xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』劇場にて

2007年12月24日 | cinema-japan


三連休中日、日曜日の夜、レイトショーで『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』を見てきました。


出演は『姑獲鳥(うぶめ)の夏』に引き続き「堤真一」「阿部寛」「田中麗奈」「宮迫博之」、そして入れ替えで「椎名桔平」など


戦後間もない東京で少女連続殺人事件が発生していた。そんななか元人気女優『柚木陽子(黒木瞳)』の娘、『加菜子(寺島咲)』の行方が分からなくなっていた。遺産相続にまつわる陰謀に巻き込まれたのでは、と考えた『陽子』は『榎木津礼二郎(阿部寛)』に娘の捜索を依頼する。
一方『関口巽(椎名桔平)』と『中禅寺敦子(田中麗奈)』は編集者『鳥口守彦(マギー)』と共に不幸をハコに閉じ込めるという教団について調べていた…


京極夏彦氏が公式サイト等で原作とは全く違う新しい『魍魎の匣』と云っていますが、なるほどと納得できる内容でした。
原作を読んだことの無いほうが、素直に作品に入り込めると思います。かえって原作のイメージを知っているとそれを払拭する必要があるのでマイナス評価につながるかもしれませんね。

監督が1作目『姑獲鳥の夏』「実相寺昭雄」から「原田眞人」に変わっての第二作ということで、作風が180度変わりました。1作目が原作の怪しいイメージを生かそうとして失敗してしまったのとは対照的に、本作では原作を一度分解し映画として再構成したらこうなったという感じです。ただしその代償として怪しい雰囲気はあまり感じられない作品になっています。映画としての完成度は格段の差があるかも。

本来の主人公は『中禅寺秋彦=京極堂』ですが、各キャラの個性がちゃんと描かれているので逆に少し影が薄くなってしまってます。
物語としてはやはりあれだけのボリュームを二時間という枠にはめるには厳しかったかな、という気がしました。それぞれのエピソードの掘り下げが浅くなったため、後半収束していく時に観客が置き去りになってしまっている感が無きにしも非ず、です。


評価 星 さんてん ご


P.S.
この冬『田中麗奈』が出まくりなイメージがあります。


公式サイトはこちらから

魍魎の匣@映画生活

姑獲鳥の夏 (2005) - goo 映画姑獲鳥の夏 (2005) - goo 映画


第1作のレビューはコチラから




このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク







Amazonで買う

Amazonインスタント・ストア xina-shinのぷちシネマストア



分冊文庫版 魍魎の匣〈上〉 (講談社文庫)


魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC)


娯楽(バラエティ) 東京事変


オリジナル・サウンドトラック「魍魎の匣」










この記事を気に入ってくださった方は
プチとよろしく


ご近所さんのブログ










姑獲鳥の夏『魍魎の匣』公開記念版


文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)


京極夏彦 怪 DVD-BOX


嗤う伊右衛門


文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ナショナル・トレジャー2 リ... | トップ | 『DOOM -ドゥーム-』BSにて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-12-25 23:01:33
一作目とガラッと作風が変わりましたね~。
それと共に各キャラクターも少々明るくなったような。
描き分けが出来ていたせいか、主人公(だと思っていた)京極堂の存在感が薄かったかも。
逆に榎木津は出番が増えてました。
原作への思い入れによって受け入れる、受け入れられないの差が大きいみたいですね。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2007-12-28 02:30:05
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
魍魎の匣/堤真一、阿部寛 (カノンな日々)
京極堂シリーズ好きなんですよ。といっても原作は読んだことはないんです。前作「姑獲鳥の夏」は観に行こうと思っていたら堤監督好きで京極ファンのブロガーさんが酷評されてたのでスルーしちゃってDVD観賞にしたんだけど、たしかに期待ハズレというか宣伝負けしてました...
★ 『魍魎の匣』 (映画の感想文日記)
2007年。「魍魎の匣」製作委員会。    原田眞人監督・脚本。京極夏彦原作。   この原作はめずらしく読んでいたので、少し興味もあり、見てみた。第1作目の『姑獲鳥の夏』は読んでいないので見ていな...
魍魎の匣 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ミステリー&サスペンス  監督:原田眞人  出演:堤真一      阿部寛      椎名桔平      黒木瞳 【物語】 終戦から7年後の1952年。探偵の榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木 陽子から失踪した娘・加菜子の捜索を依頼される。同じ頃、...
魍魎の匣【もうりょうのはこ】 (Good job M)
公開日 2007/12/22原作:京極夏彦監督:原田眞人出演:堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈/宮藤官九郎/黒木瞳/柄本明 他【あらすじ】戦後間もない東京で美少女連続殺人事件が発生し、世間を騒がせている。引退した元女優・陽子の娘・加菜子も姿を消し、探偵の榎....
「魍魎の匣」 やはり映像化は難しいか (はらやんの映画徒然草)
「姑獲鳥の夏」に続く京極夏彦さんの京極堂シリーズの二作目です。 僕は原作の大ファ
映画 【魍魎の匣】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「魍魎の匣」 京極夏彦のベストセラー・シリーズの映画化第2弾。 おはなし:戦後間もない東京で美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記...
【映画感想】 「魍魎の匣」(ネタバレあり) (読書とジャンプ)
超光速サスペンスやばい!まずい!面白い!☆(≧▽≦)☆!……っていう頭の悪い感想しか思い浮かびません。原作がかなり改変されてても結構平気な口なので、この感想も話半分くらいに読んだ方が吉かも。「眩暈を起こすのは君の生理機能であって階段に悪意はない」「鈍器...
魍魎の匣 (Akira's VOICE)
原作ファンの皆さん! 予習はしないでおきましょう!
魍魎の匣 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは決して開けてはいけない匣__箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。 物語の舞台は1952年の晩夏。東京で行方不明になった少女たちの四肢が、箱詰めで見つかる...
魍魎の匣 観たっ☆ (せるふぉん☆こだわりの日記)
公開初日、早速観てきましたよ~。 昨夜は原作を読みきらなくては・・・・!と夜中
魍魎の匣 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
京極夏彦さんの本が大好きなので、原作は刊行当時に読んでいま~すでも内容はうろ覚え(汗)・・・映画を楽しむには丁度いいよねっ【story】戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方...
「魍魎の匣」映画館レビュー 映画愛 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
久々の映画館で映画。映画を観て、幸せ。
【2007-192】魍魎の匣(もうりょうのはこ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 匣の中の少女 匣だらけの 匣みたいな家 匣に取り憑かれていた それは決して開けてはいけない匣 ハコの中には 何がある?
魍魎の匣 (そーれりぽーと)
豪華なキャスティングと、東京事変の曲に誘われて『魍魎の匣』を観てきました。 ★★★ 京極堂シリーズ第二段なのか… えー!これって『姑獲鳥の夏』と同じシリーズだったの? などと、観終わって帰ってから気がついた俺。 いくら『獲鳥の夏』が★1個しか付けない程に面...
魍魎の匣 (eclipse的な独り言)
 これも1000円になるのを待ちました。原作のファンには不評ですよね・・・・(1
魍魎の匣(もうりょうのはこ) ~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ 直木賞作家・京極夏彦のベストセラー「京極堂(百鬼夜行)」シリーズの映画化第二弾、『魍魎の匣』(2007年/日本)。05年に映画化された『姑獲鳥の夏』に続き、今回も憑き物落とし・京極堂、人の記憶が見える探偵・榎木津...
★「魍魎の匣」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は平日連休が取れたので、シネコンはしごでもう2本。 その1本目。 ヤケに難しい漢字ばっかり使う京極夏彦原作の映画化第二弾。 第一弾の「姑獲鳥の夏」も劇場鑑賞したけど、記憶薄っ。
『魍魎の匣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
真・映画日記(1)『魍りょうの匣』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月4日(金)◆675日目◆ この日もお休み今年は休みが1週間以上あり、のんびりできる。 7日にその反動がきつそうだけど…… 昼に外出。 シネスイッチ銀座で『呉清源 極みの棋譜』を見ようとしたが時間を間違える。 仕方なく新橋に出て「ニ...
mini review 08324「魍魎の匣」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
累計500万部を超えるベストセラー・シリーズの映画化第2弾。第49回日本推理作家協会賞に輝き、シリーズ最高傑作の呼び声も高い同名小説を原作に、古書店主の“京極堂”こと中禅寺秋彦と仲間たちが、3つの事件にかかわる恐るべき秘密を追う。監督は『突入せよ!「あさま山...
【映画】魍魎の匣…原作にとらわれない(?)作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎回記事の冒頭には近況だの雑談だの書く私ですが… 今回映画記事の内容が長すぎて、投稿限界イッパイイッパイなのです{/ase/} なので早速、本日{/hiyoko_cloud/}は映画鑑賞記録です{/ase/} 「魍魎の匣」 (監督:原田眞人、出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、2007年...