですが、スパイダーマンの蜘蛛の糸のような、見て「おー!」という特殊な能力もないし、なんかハル・ベリーがする猫の動きが、「池乃めだか」師匠を連想してしまいました。(笑)
「キャット・ウーマン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
アメコミだ好きの私は、当然「バットマン」シリーズはすべて鑑賞済み。この映画は「バットマン」の中の悪役キャラクターキャットウーマンを映画化したものです。ハル・ベリーのキャットウーマンはとってもカッコよくてセクシーで良かったのですが「バットマン リターンズ...
キャットウーマン (真っ赤なメガネの言うことには)
キャットウーマン 原題:CATWOMAN 2004年 どこかで聞いたハリウッドの法則で 「オスカーを獲った女優は次の作品でハジケた映画に出演する」 というのがあるけど、まさにその通り。「17歳のカルテ」で助演獲ったアンジーは、その後「トゥーム・レイダー」、今...