xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「単騎、千里を走る」劇場にて

2006年02月05日 | cinema-asia

昨日ファボーレ東宝で『レジェンド・オブ・ゾロ』の後、昼食をはさんで見たのが『単騎、千里を走る』です。この作品も試写会に当選していましたが、風邪でいけなかった作品です。

主演はご存知「健さん」こと「高倉健」、監督は『英雄 -HERO-』『LOVERS』『初恋のきた道』の「張 芸謀(チャン・イーモウ)」。

年齢層高かったですね。『男たちの大和』も高かったですが、それ以上に高くおそらく平均年齢50歳を超えていたのではないでしょうか。

200本以上の出演されている「高倉健」ですが、私はほとんど見たことがありません。あらためて思い出してみれば『ゴルゴ13』実写版と『野生の証明』ぐらいでいつごろ見たかも覚えていません。



しなびた漁村で猟師を営む『高田剛一(高倉健)』のもとに息子『健一(中井貴一)』の嫁『理恵(寺島しのぶ)』から連絡が入った。病いに倒れた『健一』が彼に会いたがっていると聞いた『剛一』は東京の病院に赴く。
しかし『理恵』は嘘をついており、永年の確執から『健一』は父親と会うことを拒否する。病院を後にする『剛一』に『理恵』は1本のビデオテープを渡した。そこには『健一』が撮影した中国の伝統仮面劇の取材の模様が映っていた。ビデオの中で役者に再度中国を訪れ『単騎、千里を走る』を撮影する、と約束していたことを見た『剛一』は、中国に行って『健一』の代わりに劇を撮影することを思いつくが・・・



どなたかのレビューでまるでドキュメンタリを見ているようだと書かれてありましたが、私も同じように感じました。


ここ数作は超大作が多かった「張 芸謀」の原点回帰ともいえる作品です。

「高倉健」を念頭に置かれて書かれた脚本であることは間違いなく、彼以外の誰にもこの役は演じられないと感じました。
タイトル『単騎、千里を走る』には二通りの意味が込められています。文字通り伝統仮面劇『単騎、千里を走る』のことと、息子との確執に迷い、せめて気持ちを理解したいが為に単身中国の寒村に赴く主人公『高田剛一』の旅のことです。
生きることに不器用で口下手な主人公が、言葉の通じない中国の僻地でおそらく息子も受けたであろう孤独感を味わいます。息子との関係を後悔している父親は言葉が通じないながらも、誠実に人々に接していき、やがて彼らは心を開き始めます。そして役者の子供である『ヤン・ヤン』との触れ合いの中で忘れかけていた家族の愛とは何なのか、を見出していきます。
ストーリーとしてはシンプルであると思います。公式サイトでもほとんど全編に関するストーリーが紹介されています。この作品の本質がストーリーだけではないことの証なのかもしれません。
中国の美しい映像とそこに住む人々の暮らし、言葉の通じない相手通しだからこその心の触れ合い、そういったものが作品から伝わってくる気がします。

「高倉健」は撮影時には自分の出番が無い時でもけっして椅子に座ろうとしないことは有名な話です。映画に対する情熱とそれに携わる全てのスタッフ・出演陣に対する配慮からくるのでしょう。彼のようなスタンスで映画作りをすすめる役者さんが今後出てくることは無いのかもしれません。

今日の午後たまたま北日本放送で「高倉健 心の旅~ 映画『単騎、千里を走る。』撮影60日間の軌跡」が放送されメイキング模様などを見ることが出来ましたが、中国ユニットの出演陣は全て地元の素人さんとの事。地元の人ならではの空気感、とでもいうのでしょうか、そういったものを監督は写し取りたかったのでしょうね。

人と人との触れ合いに必ずしも言葉は必要はないのかもしれません。

評価 星 よっつ


公式サイトはコチラ

単騎、千里を走る。@映画生活


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク














Amazonで買う



Amazonインスタント・ストア xina-shinのぷちシネマストア


オリジナル版 悪魔の棲む家

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


単騎、千里を走る。

東宝

このアイテムの詳細を見る

単騎、千里を走る。

幻冬舎

このアイテムの詳細を見る


単騎、千里を走る関連

チャン・イーモウ関連
高倉健関連










この記事を気に入ってくださった方はプチとよろしく



ご近所さんのブログ

















『映画』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「レジェンド・オブ・ゾロ」劇場... | トップ | グラフィックボード増設しました »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです~ (ミチ)
2006-02-10 22:23:35
こんにちは♪

雪も峠を越えたみたいで春近しを感じますね~。

健さん以外では絶対に成り立たない映画かもしれませんね。

健さんみたいに立ってるだけで絵になる人はもう現れないかも!?
メイキング (でんでん)
2006-02-12 20:53:01
こんにちは、お久しぶりです。

トラックバックありがとうございます。



ボクのほうではメイキング放送が公開直前とあって、ちょっとだけ観て涙をのんでチャンネルを変えました。この作品ほどメイキングが観たい作品はありません(^^ゞ
Unknown (Gachami)
2006-02-13 01:40:23
TBありがとうございました



「張 芸謀」の原点回帰...

なるほど。

私は「HERO」と「LOVERS」しか見たことがなかったので、かなり戸惑いました。

でも、CGのない、こういう素朴な作りの方が好みです。これからもこういうのを沢山作って欲しいです。
心の触れ合い (マダムクニコ)
2006-02-15 00:23:55
>人と人との触れ合いに必ずしも言葉は必要はないのかもしれません。



健さんを起用した時点で、「寡黙」「未知の国」ということは自明でしたものね。

本作は、言葉を超える「心の触れ合い」がテーマだと思います。
こんばんは (hary)
2006-02-20 19:40:23
いや~その一言につきますねえ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
高倉 健主演 「単騎、千里を走る」はいいねえ~ (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
高倉健204本目の主演映画 1月28日公開の 「単騎、千里を走る」の 試写会に行ってきました。 「HERO」「LOVERS」の監督 チャン・イーモウの作品ですが どちらかと言えば 「赤いコーリャン」「初恋のきた道」路線の ”感動ロードムービー”でした。 高倉健さ
単騎、千里を走る。 (Saturday In The Park)
中国&日本合作 監督:チャン・イーモウ 出演:高倉健     寺島しのぶ     リー・ジャーミン     チュー・リン 静かな漁村に暮らす高田剛一のもとにある日、長い間仲たがいしていた息子の健 一が重病だとの報せが届く。最後に息子との和解を望む剛一は嫁
【劇場鑑賞11】単騎、千里を走る。(千里走単騎) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
張芸謀(チャン・イーモウ)監督、高倉健主演。 まごころが世界を変える。
単騎、千里を走る。 (「C列車で行こう!」)
製作=2005年 中国・日本 108分監督=チャン・イーモウ 降旗康男(日本編)脚本=ヅォウ・ジンジー出演=高倉健 寺島しのぶ リー・ジャーミン チュー・リン ヤン・ジェンボー公式HP=http://www.tanki-senri.com/キャッチコピー=まごころが世界を変える。【レビ
映画館「単騎、千里を走る。」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
チャン・イーモウ監督、高倉健主演の作品。 まず、観に行く前に「単騎」ってなんのことかもわからなかったのでチョット不安がありましたが、そんな心配は無用の作品でした。 あることがきっかけで10年間も会うことも無くなってしまった父と息子。しかし、息子は病に...
単騎、千里を走った先にあった国と人種を越えた人情 (オールマイティにコメンテート)
「単騎、千里を走る。」は高倉健4年ぶり主演の映画で日中共同制作、末期がんの音信不通だった息子のやろうとしていた仕事を息子に代わり中国各地を回るストーリーである。
単騎、千里を走る。 (ネタバレ映画館)
 通訳ギャグとウンコギャグ。笑いすぎていると、様々な思いが込み上げてきて、いつしか感涙している自分に気づく・・・  刑務所の中が似合う男、高倉健である。網走番外地などの任侠もの映画ではもちろん、山田洋次監督に出会ってからも、いきなり刑務所帰りの男を演じて
単騎、千里を走る。 (toe@cinematiclife)
このところ、仕事に追われ、出張に行ったりしていたので、映画を観に行く時間もなく、ブログの更新もせず、コメントやトラバの返しも遅れてしまいました。 コメント、トラックバックを送っていただいた皆さま、必ずお返事致しますので、もう少しお待ち下さい。 ご迷惑をお掛
単騎、千里を走る。/高倉健、リー・ジャーミン、ジャン・ウェン、チュー・リン (カノンな日々)
高倉健さん主演のチャン・イーモウ監督作品ですが、健さんのマーシャルアーツはありませんでした(笑)。ウーン、ちょっと期待し過ぎたかなぁ、ここんとこ感動作が続いたので涙タンクが空になってたカモ?NHKのメイキングドキュメンタリーを見て思わず涙ぐんでしまったのでイケ
映画「単騎、千里を走る。」 (いもロックフェスティバル)
高倉健主演の映画「単騎、千里を走る。」の試写会に行った。 監督は「HERO」、
単騎、千里を走る (C\'est Joli)
単騎、千里を走る2005:日本+中国 監督:チャン・イーモウ「LOVERS」「HERO」降旗康男出演:高倉健、中井貴一(声)、寺島しのぶ、リー・ジャーミン、チュー・リン ◆STORY◆絶縁状態だった息子が余命わずかと知った高田剛一は、単身、中国の麗江市を訪れ、息子の代わり
映画「単騎、千里を走る。」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「単騎、千里を走る。」★★★★ ストーリー: 長年の間絶縁状態だった息子が病に倒れ、余命わずかだと知った父親の高田(高倉健)は、息子のやり残した仕事を代わりに完成させようと、単身中国に旅立つ。 私が映画を見始めた頃、高倉健はすでに大スターで、不可
『単騎、千里を走る。』 (ラムの大通り)
----これって高倉健が馬に乗って草原を駆けるの? まさか麻雀の映画ってワケじゃないよね。 「四暗刻単騎待ち」……あれっ、目が赤い。 「いやあ、まいったねこの映画には。 涙があふれて涸れるときがまったくない。 久しぶりのチャン・イーモウ節。 いや、そんな言い方さえ
感動に会う準備ができすぎていた 「単騎、千里を走る」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} 単騎、千里を走る 待望の「単騎、千里を走る」。 三国志の関羽の単騎、千里を走るのエピソードも大好きですし、 東京国際映画祭でもチケットがとれず、試写会も当たらず、待ちに待った作品です。 ただ、 映画の中のセリフっぽくいうと、
★「単騎、千里を走る。」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりん的には「高倉健の初・劇場鑑賞」です。 すっごい数の映画に出演してたんですね。 おん年○○才の健さんは凄かったっ。
『 単騎、千里を走る。 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 単騎、千里を走る。  』   [ 試写会鑑賞 ] 2005年:中国/日本 【2006年1月28日ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:チャン・イーモウ ?降旗康男(日本編監督) 脚 本:ヅォウ・ジンジー [ キャスト ] 高
単騎、千里を走る。 (日々徒然ゆ~だけ)
 副題:美しいかつての日本の、清廉実直な高倉健と、素朴な中国の人々。『幸せの黄色いハンカチ』中華版のような笑いと涙の人情泣かせロードムービー。
単騎、千里を走る。 (No Need To Argue)
2005年/中国・日本/95分/ (千里走単騎/Riding Alone For Thousands Of Miles) 監督 :チャン・イーモウ(張芸謀) ストーリー・コンサルタント:ワン・ピン ストーリー :チャン・イーモウ/ヅォウ・ジンジー/ワン・ピン 脚本 :ヅォウ・ジンジー 撮影監督 :ジェオ
単騎、千里を走る(試写会) (Movies!!)
高倉健、リー・ジャーミン、ジャン・ウェン、チュー・リン、ヤン・ジェンポー、寺島しのぶ、中井貴一(声のみ)出演。チャン・イーモウ、降旗康男(日本編)監督作品。 静かな漁村に暮らす高田剛一のもとにある日、東京にいる息子の健一が重病だとの報せが届く。しかし父と
単騎、千里を走る。 ★★★★☆ (Gachami の映画と日記のページ)
これも「絶対見る!」とまでは思っていなかった作品。あの日、疲れていたらパスしたでしょう。疲れていなくて良かった!見て良かったと思える作品。 所々「泣かせます!」という意欲が感じられた。それは「ALWAYS 三丁目の夕日」と同じ。ちょっと、あざとさを感じて冷める時
「単騎、千里を走る。」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「単騎、千里を走る。」試写会。 高倉健さんの映画と言えば、昔TVで見た「幸福の黄色いハンカチ」。あと唯一スクリーンで観たことがあるのは「夜叉」です。「夜叉」はビートたけしが出演していたので見ました。昔からたけちゃんの大ファンなのです撚 .
「単騎、千里を走る。」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日、綾戸智絵コンサートを観た後、盟友N氏と焼肉を食べに行った。生ビールに牛ホ
単騎、千里を走る (八ちゃんの日常空間)
親子を通じて、そして他人ではあるが人として、人とのふれあいを描いたドラマなのだ。高年齢層に受ける映画だろう。 自分も親孝行などほとんど出来ずに父親とは生き別れしている。 自分が父親になった時、子供とどう接するのだろうか… 高倉健は、やはり日本の海が似合う.
単騎、千里を走る~父と息子、家族の絆 (Osaka-cinema-cafe)
映画「単騎、千里を走る」を見て、 日本人と中国人の国境を越えた友情に感動しましたが、 帰ってからニュースで、映画「SAYURI」が中国で上映禁止に なったことを知り、寂しい気持ちにならざるを得ませんでした。 高田剛一(高倉健)は、疎遠になって いる一人息子
『単騎、千里を走る。』 (異国映画館)
2005年 中国/日本 公開日:2006/01/28 試写鑑賞06/01/22           単騎、千里を走る。   監 督
シネマ日記 単騎、千里を走る。 (skywave blog)
荒涼とした風景のなかに1人たつ’高倉健’。彼の’たたずまい’を味わう映画です。 息子の余命わずかなこと知った父が、断ち切られていた親子の絆を息子がやり残した仕事を引き
『単騎、千里を走る。』2006・1・30に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『単騎、千里を走る。』  公式HPはこちら ●あらすじ 長年絶縁状態であった息子の健一(中井貴一《声のみ》)が、病で余命も危ぶまれる状態と知った高田(高倉健)。 彼は息子が中国で遣り残して居た仕事の存在を知り、それを完成させる事が息子ともう一度向き合
『単騎、千里を走る』 (mimiaエーガ日記)
★★★原題:『千里走単騎/Riding Alone Thousands of
単騎、千里を走る/仮面の告白 (マダム・クニコの映画解体新書)
母の喪失を巡る、父と息子の確執~修復の物語。日中それぞれ1組の父と息子のドラマをダブらせて、人とのコミュニケーションという普遍的なテーマを描いている 。 単騎千里を走る (ネタバレ注意!!)タイトルの「単騎、千里を走る」は、「三国志」の仮面劇の演目。後
単騎、千里を走る。 (まったりでいこう~)
前宣伝でうっかり涙ぐんでしまいました。そしてやっぱり本編も涙・涙の連続でした。 ずっと会っていなかった息子が病気になり、その息子のために何かできないかと思って単身中国へ渡った高田。この高田という男を高倉健が演じていましたが、彼のわずかな表情や朴訥な言葉のひ
単騎、千里を走る。 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ 「単騎、千里を走る。」:「三国志」に由来する、中国の仮面劇の演目の一つ。劉備の妻子と共に曹操に捕らえられた関羽が、劉備への仁義と誠を貫き通し、独りで劉備
「単騎、千里を走る」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
映画「単騎、千里を走る」*1を先週末見て来た。土曜日というのに余りにも観客が少なく、心配になって数を数えた所、自分等を含めて僅か15人しか居なかった。こんなに観客数の少ない映画を観たのは、勝新太郎氏主演の「迷走地図」以来かもしれない。若干の心細さを抱える
NO.156「単騎、千里を走る。」(中国/チャン・イーモウ監督) (サーカスな日々)
チャン・イーモウは憧れの健さんを通じて、 自分の青春時代(原点)に還ることができた。 高倉健。1931年生まれ。銀幕デビューは1956年。すなわち、俳優歴50周年を迎えたことになる。出演した作品は200本を超える。 邦画がプログラムピクチャーとして、毎月 ...