xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スカーレット・レター」DVDにて

2005年11月06日 | cinema-korea

DVDで韓国映画『スカーレット・レター』を見ました。買った時に一度見て今日コメンタリを聞いた後もう一度見直しました。(本田さんの訃報を知ったのはその後。偶然の一致に驚いています。)

主演は『シュリ』『八月のクリスマス』の「ハン・ソッキュ」、共演に『永遠の片想い』『ブラザーフッド』『バンジージャンプする』の「イ・ウンジュ」。監督は『インタビュー』の「ピョン・ヒョク」。


刑事課の課長『ギフン(ハン・ソッキュ)』は殺人事件の現場に向かっていた。写真館の主人が頭を割られ倒れているところを彼の妻『ギョンヒ(ソン・ヒョンア)』が発見し通報してきたのだ。彼女の事情聴取をとる『ギフン』は彼女に絵も知れぬ魅力を感じていた。
ジャズシンガー『カヒ(イ・ウンジュ)』は演奏中、腹部に違和感を感じトイレに駆け込んだ。『カヒ』は長い間『ギフン』と愛人関係にあり、彼の子を宿してしまったのだった。同じ頃『ギフン』の妻『スヒョン(オム・ジウォン)』も妊娠をしており彼と共に病院で検診を受けていた。
一方『ギョンヒ』はチンピラ風の男に金の入った封筒を渡しているところを張り込んでいた刑事に見られてしまうが・・・


気持ちがドヨーンとしてくる作品です。

2月に自ら命を絶ってしまった『イ・ウンジュ』の遺作となってしまった作品です。私の住む富山では公開が無く、DVD化を待っていました。
彼女の死のきっかけとなったのではいわれているベッドシーンですが、確かに全裸でチャレンジしていましたが、そんなに過激なシーンという風には見えませんでした。それよりも作品全体を包む雰囲気に病を得ていた彼女は耐えられなかったのかもしれません。

この作品のテーマは誘惑の美とその代償と思われます。
出てくる人物それぞれが表と裏の顔を持ち、嘘をついて暮らしています。アダムとイブの喩えを出していますが、人間の悲しい性(サガ)なのかもしれません。
人物同様物語も二重構造で語られますが、それぞれが重なるわけではありません。サスペンスとしての展開は無いと考えてよいでしょう。
クライマックスに入る直前、まさかとは思いましたが、そのまさかでした。普通は考えても実際には採用しないシチュエーションだと思います。
表では妊娠した妻と安寧に暮らしながら、一方では愛人との情事を繰り返している主人公のエリート刑事『ギフン』に、「ハン・ソッキュ」。『二重スパイ』以降パッとしなかった彼の面目躍如の演技でした。ラスト30分の壊れ方は見ていて気分が悪くなるものでした。(誉めてます)
「イ・ウンジュ」はあの鼻に掛かるような美声で一曲歌っています。彼女のかすれたような声質はジャズにぴったりだと思いました。もう聞くことが出来ないのだと思うと残念でありません。ピアノの演奏も少しですが披露しています。(『永遠の片想い』のメイキングでピアノで遊んでいるシーンは見たことがありますが)
出演陣の中で一番魅力的に感じたのは『ギョンヒ』を演じた「ソン・ヒョンア」でした。誘惑する側、される側と難しい役どころを身体を張って演じていたと思います。


スカーレット・レター@映画生活

P.S.
彼氏、もしくは彼女と二人で見るような作品ではないと思います。



このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク








Amazonで買う



Amazonインスタント・ストア xina-shinのぷちシネマストア


スカーレットレター

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

スカーレット・レター OST(韓国盤)
韓国映画サントラ
EMI Music Korea Ltd

このアイテムの詳細を見る

ハン・ソッキュ関連
イ・ウンジュ関連











この記事を気に入ってくださった方はプチとよろしく



ご近所さんのブログ














『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本田美奈子さん死去 | トップ | 「ダーク・ウォーター」体調... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2005-11-07 01:37:41
いつもありがとうございます!

いぁ、ハン・ソッキュさん、良い役者さんだと思っていますyo!

でもこの刑事は、、、特にトランク内でのシーンに突っ込みすぎて、、、

ストーリー自体も、後味、悪かったです。

またよろしくお願いしますね。
初めまして。 (mk^^)
2005-11-07 18:33:48
何度行ってもレンタルでは・・・貸し出し中で・・・・

まだ、見てないんです。

それで、このDVDについて書いてるものには眼を通しています^^

うちも(w)いなかなもんで・・・映画にはめったに行けず・・・もっぱら、DVD鑑賞ばっかりです^^



特に・・韓国映画(DVD?) 大好きデス^^

また・・寄らせていただきます^^
Unknown (ずも母)
2005-11-07 20:32:44
トラックバックありがとうございます。

介護の仕事をしているのでとてもこう言う作品は気になります。「君に読む物語」もアルツハイマーのせつなさが出ていましたね。私くらいの年代になると現実がせまっていそうで、つい、つい、自分の事と重ねてしまいますね(爆)もう、少し現実をみたい場合は「アイリス」もお奨めです。

ソン・ヒョンア (kimion20002000)
2005-11-12 00:26:28
TBありがとう。

ソン・ヒョンアは、フェロモン100%の演技でしたね。美人じゃないんだけど、ゾクゾクきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スカーレットレター 今年の218本目 (猫姫じゃ)
スカーレット・レター イ・ウンジュ さんのご冥福をお祈り致します。 ハン・ソッキュ という役者さんの見た目が、趣味じゃないのです、、、なんか、すごいオッサン、、  うぅぅ、、ごめんなさい、、、 なんて言うのか、、、刑事物サスペンス+三角関係、浮気のドロ
スカーレット・レター (KAOMEAブログ版)
今年2月...自ら命を絶ってしまったイ・ウンジュの遺作です。 本音を言えば...見たくありませんでした。 でも、彼女が残した最後の演技を..
「スカーレットレター」 (るるる的雑記帳)
「スカーレットレター」を観ました。 刑事・ギフンは美しい身重の妻・スヒョンとの生活を守る一方で、シンガーの愛人・カヒとの二重生活を楽しんでいた。時を同じくしてカヒも妊娠、徐々に精神的に追いつめられてゆくカヒであったがギフンはそんな彼女と別れることが出.
DVD「スカーレットレター」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
妻スヒョン(ソン・ヒョナ)がいながら妻の友達カヒ(イ・ウンジュ)と不倫関係にある刑事ギフン(ハン・ソッキュ)。ギフンは、ある殺人事件の担当になる、、、 ストーリーは殺人事件を捜査する刑事が不倫関係でドロドロ。。。という感じなのですが、この映画の主とな...
スカーレット・レター・・・・・・・ (サクっと)
スカーレットレター イ・ウンジュさんの遺作 「スカーレット・レター」 亡くなった直後から話題になってて すごく見たかった作品
スカーレットレター (spoon::blog)
美しい妻に情熱的な愛人、そして仕事での約束された成功。強盗殺人課刑事ギフン(ハン...
映画「スカーレット・レター」 (ある在日コリアンの位牌)
アミューズソフトエンタテインメントスカーレットレター  この映画、はっきり言って精神衛生上あまりよくありません。衝撃の作品です。血に弱い人、また不倫している人は遠慮した方がよさそうです。いや、不倫している人こそ見る方がいいのかもしれません。監督
『スカーレット・レター』  愛がもたらす地獄 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
  アミューズソフトエンタテインメント スカーレットレター 出演■ハン・ソッキュ、イ・ウンジュ 監督■ウン・ピョク <ストーリー> 刑事のギフンは、妊娠中の妻スヒョンを愛しながら、美しい愛人カヒとの情事を楽しむ日々を送っている。ある日、写真
映画「スカーレット・レター」 (新・韓流に流されまくり)
アミューズソフトエンタテインメント スカーレットレター びっくりした。こんな映画とは思いませんでした。衝撃のラストにあっけにとられたというか、「自分が車のトランクに何日も閉じ込められたら・・・」と思うと恐ろしゅうて、恐ろしゅうて・・・ しかもあのも
スカーレットレター (いつか深夜特急に乗って)
「スカーレットレター」★★★(盛岡フォーラム2) 2004年
スカーレットレター (mugimugiの自己ちゅー映画レビュー)
むぎむぎ評価6★★★★★★ レンタルで観ました。イ・ウンジュの遺作。すごかった~。韓国映画ってすごすぎる。きっと日本では許されないだろうって表現がかなりあるよね。
イ・ウンジュの自殺原因を推理する「スカーレットレター」 (再出発日記)
2004年韓国監督:ピョン・ヒョク出演:ハン・ソッキュ/イ・ウンジュ/ソン・ヒョンア/オム・ジウォン刑事のギフンは、妊娠中の妻スヒョンを愛しながらも、美しい愛人カヒとの情事を楽しむ日々を送っていた。そんなある日、写真館の主人が殺害される事件が起こり、第一発見...