xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」劇場にて

2007年11月18日 | cinema-japan

土曜日のレイトショーで『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見てきました。

出演陣は前作同様、『吉岡秀隆』『堤真一』『小雪』『堀北真希』『薬師丸ひろ子』そして
三浦友和』など。


『ヒロミ(小雪)』が三丁目を去って数ヶ月、鈴木オートに一人の女の子がやってきた。父親が事業に失敗し出稼ぎに出るため、その間預けられることになったのだ。父親に連れられてやってきた『美加』はお嬢様として育てられたため、その環境の変化に戸惑いつい鈴木家に反発してしまう。
一方『茶川竜之介』の元に戻った『淳之介』を引き取りに、再び実の父『川渕康成』が現れた。二人の暮らしぶりに『川渕』は『茶川』にある約束を結ばせるが・・・


タイトルバックのときに一瞬手作り飛行機が横切ったことに気づかれましたでしょうか?前作のオープニングに引き続きの登場でしたが、スタッフの中でのある種の象徴になっているのかもしれません。エンディングにも登場します。

ストーリーは見る側の要求どおり、大きなどんでん返しもなく大団円に向かってユーモアを交えながら進んでいきます。ちょっと残念だったのが『一平』のはとことして登場した『美加』ちゃんの役割でした。お金持ちの息子である『淳之介』が何故『茶川』の元を離れようとしないのか。その理由をうまく『美加』に絡ませたほうが、わがままなお嬢様だった子がお手伝いもする優しい少女に変わっていく様をわかりやすく説明できたのではないでしょうか。『淳之介』の存在はいま現代人が失いつつある幸せのカタチを表している気がします。
前作では「三浦友和」演じる『宅間史郎』の役割でしたが、本作でも「堤真一」演じる『鈴木則文』に戦争の影をにじませています。同窓会の翌日の朝起きたときに何が起こったのか納得するときの『則文』の表情は見事でした。
『茶川』と『ヒロミ』の関係が物語の主筋として流れていますが、コンプレックスの塊である私には、二人の気持ちは痛いほどわかる気がします。『ヒロミ』の踊り子仲間『梅子(手塚理美)』の存在は重要でしたね。きっと『梅子』にも似たような経験があったんだな、ということが感じ取れる演技でした。
最初気がつきませんでしたが、『ヒロミ』の踊り子仲間『メリー』は「貫地谷しほり」が演じていたんですね。今後注目の若手女優さんです。

仕方の無いことですが、やはり気になったのが子供たち伸びていたことでした。『一平』はあまり伸びていなかったようですが、『淳之介』や遊び友達の『三浦雄一郎』が大きくなっていましたね。声変わりしていなかったのがせめてもの救いかもしれません。

前作よりも時間の制約が強かったのでしょう。CGの仕上がりが多少落ちてしまった、と感じました。特に日本橋の俯瞰のシーンはうまく人物と背景が溶け込んでいない感じを受けてしまいました。もう少し詰める時間を与えたかった気もします。


評価 星 よっつ


1作目のレビューはコチラ


公式サイトはコチラ

ALWAYS 続・三丁目の夕日@映画生活


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク





Amazonで買う

Amazonインスタント・ストア xina-shinのぷちシネマストア


ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ


ALWAYS 続・三丁目の夕日 オリジナル・サウンドトラック


三丁目の夕日の時代 日本橋篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)


ALWAYS続・三丁目の夕日オフィシャル・フォト・ブック


ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)










この記事を気に入ってくださった方はプチとよろしく

ご近所さんのブログ








ALWAYS 三丁目の夕日 通常版


ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t


-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ


三丁目の夕日の時代 東京タワー篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バイオハザード」劇場にて | トップ | 「キングダム・オブ・ヘブン」D... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
ALWAYS  続・三丁目の夕日 (minaの官能世界)
 ヒロミ(小雪)がどうなるのか、その一点が気になって仕方がなかった。  薄倖の女っていうけれど、まさにそれを絵に描いたような女、それがヒロミである。  その結末を確かめに、映画館に足を運んだ。  これから観る方もいらっしゃると思うので、結末は敢えて書かな...
★ 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (映画の感想文日記)
2007年。2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会。    山崎貴監督・脚本。西岸良平原作。  この...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」みた。 (たいむのひとりごと)
あれから4ヶ月(ほんとは2年w)。「夕日町三丁目」の相変わらずの賑やかさがとても心地よい。前作では”昭和33年”がこれでもか!とばかりに押し出されており、(観てる側の)懐かしさの”押し売られ”がちょ
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
お金より大事なもの。~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」~ (ペパーミントの魔術師)
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゜▽゜)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起...
Always 続・三丁目の夕日 07206 (猫姫じゃ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007年   山崎貴 監督・脚本・VFX吉岡秀隆 小雪 堤真一 堀北真希 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 ピエール瀧 福士誠治 小池彩夢 あの名作ALWAYS 三丁目の夕日 は、もう2年前か...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (現実逃避ING)
夕日町三丁目には前作と変わらぬ人たち。 鈴木オートには、一平のはとこ美加が、 六子と一緒に集団就職した武雄が、 茶川の駄菓子屋には、淳之介を引き取ろうと川渕が訪れる。 … … 全体的に流れる暖かな雰囲気がそのまま前作から引き継がれていて、とても温かい気持...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (C'est Joli)
ALWAYS 続・三丁目の夕日’07:日本 ◆ 監督: 山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「Returner/リターナー」◆出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度...
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 監督/山崎貴 (名前も知らない、小さな、小さな、)
【26%オフ】ALWAYS 続・三丁目の夕日 1では茶川竜之介と淳之介が中心でしたが、今回は登場人物それぞれにバランスよくスポットが当てられ...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...