xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「亡国のイージス」劇場にて

2005年08月01日 | cinema-japan
映画の日ということでファボーレ東宝で『亡国のイージス』を観てきました。


海上自衛隊イージス艦〈いそかぜ〉に『溝口哲也(中井貴一)』FTG三等海佐らが乗り込んだ。〈いそかぜ〉に乗り込んだと思われる某国工作員の探索が任務だった。先任伍長の『仙石恒史(真田広之)』は上陸中の若い者たちが起こした喧嘩騒動の処理に追われていた。その場には新しく乗艦した『如月行(勝地涼)』も混じっていた。
非番の時間甲板で絵を描くのが『仙石』の日課だった。上手く描けない『仙石』に『如月』は絵のアドバイスを与えた。絵は見違えるような色合いを見せる。
翌日演習後、ダミー魚雷を回収中に事故が起き乗員一命が命を落とす。それは事故ではなくそして全ての始まりだった・・・


原作を読み終えた時の感想はコチラ


内容は読了後の予想が当たってしまいました。そして出来は予想した以上に悪いものでした。
アクションモノにしたかったのか、人間ドラマを描きたかったのか分かりませんでした。全体的に曖昧になってしまい、焦点がボケた感じがあります。内容を詰め込もうとして失敗したケースと思われます。
原作は前半サスペンス色が強く、一転後半ではアクション有り、SF的な触れ合い有り、と盛りだくさんだったのですが、映画ではサスペンス色は一切ありません。人間ドラマを描こうと狙ったのだと思いますが、それぞれの登場人物の背景の説明もないまま物語が進んでいく為、上滑りした感がありました。映画を観ただけだと『ヨンファ』がどこの工作員だか分からないかもしれませんね。
映画の主人公は『仙石先任伍長』です。原作とは異なり妻は数年前に他界、娘を祖父母に預けている設定に変わっています。(この変更だけでもドラマが浅くなってしまっています。) 演じたのは「真田広之」。幹部と乗組員の間を取り持つ先任伍長役を熱く演じていたとは思います。アクションらしいアクションシーンはありませんでした。
本来は主人公の『如月行』を演じたのは「勝地涼」。ある意味スーパーマン的な存在の役を演じるには線が細いと思います。
韓国人女優「チェ・ミンソ」が某国工作員『ジョンヒ』を演じていますが、映画では見所もなく『ヨンファ』とのつながりや、『如月行』となぜ接触するのかも説明されていません。勿体なかったですね。


評価 星 ふたつ (原作を読んでから観ることをオススメします。そして原作を満喫したければ公式サイトは見ないで下さい。)

亡国のイージス@映画生活


これまでのレビュー一覧はコチラから



Amazonで買う

亡国のイージス プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

映画「亡国のイージス」公式大綱

角川書店

このアイテムの詳細を見る


亡国のイージス関連

真田広之関連
中井貴一関連

Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (93)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風の交響楽」購入 | トップ | 「アイランド」劇場にて »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (Tompei)
2005-08-02 14:31:52
似たような感想ですね。

あれだけの作品を2時間の映画にまとめるのは無理なのかもしれません。

ジョンヒは花を添えただけという感じでしたね。あれなら、出す必要はなかったような気がします。ま、飛行機から飛び降りる原作の設定はありえないけど……。
TBとコメントありがとうございます。 (こき麻呂(^ー^))
2005-08-02 16:07:53
けっこう褒めてるブログもあったりして戸惑っていますが、決して褒められる出来の映画ではないですよね。

「ハリウッドを超えた」なんて宣伝文句は信じていませんでしたが、あんな映像でOKを出してしまう監督のイマジネーションのなさにも呆れます。

原作を読んで映像が浮かばないんでしょうか・・・。

本物の自衛艦やジェット戦闘機を使いながら迫力を出せませんでしたね。

つい先日レンタルDVDで「トップガン」を観たばかりなので情けなく思いました。
TBありがとうございます (t-higu)
2005-08-02 17:05:54
僕は原作を読まないで観にいったのですが、それなりに楽しめました。

原作を読んでから行った人が「失敗した」みたいなことを書いていたのですが、

そのあたりはどうなんでしょう?



確かに、各人物の背景に関する説明がほとんどないので、不明な点などが

結構ありましたね。

(ジョンヒに関しては、いろんなブログでコメントされてるみたいです。

少なくとも、何でキスしてたのか僕にはさっぱりでした。(^^;))

なるほど (かのん)
2005-08-02 17:55:28
なんとなく予想はしてたんですが、xina-shinさんのレビューを読んで納得って感じです。

どうせならとことん娯楽作品として仕上げてほしかったですが、原作もあるしどっちつかずということなんでしょうか。

たいして期待していなかった「ステルス」が面白そうに思えてきます(笑)。
やっぱりね (chikat)
2005-08-02 18:09:59
TBありがとうございます。

作品として面白かったですが中途半端といわれればうなずきます。

若手のいい俳優さんたち使っているのに役柄がはっきりしてなかったし、原作を読んだ人たちはみんな×つけているみたいですね。

私は読んでなかったので○でした。
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2005-08-02 18:44:47
こんにちは。

いつもトラックバックありがとうございます。



原作を読んでいなくても何となく端折り方が雑だなぁと思いました。脚本の時点でも切れないエピソードがあったのではないでしょうか。原作を読まないボクにはさっぱりの描写が何度も見られましたから。でも監督は思い切ってカットしちゃったんでしょうね。だったら物語を再構築するくらい、脚本を作りなおしたほうがいい結果が出たのでは?と思いました(^^ゞ
やっぱり半端・・・ (メビウス)
2005-08-02 21:59:52
こんばんわ♪TB有難うございました♪



濃密な人間ドラマを描こうとしたのなら、もう少し各人物の人間関係をはっきりしてほしかったですよね。

原作未読な自分ですが、『ん?』と違和感覚える所は結構ありましたね。



既読な方はさぞかしがっかりな人多そうですね。
焦点はしぼって・・・ (にゃんこ)
2005-08-03 00:03:11
TBありがとうございました

原作を猫も読んだ後の鑑賞でしたから、案の定。。。

って感じでした

映画は、映画ってことで、焦点しぼっていたら、もっと違う感想だったかも(笑)
自分は、気に入りました(原作読了済) (あかん隊)
2005-08-03 02:29:52
TBありがとうございます。

駆け足で、ばっさり切り落とし、編集したダイジェスト版。とも言えそうな映画でした。

それでも、自分は、気に入りました。(馬鹿みたいですが、もう2回観ました。3回目も行く予定です)=笑ってやってください。

原作読んでます。意味不明なところや、気に入らないところがない、とは言いません。だけど、映像として観たかったという気持ちは満たされたように感じています。いいんです。傑作じゃなくても。これまでの「ローレライ」「戦国〜」よりはずっと良かったと思えます。
TBありがとうございます (どら)
2005-08-03 16:32:22
はじめまして。

今年に入ってからの福井三部作の中では一番デキが良いように感じました。ただジョンヒの描写が甘すぎたため、ちょっと意味不明の場面が多すぎたのではないかと思っています。

全体的に説明不足の感、あり、でしたね。
TB&コメントありがとうです (ジャジャ丸)
2005-08-04 11:56:30
はじめまして、そしてありがとうです。

やっぱり原作のほうが詳しくて楽しめるんですね。

原作を読んでいない人の評価は良くて、原作を読んでいる人の評価が悪いのがはっきりしている映画です。

ますます原作を読んでみたくなるじゃないですか(笑)

TBありがとうございます (may)
2005-08-04 14:11:58
私は原作読まずに映画を観たので

分からないことだらけでした。。。

描ききれていないと言う印象で終わりました

原作、を読んでみようかなと思います。

TBありがとうございました (あつ)
2005-08-04 21:27:47
映画を良くしているのは俳優陣で、もうすこし原作の要素をカットしていれば面白くなるのかな、と思います。
韓国を見習え! (映画の花道)
2005-08-05 00:21:28
っていいたいほど、ポリティカル・サスペンスは日本映画にとってまだまだ未知なる領域!



あのイージス艦の爆破シーンだけは

ある意味悲しかった・・・あれだったら、映像化しないほうがまし



韓国映画「チャンピオン」のチェ・ミンソの台詞がほしかった・・・あれでは、かわいそすぎ

チャンピオンでは、なかなかの存在感のある演技をしていただけに残念
Unknown (GOURMET)
2005-08-05 02:14:13
TBさせていただきました。

原作読んでから観ちゃったので

消化不良です〜。。。
原作との違い (なべすけ)
2005-08-06 22:55:12
TBありがとうございます。



自分も原作を読んでから映画を鑑賞したのですが、

人物の背景とか省略しているので、

かなり分かりにくい作品だったと思います。



それでも、アクションシーンなどは

かなり評価できる作品だったと思います。



また、\"映画を観ただけだと『ヨンファ』が

どこの工作員だか分からないかもしれませんね\"と書かれてますが、

それは映画という小説とは違いスポンサーや映画配給会社等、

今の国の情勢を考えて省略されたのでは内科と思いますね。
映画のはしょりすぎもさることながら。 (Ageha)
2005-08-12 11:07:02
話がとびますが昔草薙くんが韓国の若者(兵役中の)から「あなたは今日本のために何かしていますか?」って問われて、何も言い返せなかったことを思い出しました。



強制的な兵役がいいわけじゃない。

でも言われてみれば、愛国心なんて普段だれももっていないような気がする。



東京をグソーで破壊すれば、北朝鮮にむかって

国連が起こすアクションが北の政権を倒してくれる。

・・映画ではそんな内容だったと思いますが

・・何それ?むちゃくちゃやん。



専守防衛・・って言ってるからあっけなく撃沈された

いそかぜ。

打つ前に考えろっていうから撃たれちゃった如月。

・・戦争とかテロとかいう状況の中では常識も人間性も通用しない。仙石さんのセリフがからまわりして、

平和ボケした日本人よってヨンファに鼻で笑われる。



武器なんか持たなくても人は「対話」できる。

この映画で言いたかった本当のメッセージは

はたして伝わったのかな・・・。

なんだか攻撃しなきゃ守れないんだよって

そんなふうにねじまがってやしなかったろうか?

阪神大震災の救済や復興活動でさえ会議室でもめるような自衛隊ってナンなんだよと思いながら。
ああん、またなの〜? (黒猫トム)
2005-08-13 01:01:16
こんにちは。

ぼーこくのいーじす、文庫を買って読んで興奮し、こいつぁ面白いぜ!!と周囲に薦めまくっての映画化、かなり期待していたんですが、やはり日本の映画人が撮るとつまんない映画になっちゃうんですね。ジンクスなんですね。病気(遺伝病?)なんですね。もう金輪際、期待しちゃいけないんですね。

あ〜あ。がっかりです。

チケット代、うきました、ありがとうございます。無駄に使わなくてすんだわな。あ、こちらブログのおかげと感謝しております。皮肉を言いたいのはダメ映画を作ってしまうギョーカイに対して、でありますッ!



「リング」は、テレビ特番を見てから原作を知り、映画はロードショウで観て戦慄しましたけどね。
TBありがとうございました。 (naomi-0604)
2005-09-23 09:56:24
2時間では収めきれない内容でしたね。そのために、人物描写が弱く、理解出来ない部分が多く残りました。面白い映画なので、それが残念です。
原作を読んでいないと (rain)
2005-12-09 01:07:44
かなり辛いですよね。私は原作を読んでいないものの見る前に情報収集していたので何とかついていけました(^^ゞ

しかし如月とジョンヒの関係はよく分かりませんでした。説明端折ってますよね。



TBさせていただきます。





Unknown (グレート・タカ)
2006-04-10 00:03:39
こんばんは!

TB&コメントありがとうございました。

原作を読まないと分からないってのは映画としてはダメですよね。

映画と小説は違うので、映画だけでも楽しめて、原作を読むとさらに面白くなるってのが基本だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

93 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
隔離された空間での戦争映画◆亡国のイージス (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
7月18日(月・祝)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて こういう系統の映画は得意ではないので、自分でお金を払っては絶対に観に行かないだろうなと思いつつ、何気なく試写会に応募してみたら当選したので観に来た。 しかも、今日は勝地涼くんの舞台挨拶つきだ。 彼の演技
亡国のイージス/真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼 (カノンな日々)
毎月1日の映画の日でしたが、私はこの作品を鑑賞してきました。松竹さんが威信を懸け、防衛庁、海上自衛隊の全面協力を得て、かなり気合いを入れて作ったというのは予告編や宣伝からも伝わってきます。主演陣には日本アカデミー最優秀賞受賞者をずらりと揃えただけでも豪華.
亡国のイージス (Akira\'s VOICE)
迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。
亡国のイージス (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日2本目は「亡国のイージス」です。   「海上自衛隊のイージス艦『いそかぜ』が某国工作員らによって乗っ取られる。彼らは1リットルで東京を壊滅できる兵器GUSOHの照準を首都圏に合わせ、日本政府に要求を突きつける。そんな中、艦内の構造を知り尽くす先任伍長の仙
男臭い緊張感が張りつめる 「亡国のイージス」 (平気の平左)
評価:65点 亡国のイージス 邦画の大作映画・豪華キャスト・厚い原作本、 と来ると、 豪華キャストを間違った使い方をして、一つ一つのエピソードを薄くし、原作本のうわっつらだけをなぞる、しょーもない映画が作られるのでは? と最近身構えてしまうようになってし
亡国のイージス (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「イージス」とはギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う「無敵の盾」のこと。同時に、最新鋭の防空システムを搭載し、専守防衛の象徴ともいえる海上自衛隊の護衛艦をも指し示す。だが、語るべき未来も見えず、守るべき国家の顔さえも失
映画『亡国のイージス』 (葉桜日記)
 原作のファンとしては、映画の出来がすごく気になるので、封切りの翌日に映画館に足
亡国のイージス (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常にあらず!」なんとまぁ、恐ろしい{/face_naki/} この話は、のんびり構えている「戦争を意識しない日本人たち」に対して、一石を投じる作品です。現在の日本映画界も、本気でかかればこれほど
亡国のイージス [2005年・日本] (伊達でございます!)
防衛庁・海上自衛隊・航空自衛隊の全面協力により、実際のイージス艦や戦闘機が登場するのが、この映画の強みのひとつですが、それは、逆に弱みにもなっていたと思います。
亡国のイージス (花ごよみ)
某国工作員のヨンファと  「いそかぜ」の宮津副部長が結託。 訓練中の海上自衛隊イージス艦を占拠。    搭載された特殊兵器GUSOH。 首都圏に照準を合わせ、日本政府に要求を突きつける。  タイムリミットは10時間しかない。。。  原作は福井晴敏。 終戦のロ
亡国のイージス (まったりでいこう〜)
一番楽しみでもあり不安だった亡国がいよいよ公開となりました。初日だけあって劇場はすごい混雑っぷりでしたが、2時間たっぷりと楽しんできました。ただ隣の女性の香水がキツくて参った参った....。 原作はすでに読んでいますがかなり前のことなので内容はほとんど忘れてま
「亡国のイージス」 (試写会帰りに。)
厚生年金会館「亡国のイージス」試写会。今日の試写会は御機嫌だった。 サントリーのシングルモルトウィスキープレゼンツで、試写の前にウィスキーが振る舞われた。 「亡国のイージス」が阪本順治監督と最近知って、試写会応募にも出遅れていたのだが、「上映前にシングルモ
亡国のイージス (びっくりコキマロ!!)
福井晴敏原作の文庫上下を読んでから観てきました。真保裕一原作の「ホワイトアウト」(2000年)もそうでした。瀬名秀明原作の「パラサイト・イヴ」(1997年)も、『壮大な駄作』といわれた小松左京原作の「さよならジュピター」(1984年)も・・・。日本映画ってやつは・・・(#/__
【MOVIE】亡国のイージス (思いつくままに)
福井 あらすじなどはこちらからどうぞ しゃ、写真が半分になってもうた...。 感想: 真田広之、中井貴一、寺尾聰。いい役者がそろっているだけあって、 なかなか見ごたえがあった。戦闘シーンなども緊迫感があふれていて 観ていて飽きることがなかった。ローレライよ
『亡国のイージス』 (京の昼寝〜♪)
人質は首都、東京。タイムリミットは10時間。 ■監督・脚本 阪本順治■脚本 長谷川康夫■原作 福井晴敏 「亡国のイージス」■キャスト 真田広之、中井貴一、佐藤浩市、寺尾 聰、勝地 涼、原田芳雄、岸部一徳、吉田栄作、谷原章介、安藤政信、チェ・ミンソ、原田美
「亡国のイージス」 (てんびんthe LIFE)
「亡国のイージス」 東京厚生年金会館で鑑賞 作品の影響か、スポンサーのサントリーがウイスキーの試飲をやっている為か、今夜はオヤジさんたちが多かった。いつもなら若い女の子でいっぱいなのでありますがこういうのもいいかも。試写前に原作者の福井晴敏氏のトークシ
「亡国のイージス」VS「機動警察パトレイバー2 the Movie」 (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日は夏の邦画大作「亡国のイージス」を観てきた。物語は(亡国ならぬ)某国の活動
亡国のイージス (欧風)
今年は自衛隊全面協力の映画が2作。まず初めに公開した陸上自衛隊協力の「戦国自衛隊1549」は、迫力があって私はとっても好みだったのですが、結構賛否両論ありましたね〜。そして海上・航空自衛隊協力の「亡国のイージス」は7月30日から公開で、私も前売り券を買っ
観ろ。絶対に観ろ。「亡国のイージス」いよいよ本日公開! (欧風)
試写会で観てから、すごいいい映画だ、是非皆さんに観て頂きたいな〜、公開が待ち遠しいな〜、と思っていた「亡国のイージス」ですが、本日いよいよ全国公開ですっ! 私も試写会で観たにもかかわらず、前売りも持ってるんで、朝一で映画館に駆けつけたいところですが、今
映画『亡国のイージス』 (EVERSMILE)
基本的に映画というのものは一度観てそれを概ね内容を消化できるものでないといけない。そのことが不十分な映画作品は,どんなに原作小説が面白くても駄作といわざるを得ないと言いたいくらい映画『亡国のイージス』は消化不良でわけのわからない映画だった。
「亡国のイージス」 (じゃがバタ〜 日記)
いや〜、日本映画はなぁ〜、、、自衛隊がらみだしなぁ〜 内容をまったく知らずに、オットさんに連れられて行ってまいりました。予告編見る限り乙女=ワタクシが好む要素ってないでしょ、ねっ、ないでしょ。 ああ、キャストは豪華ですね。 熱いぜ!真田広之 渋いぜ、寺尾
亡国のイージス(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】阪本順治【出演】真田広之/寺尾聰/佐藤浩一/中井貴一/勝地涼/吉田栄作/安藤政信/チェ・ミンソ/岸辺一徳/原田芳雄【公開日】2005/7.30【製作】日本【ストーリー】海上自衛隊のイージス艦『いそかぜ』の副艦長宮津弘隆二等海佐(寺尾聰)は、東京湾沖で訓練航
亡国のイージス (CINEMA正直れびゅ)
福井晴敏との出会いがこれだった。3年くらい前だったかな。それはもう、のめりこんだもんよ。映画になったらすごいだろうとは思っていたけど、あの濃密な内容が2時間で収まるわけがない。期待はほどほどに、レイトで観てきた。
亡国のイージス (ネタバレ映画館)
 「あ、ハンカチ忘れた。貸して!」「いいですよ。どうせ涙なんて出ないから・・・」  普段、映画鑑賞する前には原作などは読まない主義だったのに、魔が差したのでしょうか、つい文庫本(以下、ページ数は講談社の文庫を参照)を買って読んでしまいました。よって、今回
亡国のイージス★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
International Title:AEGIS 『国家に反旗をひるがえしたイージス艦副長・宮津二佐は、全ミサイルの照準を東京首都圏内にあわせる。国家への復讐に燃える宮津から艦を取り戻すために、先任伍長・仙石は、過酷な闘いに挑む。』 director ...阪本順治(新・仁義なき戦い...
亡国のイージス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作を先に読んでしまっても、猫はそれはそれ、これはこれって割り切ってるつもりでしたが 今回の『亡国のイージス』は、ちょっとスカーーンって抜けてしまった感が残ってしまいましたーー; やっぱり、上・下巻2冊構成のボリュームからすれば・・・はしょられるとこ...
亡国のイージス (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年7月30日 監督:阪本順治 原作:福井晴敏 出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、チェ・ミンソ、吉田栄作、谷原章介、豊原功補、安藤政信、原田芳雄、原田美枝子、岸部一徳、真木蔵人 『ローレライ』『戦国自衛隊1549』に
『亡国のイージス』 (Rabiovsky計画)
『亡国のイージス』公式サイト 『亡国のイージス』HERALD ONLINE 監督:阪本順治 原作:福井晴敏 音楽:トレヴァー・ジョーンズ 出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市 、中井貴一 、勝地涼 最近、立て続けに映画化されている福井晴敏! 彼の人気小説『
亡国のイージス (世界でいちばん不運で不幸せな私)
今週の一番の話題作品。この映画を見に行った方はかなりいらっしゃると思われる。 何しろ原作はかなりの売れ行きの作品であり、当然、作品に賭ける期待度は相当な物と思う。 私自身は原作を読んではいないがこの作品は映画自身の出来、不出来は抜きにしても、かなりの社会的
亡国のイージス見てきました。 (日々是徒然也。)
はい。見てきましたよ、初日に。そして、またちょっとしたトラブルで、一人で見るハメになりましたよ…(泣)ま、ソレはいいとして。 なんか、結構空いてて、初日なのに…(汗)あまり人気無いのかな〜〜〜。 とか、そんな心配をしてしまった本作品。 さて。ブログを色々読んでみ
亡国のイージス (cococo)
なかなか良かったと思います。原作とは別なお話のようになっていると思いました。ちゃ
◇映画◇『亡国のイージス』(1) 観た!原作を是非予習しよう! (気ままなNotes...)
 先月30日から公開されている期待の新作映画、『亡国のイージス』を昨日、夕方からの回とそれに続くレイトショーの2回を続けて観た(入替が無かったから)。原作読む時間がなかなか取れなくて、上下巻合わせて1,100ページくらいある内のたった200ページくらいしか読めてい
亡国のイージス (lip)
軍事マニアが喜ぶ(?)…でも日本映画としてはよく出来てると思う。 この作品は昨今の例にもれず、小説や漫画が先にあるタイプの現代テロリズムもの。シージャックものなので、スティーブン・セガールの沈黙の戦艦を日本風にアレンジした、と思ってもらえればよいのではな
亡国のイージス (オタクの魂forビギナーズ)
ボク的に今年の邦画では一番の期待作ともいえる“福井晴敏三部作”の大トリを飾る『亡国のイージス』がついに公開。 公開前に産経新聞では毎週火曜日に紙面を1ページも割いて『亡国のイージス』の特集を組んでいました。 主要キャストのインタビューと福井晴敏氏によ
役者の力強さ。画面の弱さ -亡国のイージス- (7/29追加) (Suzuki-Riの道楽)
今年の邦画は「福井晴敏ブーム」だろう。 その真打ちが登場だ。豪華キャスト。海上自衛隊全面協力。 編集とスコアはハリウッドから!と力が入った作品。 監督は「どついたるねん」「KT」の阪本順治監督。 [省略がもたらす結果] 東京湾沖で訓練航海中のイージス
『亡国のイージス』レビュー (西欧かぶれのエンタメ日記)
今日は、実家からチャリで10分のところにあるシネコンで、『亡国のイージス』を観てきました。最近、単館系の作品ばっかりだったので、シネコンは久しぶり。一人で観にきている人も多かったですね。私は、シネコンって、なんだかひとりで入りにくいのですが・・・なんとなく
『亡国のイージス』とにかく生きろ (月曜と雨の日は)
お安く観ました☆その1 福井晴敏氏原作作品の映画化。 原作を読まないで観たので、過去のエピソードとかしがらみとか、登場人物それぞれが持つ考えとか心の動きとか、この人とあの人の間で交わされた感情のもつれとか・・・一部を除きあんまり伝わってきませんでした...
「亡国のイージス」 (Cinema,British Actors)
楽しみにしていた「亡国のイージス」、早速観てきました。 亡国のイージス 「亡国の
亡国のイージス@新宿ジョイシネマ1 (そこに麺があるかぎり 〜(主にラーメン二郎)〜 byどら)
戦後60周年、だがね。 戦国自衛隊1549、終戦のローレライなどの福井氏原作モノをはじめとして、今年は戦争モノが花盛りだぎゃ。ロードショー初日(つまり土曜日)に観て来たがね。初日にしては客の入りがあんまり。客席は半分くらいしか埋まっていない。しかもほとんどがシ.
亡国のイージス (ぷち てんてん)
1日は映画の日ですね〜。話題になっている『亡国のイージス』見てきました。私は原作を読んでいません。(というか読めなかった上下巻・・・(笑))なので、謎だらけの感想です^^;)☆亡国のイージス☆(2005)阪本順治監督真田広之・・・・・・・・「いそかぜ」先任...
亡国のイージス (Lovely Cinema)
シネコンで映画を見るときは通路側の席がお気に入りなのですが、今日は朝一番の上映にもかかわらず、通路側の席が3箇所しかあいてませんでした。いやぁ〜満員御礼でした。普通だったらきっと一番大きなスクリーンで上映されるのだろうけど、ポケモンにとられたぁー!(苦笑
亡国のイージス (かなり週刊:にっき)
「亡国のイージス」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 いやぁ、日本映画
映画「亡国のイージス」が公開!早速、観てきました。 2005-07-31 (ブツヨク人 〜 ブツヨクノススメ 〜)
待ちに待った映画「亡国のイージス」が公開となりました。 早速、観てきました。 公開初日に映画を観たのは初めてのこと!! 監督:阪本順治 出演:真田広之 / 寺尾聰 / 佐藤浩市 / 中井貴一 他 原作:福井晴敏 <映画の感想の前に> 隣のおじさん!うちわを扇ぐ
亡国のイージス (映画バカ一代)
テロリスト達に乗っ取られた戦艦を取り戻すべく、生き残った乗組員が孤軍奮闘して立ち向かう・・・この図式で僕が真っ先に思いつくのがスティーブン・セガール主演作『沈黙の戦艦』である。本作を含め両作とも本物の戦艦の内部で主人公が迫力あるアクションを披露しながらヒ
こんな出来でイージスか (jyakelog)
新宿で亡国のイージスがオールナイト上映だということでaisakaさんと見てきまし
平和なだけじゃダメですか? (多趣味ですがなにか問題でも?)
7/30に公開されたばかりの 「亡国のイージス」を観ました。 (C)2005「亡
亡国のイージス (from the heart)
映画「亡国のイージス」観てきちゃいました! 私が亡国のイージスのオフィシャルサイトの予告を何度も観ていたもんだから それを見ていたダンナがこの映画に興味をもち観に行くことに・・・   この映画はイージス艦もとってもよく出来ていて色々丁寧に作られていた
亡国のイージス (トゥビ・オア・ナトゥビ)
3週連続で日本映画を観てます。珍しい。夏休みでアニメ映画が多く公開されてい
亡国のイージス (わたしの見た(モノ))
「亡国のイージス」 ものすごく努力しましたが、結果が出ませんでした、って感じの映画。 サスペンス、軍事アクション、人間ドラマ、いずれも中途半端。 原作を知っている人にしてみれば、よくまとめていると思うかもしれないが、 未読の者にとって予備知識なしでは厳し
亡国のイージス(7月30日公開) (映画の花道)
 原作・福井晴敏の映画化三部作  ”最後”の盾(イージス)に希望はあるのか?  それとも....... 人気blogランキング←ちょっと休暇中だったので・・ひさしぶりの順位は?! (以下ネタバレ注意!!)
亡国のイージス 映画 (ぼんじん日記)
亡国のイージス 映画 初日の昨日、1回目の上映に行ってきました。 結論から。「
亡国のイージス (Tranquil & Radical)
守るべき国の形も見えず、 いまだ共通した歴史認識さえ持ちえず、 責任回避の論法だけが人を動かす。 国家としての顔を持たない国にあって、 国防の楯とは笑止。 我らは亡国の楯(イージス)。 偽りの平和に侵された民に、 真実を告げる者 やっと観てきました。が、
亡国のイージス (利用価値のない日々の雑学)
今年は本当に良く邦画を鑑賞していると思う。逆に言うと、洋画に期待外れが多くなって来ているのかもしれない。かといって、邦画が然程「期待通り」であったという訳ではないが。ただ、出来、不出来という範疇から考えると、洋画の場合は、「字幕スーパー」という余計な視覚
亡国のイージス (まつさんの映画伝道師)
第169回 ★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  専守防衛の論議。  異論はあると思うが、いくら「理想論」だといわれても防衛費の増大には意味を見出せない。  人間は過去から「学ぶ」ことが出来る反面、「歴史は繰り返す」と
「亡国のイージス」 (Input/Output)
 映画「亡国のイージス」を観た。福井原作映画化三の一(「終戦のローレライ」だけ観ていない)。ヘラルドは前も「K-19」を配給してくれたり、海戦ものをがんばってくれている。原作本のほうは長いので、映画化されて私のような者には内容を手っ取り早く見られて助かった。
亡国のイージス (★☆*:・ Seven Gifts *:・゚☆★)
『亡国のイージス』を観て来ました。すっごく良かったです!!かなりかなり期待して観に行ったのですが、その期待は裏切られませんでした。『ローレライ』は戦艦が全部CGで、それはそれでよく出来ていたと思いますが、やっぱり重量感が無くて物足りませんでした。でも、...
亡国のイージス。 (なんくるないさぁ情報局。)
守るべき国の形も見えず、いまだ共通した歴史認識さえ持ちえず、責任回避の論法だけが人を動かす。国家としての顔を持たない国にあって、国防の楯とは笑止。我らは亡国の楯。 よく見ろ、日本人。これが戦争だ! 原作は、「終戦のローレライ」の福井晴敏。監督は、「どつい
『亡国のイージス』 (ラムの大通り)
-----この映画、もう公開されているよね。 巷で話題になっているみたいだけど、どうだった? 「ぼくの個人的なこの映画への興味としては、 監督があの阪本順治だということ。 『顔』『KT』の彼が、 今年相次いで映画化された福井晴敏の原作に取り組むんだから、 それだけで
果たしてメッセージは伝わったのか? (一路平安。)
「亡国のイージス」。 5月から、みーちゃんと「観に行こうね!」と騒いで、 楽しみに楽しみにしていた映画。 8月4日(木)にやっと観て来ました。 いつもは何も予備知識ナシに観るのが好きなので、 原作とかがあっても読んだりはしないのですが、 なぜか今...
はしょりすぎ?『亡国のイージス』 (固ゆで卵で行こう!)
著者:福井 晴敏 『亡国のイージス』 真田広之・寺尾聡・佐藤浩市・中井貴一など、豪華キャストで、防衛庁・自衛隊の協力の元に撮られた映画『亡国のイージス』観てきました。 結論から言うと・・・なんとも中途半端、そんな印象を受けた映画だ。 ボリュームの
亡国のイージス (It\'s a Wonderful Life)
内容上、男性中心の映画になるので、普段あまるテレビに出ていない キャストの顔ぶれから、骨太な侠気(オトコギ)エンターテイメントを 期待して見ました。そういう部分は期待通りの作品だったと思います。 特に真田広之、佐藤浩市の二人は「映画ばえ」する俳優で...
亡国のイージス (日々徒然ゆ〜だけ)
 何だかねぇ,薄っぺらなんだよ。ニッポンをして,平和を今改めて考えるってのは立派だが,結局頭でっかちな理想論にしか映っていない。  エンターティメントなのか,ポリティカルなのか,観ているこっちもどう観ていいのか非常に困惑する。
亡国のイージス (Diarydiary!)
《亡国のイージス》 2005年 日本映画 福井晴敏さん原作の映画化、海上自衛隊
亡国のイージス (toe@cinematiclife)
この夏の日本の一番の大作は、多分これ『亡国のイージス』でしょう。 どうも、オールスターキャストの作品ってのは、それだけで期待が薄れてしまうけど、「阪本順治」は、『顔』といい、『KT』といいその独特な世界観がとっても気になっていたので見に行ってきた。 まず、
亡国のイージス (a story)
主演真田広之、勝地涼、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、チェ・ミンソ 監督阪本順治 脚本長谷川康夫、飯田健三郎 製作2005年、日本 敵は東京にあり 海上自衛隊のイージス艦を乗っ取って日本を攻撃しようとするグループと、イージス艦を奪還しようとする男たちとの戦いを
『亡国のイージス』、観ました。 (肯定的映画評論室Blog支店)
“平和の価値”について…、“この国の在り方”について…、深く考えさせられる作品だった。ボクたちは、「日本」という平和な国に生まれ、他の国が羨むほどの豊かさの中で育った。映画は、戦後60年の平和がもたらした日本(特に今の若者)の堕落を引き合いにして、「この国
亡国のイージス (ペパーミントの魔術師)
・・・ガラにもないとか言わないで〜。 タダ券もらったんだもーん。(あちこちでコケル音が・・) どーせ難しい話はわかりませんよーだ。 あちこちで読んだんですから。原作読まないとわかんないよぉ〜って。 観客を置き去りにして、しかも一部話が変わるわ、かなりはしょ
映画『亡国のイージス』貴方は何点?(067) (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦
46-亡国のイージス (徒然日誌)
7月いっぱい期限の優待券を購入していたのに、この映画館での映画を見逃しまくり、結局初日ながら「亡国のイージス」に行って来た。 映画の前に原作を読むか読まないかは非常に微妙だと思うのだけど、今回は友人が貸してくれたこともあり、読んでから映画に臨んだ。 「亡国
阪本順治 - 亡国のイージス (2005) (MOVIEVADER)
実家付近にできたシネマコンプレックスで 亡国のイージスを見てきました。 お盆だというのにガラガラの館内。 子供連れが多いのはきっとアニメーション映画が豊富だからだろう。 観客数10人程度のど真ん中で亡国のイージスを鑑賞。 結論から言うと非常に中途半端
亡国のイージス(2005,日本) (The Final Frontier)
 迷いに迷って観てきました。  亡国のイージス  基本的にDeannaは邦画には興味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦国自衛隊1549』を観た時は「こりゃ〜ヤバかろう」と、あまり
映画「亡国のイージス」 (ちょっとひとことええでっかぁ〜♪)
2005年 日本映画監督  坂本順治  原作  福井晴敏  脚本  長谷川康夫・飯田健三郎主演  真田広之、寺尾聡、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、吉田栄作     谷原章介、豊原功補、安藤政信、岸辺一徳、原田芳雄
亡国のイージス (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → 亡国のイージス国家に反旗をひるがえしたイージス艦副長・宮津二佐(寺尾聰)は、全ミサイルの照準を東京首都圏内にあわせる。国家への復讐に燃える宮津から艦を取り戻すために、先任伍長・仙石(真田広之)は、過酷な闘いに挑むが…。金曜日は亡国の
亡国のイージス (any\'s cinediary)
何を守るかじゃない、誰を守るかだ。 <ストーリー> 東京湾沖で訓練中の海上自衛
亡国のイージス (spoon::blog)
国家に反旗をひるがえしたイージス艦副長・宮津二佐(寺尾聰)は、全ミサイルの照準を...
映画「亡国のイージス」を観る (私でもいいですか?)
今日は話題作「亡国のイージス」を観てきました。レディースディなので。 原作は「ローレライ」でもお馴染の、福井晴敏の同名小説。 個人的に、「ローレライ」に満足出来なかった私はこの作品に期待。
亡国のイージス (dim. the movie)
福井晴敏原作の封切映画第3弾で、多分これが真打だろうというはずの「亡国のイージス」。 映画化決定直後頃に原作を先に読んでしまったのでメチャクチャ早くフライングしてしまいましたが、案の定、如月行の「ひどすぎる少年時代」のインパクトが強すぎて本編はさっ
亡国のイージス (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と続く、 福井晴敏原作3部作の最終作。 「戦国自衛隊〜」で若干、自分の中で盛り下がったんですが とりあえず話題作だし、出演者豪華だし観とかなきゃ!と 何かにつき動かされて(?)劇場へー! 「亡国のイージス」2005年公...
「亡国のイージス」 (思い込み感想文)
主役の4人が並んでいるポスターを見ただけで、観たいという気になった。 脇を固めている俳優陣も、今が旬の若手から中堅、ベテランと揃い踏みで見ごたえがあるメンバーが揃っている。 人気、実力ともに備わった4人(3人)の俳優が織り成す物語は、互いが複雑に入り混じっ
亡国のイージス (DVD通販生活)
福井晴敏原作のベストセラー小説を映画化。首都・東京を人質に、最新鋭の防空システムを持つイージス艦“いそかぜ”が乗っ取られた。特殊兵器を東京に向けられ、残された時間は10時間という中で、国家最大の危機に立ち向かう男の姿を描くスペクタクル・エンタテインメント
『亡国のイージス』試写会 (【徒然なるままに・・・】 by Excalibur)
他力本願ばかりだった試写会ですが、ようやく自力で当てました。 ワーナー・マイカル・シネマズ合同の試写会だったので、会場は近所の映画館。それでも場内はほぼ満席だったので、よく当たったなぁと今更のように驚いたりして。 内容は原作読んでないと辛い部分もあり、
『亡国のイージス』  首都壊滅の危機を打開せよ! (enjoy! MOVIE☆LIFE)
ジェネオン エンタテインメント 亡国のイージス 出演■真田広之、佐藤浩市、中井貴一、寺尾聰  他・・・ 監督■阪本順治 <ストーリー> 東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長は、先任伍長の仙石
亡国のイージス (いつか深夜特急に乗って)
「亡国のイージス」★★★(名劇1) 2005年日本 監督:阪
亡国のイージス (Rohi-ta_site.com)
DVDで、出演:真田広之/寺尾 聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地 涼/岸部一徳/平泉 成/原田美枝子/原田芳雄/原作:福井晴敏/脚本:長谷川康夫/飯田健三郎/監督:阪本順治/作品『亡国のイージス』を観ました。 ●ストーリー イージス艦“いそかぜ”の先任伍長・仙石(真田広之)
亡国のイージス 06年1本目 (猫姫じゃ)
亡国のイージス 本数リセット、06年1本目からいきます。 原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。 もう、すごい引き込まれた。めちゃくちゃ緊迫感があって、見.
亡国のイージス・・・・・・・ (サクっと)
亡国のイージス 戦国自衛隊1549に続いて福井晴敏もの第3弾 「亡国のイージス」 自衛隊のことはよく知らないですが、イージス艦ってゆーのは聞いたことあります あまり期待しないで見たほうがいいのかなぁ・・・・・・ 
亡国のイージス (グレート・タカの徒然なるままに…)
福井晴敏原作の戦争物SFアクション映画。 真田広之、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、岸部一徳、原田芳雄ほか豪華なキャスト陣。 原作は未読なので、意味がよくわからないシーンも多々あったが、まあまあ面白かった。 序盤から、中盤にかけては緊張感があってよかった.
映画『亡国のイージス』 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
小麦粉をベースに「スピード」と「ダイ・ハード」と「シュリ」を一掴み振りかけて、日本風味でダイエット向きのお好み焼きにしたのが、この作品・・・。 イージス艦シージャックの背景やら動機やらは、いまいちインンパクトに欠けるが、スピードとスリル ...
亡国のイージス (土曜の夜は・・・)
story 人気作家、福井晴敏の同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した海洋サスペンス・アクション。海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦を乗っ取り日本国家に空前
亡国のイージス  (真っ赤なメガネの言うことには)
亡国のイージス 2005年 潜水艦もいいけど イージス艦もいい!! 観てきました。 パピーとの約束だったのよね 見に行こうって。 ウチのパピーは船系が大好きなので もうど真ん中ストライクみたい 原作も読了してて どう?って聞いたら 「うん  ...
亡国のイージス  (真っ赤なメガネの言うことには)
亡国のイージス 2005年 潜水艦もいいけど イージス艦もいい!! 観てきました。 パピーとの約束だったのよね 見に行こうって。 ウチのパピーは船系が大好きなので もうど真ん中ストライクみたい 原作も読了してて どう?って聞いたら 「うん  ...
『亡国のイージス』’05・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじイージス艦「いそかぜ」副長の宮津(寺尾聰)は某国対日工作員ヨンファ(中井貴一)と共謀して艦長を殺害し、「いそかぜ」を乗っ取った。先任伍長の仙石(真田広之)が一人で艦を取り戻しに向かうのだが・・・。感想昨日、TVで放送されてた映画です。産 ...
映画・亡国のイージス〜四大スター競演! (名作玉手箱!〜映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
映画・亡国のイージス、見ましたが予想以上に面白かったです。真田広之・中井貴一・佐藤浩一・寺尾聰など主役級のスターが競演しますが、真田さんが主役のようです。自衛隊を舞台にした架空の話なわけですが、設定が破天荒なわりにはリ