xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ヘルボーイ」劇場にて

2004年10月15日 | cinema
ファボーレTOHOで「ヘルボーイ」を観てきました。「デビルマン」とどっちを観ようか迷ったんですが、Blog等でここ最近観たことが無いほどの言われようなので、かつCMですら役者の力量が見えちゃってるので結局「ヘルボーイ」にしました。
ファーストショウ11時からだったんですが、10分前まで私一人だけ、開演直前と広告の間にそれぞれ一人ずつ入ってきて計3人の観客でした。もうちょっとで一人っきりの貸切状態だったんですけどね。

主演は「ロン・パールマン」。 誰?の世界なんですが、私が観た映画では「エイリアン4」で海賊?の大男をやってた人という認識です。(この人を見ると安彦良和氏のマンガに出てくる敵役を思い出しちゃいます・・・そんなヤツいねーよ、と思ってたらいました。)

第二次世界大戦下、ナチスドイツは怪僧ラスプーチンと手を組み、冥界の扉を開くべく儀式を行っていた。そこへ連合軍が乱入、儀式は失敗に終わりラスプーチンも冥界に引き釣りこまれた。その時ラスプーチンにより召還された魔物の子供が保護された。彼は兵士達から「ヘルボーイ」と呼ばれることになる。時は移って現代、冥界より復活したラスプーチンの暗躍が始まり・・・

以上が前半のあらすじです。


まず、日本公開版のみディレクターズカット版ということで10分長いそうなんですが、長すぎ。中盤、物語が落ち着いた時中だるみします。
それから「ヘルボーイ」の人間らしいこと。筋トレはする、人は助ける、恋に悩む(ストーカーする)。外見以外は一番人間らしいです。
最近のハリウッドのモンスターはすぐ銃に頼るんですよね。この作品の主役「ヘルボーイ」も特製の大型銃で魔物退治しようとするし、自分も魔物なんだから最初から素手でやり合って欲しいモンです。
突っ込みどころは一杯あるんですが、そんな期待もせず見て、こんなモンでしょうという作品なので怒りは湧いてきません。(でも一つだけ、念動発火して自分が燃えたら着ているものの燃えるでしょ、普通。私ならサービスカット入れちゃうな、きっと)
ラストのボスキャラ対決、皆さん色々云いたいこともあるでしょうが、それを云っちゃーおしまいよ、です。


評価 星 にーてん ご (可も不可もなく)


公式サイト
ロン・パールマンインタビュー

ヘルボーイ@映画生活

P.S.
忘れてました。スタッフロール最後まで見ましょうね。細かいオチが一つあります。

P.S.2
明日富山で「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の舞台挨拶があります。チケット買って来ましたので、また頑張ってupしようと思ってます。


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ


Amazonで買う

ヘルボーイ デラックス・コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

ヘルボーイ関連


Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゼブラーマン」DVDにて | トップ | 「プルートウ」浦沢直樹著  »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (buddhamida)
2004-10-15 21:40:47
たしかにツッコミどころ満載でしたねー、爽快感求めるには物足りないし、ストーリーもシンプルで退屈だし・・・。SF系映画好きなんで、まぁ普通に楽しめましたけどね。
顔真っ赤 (たか)
2004-10-15 22:00:35
そりゃもうただ顔塗るだけでオールOK

原作とは雰囲気違いますけど、

アメコミヒーローとしてはありですよね!
Unknown (mori2)
2004-10-16 01:17:14
トラバありがとうございます。恐らく「デビルマン」よりはこちらをご覧になって、正解だったと思いますよ(笑)。
最近に無い(迷)作!! (J-WAVE)
2004-10-16 02:05:26
はじめまして。

たしかにいろいろ言いたくなる作品でしたね。

僕の評価はそんな中でまんざらでもないです。

元々話題になっていなかったのと、配給会社の浅い宣伝レベルで大体予想していました。

そして見事的中!だったんで予想よりは楽しめました。

ホント「オシイ!」って感じの出来です。そしてあの妙な80年代前半によくあったようなB級ノリが久々にノスタルジックな気持ち(何のこっちゃ)にさせてくれたので、個人的には○です。

でも客観的には今の世の中には到底通用する作品ではないかな?という感じですね。



でもホント劇場から「オシイ、オシイな・・・」と思いながら出てきました。
どうせなら (xina-shin)
2004-10-16 08:42:10
コメント感謝です。

ここまでやるならトコトン突き抜けて欲しかったですね。
TB&コメントありがとうございます。 (satoshi)
2004-10-16 11:42:38
はじめまして。

僕にとってはかなり面白い映画でした。

ツッコミどころは多々あると思いますけど、この手の映画(アメコミヒーロー・アクションもの)にツッコミが無い方が逆につまらないって思っています。適度にオイオイって思えるのがベストですかね(笑)
けっこう面白かったでしたね (しろくま先生)
2004-10-19 23:29:50
こんばんは、しろくまです

しろくま的には『ヘルボーイ』はけっこう面白かったでしたよ

最近のアニメや漫画の映画化されているものの中では、

上位に位置するのではないかと思いましたよ

まあ、突っ込みいれたくなるところもありますが、

ロン・パールマンの良さに許してしまいます
トラバありがとうございます♪ (カメ)
2004-11-02 01:00:38
トラバありがとうございました♪

私はあんまり映画について詳しくはないのでかなり偏った記事ばっかりなんで、なんだか申\し訳ないですf^_^;

観た映画を記録する位のつもりで始めたのですが、これからも続けて行くつもりですのでよろしくお願いしますm(_ _)m
見れる映画でしたよ (かっぱ)
2004-11-03 00:45:28
TBありがとうございます。

もう公開も最後のほうでしたので、劇場内は初めは後ろが気になるほど、コワイコワイ状態でした。

内容は多分デビールマンより面白い?まだ見てませんのでなんとも・・・。

まあ私も皆さんと同意見で、面白かったですよ。

しっかり論評のほうはそちらにお任せして、おちゃらけてやってます。

まだblog初心者で、主旨が固まってないので今後も続くかは謎、たまにはチェックしてやってください。
デビルマンじゃなくて正解(^o^; (chibisaru)
2005-10-31 19:30:26
古い記事にTBしてすみません。(^o^;

普段、劇場で見る機会がほとんどないので今頃レンタルで見ました(笑)

デビルマンより面白かったと思ってます。

ツノを研いでいるシーンとか、あまりの人間臭さにかなり笑わせてもらいました。

B級な割りに頑張った方かな?なんて結構甘い点数つけてます・・・。どうしても♪ツノツノ一本赤鬼どん、ツノツノ二本青鬼どん♪とみんなの歌のメロディーがグルグルしてしまい、笑えて仕方がありませんでした。魔界の申し子というよりは、二本なのに赤鬼どん・・・というイメージで見すぎていたからかもしれません。←この歌知ってないとわからないコメントですね(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヘルボーイ (a dopester of TEMPLE)
ヘルボーイ(赤チョンマゲ)が暴れまくるアメコミのヒーロー映画。 ストーリーは多く語るほど、凝った話でもないので、省きますね。 アメコミのヒーロー映画って、主人公がダークな一面持ってたり、やけに恋愛してたりと僕から見たら退屈な部分が少なからずあったんですけど
映画生感想『ヘルボーイ』 (Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life)
2004年10月1日、仕事帰りひとりで、 ワーナーみなとみらいにて、20時15分の回を観賞しました。 仕事が長引き、到着したのが20時20分と、 かなりギリギリというか遅刻でしたが、 撮影時から公開を楽しみに待っていた作品なので、 どうしても初日に観たかったわけです。 遅刻
ヘルボーイ (ネタバレ映画館)
 ダークなアメコミ・ヒーローがまた誕生した。風体は真っ赤な鬼なのだ。ハルクとシュレックを足して緑を赤にしたら、こうなった・・・みたいなノリで。  設定も造詣も面白い。魔界サイドから誕生した、悪魔の落とし子のような存在のヘルボーイ。人間側に立って悪と戦うま
「ヘルボーイ」最近のヒーローは、よう悩むの~(笑)。 (シネマコミュニケーターmori2の“シネマ雑記帳”)
   あんまり期待してなかったんですよ。でもね、先に観た知人が『イイですよ~、泣きますよ!!』とか言ってたんですよ…「ヘルボーイ」(UIP)でね、結構良かったんですよ。泣きゃ~しなかったんですけど…。  第2次世界大戦末期、敗色濃厚なドイツは怪僧ラスプー
ヘルボーイ (AV( AKIRA\'s VOICE ))
アメコミ原作 ナチスが企てた魔界解放作戦はアメリカにより阻止されるが, 開いた冥界から赤ちゃんと思しき赤い魔物が飛び出す。 「ヘルボーイ」と名付けられた彼は大きく育った後,政府に雇われ秘密の仕事に従事する。 長すぎるコメディのようなオープニングから, キャ
映画「ヘルボーイ」観て来たぞい (クロネコマガジン@blog)
 マイク・ミニョーラの個性的なヒーローコミック「HELLBOY」が実写で映画化されたというので原作も知らないのに興味を抱く。そのうち、水棲人間だの、発火能力を備えた少女などが仲間となって、ナチの亡霊と戦うとかなんとかいう話しだと聞いてますます燃える。観てぇ~!
ヘルボーイ / HELL BOY (2004・米) (HALa9000s CINEcolumn)
★☆☆☆☆ 122分/カラー 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演:ロン・パールマン/ジョン・ハート/セルマ・ブレア 久々でました。ゴキゲンなクソ映画。ブレイドを見て以来、アメコミの映画化は最高だと完全に勘違いして数々の駄作を見まくってきましたが、これは中
ヘルボーイ(イラスト付き♪→クロエネン) (おえかき上達への道)
ヘルボーイ ★★★☆☆ (クロエネンが★一個分頑張ってます) まずまず楽しめました。 途中不覚にも飽きてしまったので(!!)眠くなりがちでしたが・・一番好きなシーンはやはり冒頭の冥界の扉を開けるシーン。 衣装も素敵で、クロエネンの二刀流に惚れそうでした。 クロ
ヘルボーイ(MOVIE) (ももすけの冷静スパゲティ)
顔が赤くて、ちょんまげで、右手は石で、チョコバーと猫が好き。 そんなヘルボーイは半魚人と一緒にFBIで働いてます。 でも、ヘルボーイと半魚人の存在は秘密。 「いまさら敵がナチスかよ?」と昭和の香りを感じさせつつ、 奇妙な儀式のシーンから映画は始まります。 その
「ヘルボーイ」 (もっと最近気になる♪)
観て来ました CMのナレーションでしか物語を知らなかったんですが 観やすい作品って感じですか・・・ 最初のナチが悪魔と手を組んであの世の扉を開けて 世界征服をたくらんでる所はヴァンヘルシングっぽいかな こそっと覗き見してて防毒マスクしてるのに 「あれは○○だ」っ
ヘルボーイ (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「眠い、眠い、眠い! 最初の1時間、睡魔に勝てず(-_-;)。最後まで世界に入り込めず、楽しめずじまい。」 先週仕事が忙しかったこともあり、今日はゆっくりしていようと、地元のシネコンで「ヘルボーイ」1本だけを観てきました。これが今年152本目の鑑賞です。 えっと、出だ
「美女と野獣クトゥルー仕立て純愛風」 映画ヘルボーイ感想 (CARTOONENGINE)
いやー良かった、原作のイメージ通りの映画化です。映画監督のギレルモ・デル・トロ
映画「ヘルボーイ」 (なんログ)
「ヘルボーイ」見てきました。 怪物の容姿に人間の心を持つヘルボーイの活躍を描い
ヘルボーイ短評 (web-tonbori堂ブログ)
ファーストラン最終日の今日、やっと時間をつくって最終回に滑り込みセーフ(笑) で観てきましたよー「ヘルボーイ」敗戦色濃厚なナチスドイツがオカルト秘密結社「トゥーレ協会」とロシアの怪僧ラスプーチンによって異界の強大な力を召還し戦局の挽回を図ろうとしていた
ヘルボーイ (CAMARO BLOG)
ヘルボーイを観た。 サンダーでツノを削ってるところなど、 なかなか、アメリカンな映画やった。 ちょっとB級ちっくやけど。ぼそっ まぁ、好きな映画の部類やと思う。
HELL BOY(ヘルボーイ) (CH@OS STEP)
第二次大戦末期、ナチスの科学施設で世界を破滅に導く計画が進められていた。魔界に通じるワームホールから怪人ラスプーチンの手で産み落とされた悪魔の子、ヘルボーイ。だがその異形の赤子は連合軍のブルーム教授に保護され、人間の子供として育てられる。それから60年後の
「ヘルボーイ」 (ひらりん的映画ブログ)
ちょうどGOOのブログの背景テンプレートで「ヘルボーイ」があった。 しばらくはこのバージョンで楽しむ事にしよう。 2004年製作のアクション・アドベンチャーもの、132分。 あらすじ 第二次大戦末期、敗色濃厚なドイツ軍。 形勢逆転を狙って、妖僧ラスプーチンと
映画鑑賞感想文『ヘルボーイ』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 『HELLBOY』を観たよ。 監督は『クロノス』『ブレイド2』のギレルモ・デル・トロ。 出演はヘルボーイ役に大好きなロン・パールマン。脇を固めるのはジョン・ハート、セルマ・ブレア、ルパート・エヴァンス。 アメコミの世界は素晴らしい!わかりやすくて素晴ら
ヘルボーイ (impression)
第二次世界大戦末期、敗色濃厚なナチスは起死回生を狙い、妖僧ラスプーチンと手を組み異界から邪悪な神を召喚しようと計画していた。そしていよいよ計画が実行に移されようとしたその時、アメリカ軍が急襲、異界に呑み込まれたラスプーチンと引き替えに真っ赤な姿の奇妙な生
ヘルボーイ (リンリン映画倶楽部)
タイトル:HELLBOY 製作  :2004年 監督  :Guillermo Del 出演  :Ron Perlman、John Hurt、Selma Blair、Rupert Evans 自分でもどうしてかわからないがこの映画は物凄く期待して観る事にした。 結果、期待通りではなかったがそれほど落胆する事もなかった。 『バ
#442 ヘルボーイ (風に吹かれて-Blowin\' in the Wind-)
監督:ギレルモ・デル・トロ 原作:マイク・ミューラー 出演者:ロン・パールマン 、ジョン・ハート 、セルマ・ブレア 2004年アメリカ 第二次世界大戦の最中、ナチスドイツはラスプーチンと共に魔界から邪悪な神を召喚しようとしていた!魔界との扉が開かれそれを阻止す
ヘルボーイ (シアフレ.blog)
リズへの片想いの恋で悩み、リズと新米FBI捜査官のマイヤーズとの関係が気になってこっそり後をついていく姿など、普段の戦う姿とのギャップに思わず笑わされます。 また、見せ場であるアクション・シーンは、プロレスのような豪快さがあり爽快です。
DVD「ヘルボーイ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
アメコミ映画は大好きなので、きっと好きだろうと思ってみた作品ですが、、、 アメコミ系なのに、話が壮大すぎてチョット疲れちゃいました。大体、アメコミ系の作品の悪者って自分の利益だけを考えた感じが多いと思うのですが、世界滅亡を企むのはチョットねぇ。。。 ...
ヘルボーイ 06年74本目 (猫姫じゃ)
ヘルボーイ Hellboy アメコミなのね。 90年代、マイク・ミニョーラ 原作。MARVEL でも、DC COMICS でもない、DARK HORSE Comics 。 Hellboyというのは、異次元(いわゆる地獄かな?)から来た悪魔(赤鬼?かな?)なんだケド、今回は、そ ...
「ヘルボーイ」 デル・トロ監督のバランス感覚はすばらしい (はらやんの映画徒然草)
年末の総まとめで「パンズ・ラビリンス」のことを書いていたら、無性にギレルモ・デル
【映画】ヘルボーイ…この鬼キャラには勿体無いぐらい(?)の美術的作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
天気が良い{/kaeru_fine/}実に行楽日和な連休です{/face_nika/} どこに行っても渋滞でしょうけど、どっか行きたいですなぁ{/face_ase2/}…熊本あたりにでも。でもETC付きの車が入院中{/face_hekomu/}…家族は私を恨んでたりしないよねぇ{/face_ase1/} さて、そんな好天...