xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「きみに読む物語」劇場にて

2005年02月06日 | cinema
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。
『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。

原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読む物語』。


白鳥が羽根を休める美しい湖のほとりにある療養施設に一人の初老の女性がいた。『彼女』(ジーナ・ローランズ)は全てを失っていた。自分の過去の記憶を、そして自分の名前すらも・・・ そんな『彼女』を毎日訪ねる初老の男。『デューク』(ジェームズ・ガーナー)と名乗る男は、『彼女』にアメリカの古きよき時代の一つの恋物語を読み聞かせていた。
1940年夏 ノース・カロライナ州シーブルック。渡り鳥も飛来する河を持つこの町に、南部の大都市チャールトンから良家の娘『アリー・ハミルトン』(レイチェル・マクアダムス)とその家族が夏休みを過ごす為に別荘にやってきた。カーニバルの夜、『ノア』(ライアン・ゴズリング)は『アリー』に一目ぼれし、動く観覧車に飛び乗りデートの約束を取り付ける。親友の協力のもと劇場で映画を見た後、誰もいない通りの真ん中で戯れる二人は急接近、熱い恋に落ちるが・・・


感動しました。もしかしたら人にとって一番幸せなラストなのかもしれません。


夕陽の映える湖を横切る赤く染まった白鳥たち、そしてその下を一艘の手漕ぎボートがほとりに向かって進んでいく・・・そんな美しい映像に作品への期待が高まります。そして過去と現代を行き来しながら、ノートブックに書かれた物語が語られていくうちに、いつしか『彼女』の立場で聞いている(見ている)自分がいました。
物語中盤まではノートブックに書かれた出来事を中心に綴られていきます。若い二人の出会いと別れ、そして再会・・・それらの恋の想い出をノートブックに綴ったのは誰あろう・・・
物語の後半、一度は起こったかに見えた奇跡。『デューク』はそれが長く持たないことを知っています。きっとそうやって何度も何度も読み聞かせてきたであろう事が読み取れます。そしてラストに訪れた真実(ほんとう)の奇跡。涙がにじんできてちょっと画面が見づらくなってしまいました。


物語のキーワードは「鳥」です。ラストシーン、『デューク』が『彼女』に囁いたひと言はとても深い意味を持っていると思います。あの飛び立った鳥たちの中に二人もいたのかもしれませんね。


評価 星 いつつ(満点)


公式サイトはコチラ
きみに読む物語@映画生活


P.S.1
この作品はどんな世代の人にも受け入れられる作品だと思いますが、特に今初恋真っ只中の中・高校生にこそ観て欲しいですね。

P.S.2
この作品を観るにあたり、老人性痴呆症について予習しておくと作品への理解度が高まるかもしれません。
老人性痴呆症について
老人性痴呆症、特にアルツハイマー病は病状の進行を遅くすることは可能でも、治癒させることは現代医学では出来ないそうです。この事を知らないと作品中の奇跡も理解できません。

P.S.3
上映直後にケミストリのコメントがあるらしいです。興味のある方はどうぞ(私はエンドロールが終わったら席を立ってしまいましたが・・・)


このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク

2004年のレビュー一覧はコチラ
2005年前半のレビュー一覧はコチラ
2005年後半のレビュー一覧はコチラ


Amazonで買う

きみに読む物語 プレミアム・エディション

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る

きみに読む物語 スタンダード・エディション

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る



きみに読む物語
関連

ニコラス・スパークス著作関連
ジェームズ・ガーナー 関連
ジーナ・ローランズ 関連
ライアン・ゴズリング 関連



Amazon DVD ランキング

Amazon 今のベストセラー


ブログランキングネット
ご近所さんのブログご近所さんのブログ



『映画』 ジャンルのランキング
コメント (45)   トラックバック (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Dr.コト−診療所 第16巻」購入 | トップ | 「悪い女 青い門」韓国映画 DV... »
最近の画像もっと見る

45 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たのしみです (ありさか)
2005-02-06 21:13:03
劇場予告をみて(感動モノはひとりで)見に行こうって決めてました。

こちらで感想を読ませていただいて 彼氏と二人で見に行く事にしました。

楽しみです。

アレキサンダーも話題作で楽しみなんですけど。

ビックリ・・・ (xina-shin)
2005-02-06 21:22:28
まだエントリの微調整をしている段階でのコメントに、ビックリしてしまいました。



>ありさかさん

コメント感謝です。この作品は是非恋人二人で見て欲しい作品です。(でも彼氏眠っちゃうかも・・・)

ラスト (とも)
2005-02-06 21:57:58
TBとコメントありがとうございます。

あのラストは本当に素晴らしいなと思いました。

鳥たちは元にいた場所に戻っていくんですよね。



ちなみにケミストリーさんはTVCMのコメントとほとんど同じだったのでちょっとがっかりでした。

でも再び流れる映画の名場面とともに、二人の歌が堪能できたのでなかなかよかったですよ。
TBありがとうございます (tkawamu)
2005-02-06 22:02:45
ケミストリーのコメントは、いらなかった気がします。せっかく感動していたのに、ちょっと気分が冷めてしまいました。歌だけ聞きたかったです。
いい映画でした (でんでん)
2005-02-06 22:05:01
トラックバックありがとうございます。今年に入って映画を観て涙づいているのですが、本作も例に漏れず。単純なお涙頂戴な映画で無かったですね。琴線に触れるエピソード、特に晩年の二人が良いです。そして自分の人生で同じ充実が得られるか、ちょっとだけ考えさせられました。



ちなみに今週末から観たい作品が多そうなので「アレキサンダー」はパスする予定です。
こんにちは (コデマリ)
2005-02-06 23:23:34
はじめまして☆トラックバックありがとうございます。。。

今「きみに読む物語」とっても観たい映画の1つなんです!!

映画とっても大好きなんでまたここに遊びにきます☆

TBありがとうございます。 (とも(僕の宝物の住人))
2005-02-08 13:02:37
最後の終わり方は憧れます。。

二人はお互いの思い出に浸りながら、同時にこの世を去ったんですもの。
はじめまして (ぽっぷ)
2005-02-08 13:25:12
xina-shinさん、はじめまして。

ぽっぷといいます。



TBありがとうございました。



この映画に関して100点満点!とはいかなかった僕ですが、二人のまっすぐな愛には大変、憧れます。



うーん、自分が得られないものだからかなぁ。



では、また、寄らせていただきますね。
TBありがとうございます! (ピョン☆)
2005-02-08 13:32:03
たとえ別れてしまっても、ずっと忘れられない人っているのでしょうか・・・再会した2人の愛の深さにちょっぴり嫉妬してしまいました!笑

まだまだお子様な私は今の恋愛が精一杯です☆

はじめまして (petite_nori)
2005-02-08 19:10:51
xina-shinさん、こんにちは。

TBありがとうございました。

実は私の住む町の映画館では、まだ上映されていないんです。ちょっと驚きですよね・・・。

公開されるまで待とうかと思ったのですが、やっぱり早く観たいので、ちょっと足を伸ばして上映されている映画館に行ってみようと思います。

その前に、老人性痴呆症について予習して行きます。
TBありがとうございます (あんず)
2005-02-08 20:59:15
はじめまして。

TBありがとうございました。



母が脳外科に入院していた事があるので

あの時の父と母がダブってしまって涙、涙でした。





TBありがとございます! (まり)
2005-02-08 22:11:43
私は今週の金曜日に見に行く予定です^^

もうあのコピーを見ただけで涙です^^;

こういう映画はみんなに見て貰いたいと

思い取り上げました^^

日曜にはオペラ座の怪人見に行ってきます

また、お邪魔させ頂きます^^
TBありがとうございます (あんずのひとりごとのあんずです)
2005-02-08 23:01:20
とても良かったと思います…主人と一緒ではなかったのですが、1人で見たのはそれはそれで良かったです…



内科勤務なので(看護師さんではありません)老人性痴呆は抵抗なかったですが、知らない方は理解しずらいものなんですね…でも、理屈抜きでよかったです
初めまして (imo)
2005-02-08 23:23:28
and TBありがとうござました。

私はまだ未見なのですがとてもいい映画だったようですね。期待が高まりました。
はじめまして! (夏恋karen)
2005-02-08 23:35:37
トラックバック、ありがとうございました!



>あの飛び立った鳥たちの中に二人もいたのかもしれませんね。



レビューのこの部分にしびれました(笑)

美しい物語ですが、誰の心の中にもある恋物語だと思います。いろんな世代の人がそれぞれに思いを抱いて観れる秀逸なラブストーリーですね!
こんばんは (robo37)
2005-02-09 23:13:43
TBありがとうございます。

>『デューク』はそれが長く持たないことを知っています…

ここが一番個人的にグッと来ました。



またお邪魔させていただきます。でわでわ

ありがとうございました (みみこ)
2005-02-10 00:33:40
はじめまして

TBありがとうございました

キーワードは鳥・・。そうでしたね。

若い2人はロマンチックでしたが、

年老いた2人の現実はとても厳しいものでしたね。

それでも変わらない愛って・・やっぱり素敵

ですよね。
TBありがとうございました (SAUCE)
2005-02-10 10:00:26
トラックバックありがとうございます。

韓国映画にたくさんコメントがあったので

参考にさせていただきます。

私もシュリから韓国映画、韓国にはまってしまいました。
初めまして (falco41)
2005-02-10 10:08:20
TBありがとうございました。

本当は地味な内容なはずなのになんであんなに泣けるんでしょう(笑)。

とにかくいろんな人に観て貰いたい作品ですよね!。
Unknown (hiro)
2005-02-11 02:00:35
TBありがとうです。内容はもちろん俺は、あの美しすぎる風景に見とれてしまいました。また見に行きたくなる映画ですね。
TBありがとうございました。 (かおりん)
2005-02-11 07:43:15
介護に疲れて…とかいう事件が多いなか、

この映画は本当に感動的ですよね。

私には出来ない無償の愛を感じます。

ラストは最高でしたが、

個人的には湖の白鳥のシーン、

背中がゾクゾクしました(*^_^*)
TBありがとうございました。 (あおぞら)
2005-02-11 12:06:42
TBありがとうございます。

落日が人生の終焉と重なるように、愛する人の手を握り最期を迎えるラストシーン・・・ステキでした。

いろんな人生にさまざまな恋愛のカタチがあるかと思いますが この映画の愛は心に染み入る物語でした。
はじめまして!(*^v^*) (fire1000)
2005-02-11 14:00:31
TB、ありがとうございました!今後ともよろしくです(^_-)-☆
僕も星5でした ()
2005-02-13 17:41:29
すごく泣けました(*ノ-;*)

TBさせて頂きますm(._.*)m

Unknown (nicoco)
2005-02-13 20:58:01
お世話になっておりますm(_ _)m

久しぶりに掃除の方が来られるまで、泣いてしまいました^^;
TB有難う! (potosu)
2005-02-13 22:24:26
こんばんは。

まあ最近の映画にしては、良い方ですね。

あの年代は、結構懐かしい感じで・・

結局の所、若い頃あんなに情熱的でも最後は

こうなって行くって人生は短いですね。

後悔のない人生を送る為には

自分の生き方を真剣に考えた方が良いと思います。

人間の一生ってこんな風なんだって

今を本当に大事にしなくっちゃって思いましたね。

ラブストーリー♪ (@kei)
2005-02-13 23:25:58
最近は、恋愛映画を観るたんびに泣いているような気が・・・(笑)

この映画も、素直に感動できるいい映画でした。

TB★☆。.:*:・\"゜★(\'-^v)Thanks(v^-\')★。.:*:・\"☆★ (himekuma)
2005-02-14 13:24:22
TBありがとうございました。

私もさせてもらいます。

久し振りに凄く映画を観ることができて、熱く語ってしまいましたが凄く評判がいいようなので安心しました。

はじめまして。 (ジョニー)
2005-02-14 22:55:53
TBありがとうございました。

最近はめっきり映画の回数が減ってしまったのですが私も映画大好きです。

これからも機会がありましたら遊びにいらしてくださいね!
TBお世話になりました! (>ツボヤキより)
2005-02-14 23:09:57
すっかりご挨拶が遅くなってすみません。

どうも、当方は言いたい放題の我儘でイカンです。

お許しください、って言うなら書くなよ〜〜ですね。

スミマセンです。

ところで、この時間は、TBもコメントも結構どこも混雑しているよーですね。やっと辿りつきました(苦笑)。

エターナル・サンシャインも日本の公式サイトには妙な歌が入っていてビックリしました。映画館でも流れるのか、ちょいと不安です。



初めまして (yocco)
2005-02-15 16:38:24
TBありがとうございました



夫にはタイトルだけを伝え、なんの予備知識も入れずに観に行ったのですが

自分の予想を裏切って、素晴らしい映画だったようです

もちろん私も星いつつです

涙、涙でした (としちゃん)
2005-02-18 23:18:29
TBありがとうございました。

ラストシーン、「これはちょっとありえない!」とは思ったけど、それでも「あ〜良かった」って思いましたね。あれは奇跡だ!
はじめまして (たか吉)
2005-02-19 02:26:29
トラバありがとうございます。

本当にいい映画でしたね。

「愛って素晴らしい」って素直に思えました。
すごいですね! (bins)
2005-02-26 20:10:14
はじめまして!

トラックバックありがとうございました。

xina-shinさんのブログも、こちらのコメントも全て拝見

させていただきました。

すごい数のコメントとトラックバックにビックリしてます。

でもそれだけこの映画の反響が大きいということですね。



エンドロールの後はケミストリーのコメントだけではなかったですよ。

おまけ映像が・・・。

これがなかなかよかったです。
TBありがとうございました♪ (CHIKO)
2005-02-26 21:32:24
痴呆や介護など、現実的な問題を乗り越え、年老いてなお、お互いを思いやり愛し合う・・・人生において究極の贅沢ですよね。

皆が望む人生終焉のパターンのひとつでしょうね
TBありがとうございました。 (うめ)
2005-03-09 16:24:39
久しぶりにお金払って観てよかったと感じる映画でした。

素直に泣きました。



“同じベッドで抱き合って死ねるならね...”って歌詞がある、大好きな歌を思い出しました。



私の評価も星いつつです。

トラバさせていただきますね。
TBありがとうございます! (MATU)
2005-03-10 10:31:57
凄い反響ですね、この映画!



エンドロールのケミストリーの特典(?)映像

コメントはさておき、流れている映像は

「いい場面集めました」的な感じで、

映画が終わって一息といった時に、

また再び涙が溢れて溢れて・・・。



とにかく、「予想よりも断然良かった!」

というのが、正直な感想でした。

TB (hd-sn-fxsts)
2005-03-12 02:46:53
 まだ、ブログ初心者なのですが、TBって逆リンクの事ですよね。僕の何気ない記事を見てそうしていただけたのなら、非常にありがたいです。

 ちょこちょこですが、映画を見に行きますので、心に残る作品に出会えた時、また記事にしたいと思います。もし、合致する作品がありましたら、感想等読みにこさせていただきます。
TBありがとうございます! (beautifulstar)
2005-04-02 20:05:06
この映画、とてもよかったです。

私には、ずっと心に残るだろうなっていう作品でした。
TB有難うございました。 (べる。)
2005-04-02 21:59:02
TB有難うございました。

この作品の景色はすごくきれいだと思いました。

また、あの時代の女性の服装もステキだな〜なんて思いました。

最近、ここまで純粋な恋愛映画はなかったように思います。

また、数年後に見てみたいですね。

こちらからもTBさせて頂きます。

最後に、お礼のコメントが遅くなり申し訳ありません。

はじめまして (KAB)
2005-04-03 23:02:50
TBして戴きましてありがとうございます

こんな終末を迎えられる夫婦、いいですね
TBありがとうございました☆ (まいこ)
2005-04-04 22:14:40
 はじめまして。TBありがとうございました♪



 愛している人が、たとえどんな状態になっても愛し続けるということは難しいかもしれないけど、でも、あこがれますねぇ
Unknown (nihonmitubati)
2005-10-03 00:57:23
はじめまして!

トラックバックありがとうございました☆



TBって略すのですか?

実はまだブログを初めてから日が浅く、

TBの方法や、意味がよくわかっていません

よかったら教えてもらえませんか?

TBありがとうございます (forestblue)
2005-10-03 11:12:24
こんにちは

TBありがとうございました。

こちらからも させて頂きました♪

Unknown (キノコ)
2005-10-30 14:38:08
TBさせていただきました!!

この映画は高校生のおいらは

すごくすごく感動してしまいました

初恋ですね〜〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

91 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『きみに読む物語』を鑑賞 (PlaceboCinema)
最後の10分くらいずーっと泣いてました。 涙が止まらないんですよ。 悲しいというか切ないというか。 この作品は簡単に言うと若い二人の純愛物語が軸です。 内容も一度は聞いたことがあるような話で、結果も予想できてしまうと思います。 けれど、男性が女性に「物語
『きみに読む物語』 (京の昼寝〜♪)
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失
きみに読む物語 (I LOVE CINEMA +)
The Notebook Nicholas Sparks 2004年 アメリカ 123分 監督:ニック・カサヴェテス 出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローランズ 、ジェームズ・ガーナー 真っ赤な夕焼けに包まれ、ボートが河を滑っていく美しいシーンから始
再掲『きみに読む物語』日和 (茉莉花日和)
『きみに読む物語』 (満足度★★★☆☆) 監督:ニック・カサヴェテス 出演:ライアン・ゴズリング レイチェル・マクアダムス ジーナ・ローランズ 他 《純愛》…である。 またしても、である。 多少辟易しながらも、ロマンス小説を読むような(いや、あたし
きみに読む物語 \\"THE NOTEBOOK\\" (Cat Tail * cinema)
  きみに読む物語  原作:ニコラス・スパークス 監督:ニック・カサヴェテス 出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ     ジェームズ・ガーナー、サム・シェパード、ジョアン・アレン 他 公式HP 2004年*アメリカ*123分
『きみに読む物語』 (ぺぺのつぶやき)
米 2004年 123分 監督 ニック・カザヴェテス 原作 ニコラス・パークス 製作総指揮 トビー・エメリッヒ 、アヴラム・ブッチ・カプラン 脚本 ジャン・サーディ 、ジェレミー・レヴェン 音楽 アーロン・ジグマン 出演 ライアン・ゴズリング、レイチ...
きみに読む物語 (Groovy Groovers)
原題: THE NOTEBOOK 監督: ニック・カサヴェテス 制作: リン・ハ...
「きみに読む物語」を見に行きました。 (blog@Junkie Surfer Notes)
「きみに読む物語」を見に行きました。
「きみに読む物語」評 (I N T R O + UptoDate)
今週の一本に、百恵紳之助による「きみに読む物語」評/ああ、ラブラブ!を追加。 「きみに読む物語」は、アルツハイマー症を患い、過去の想い出をすべて失ってしまっている初老の女性の元に足繁く通い、彼女に「とある物語」を語り聞かせ続けている初老の男性の物語。彼が語
きみに読む物語 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
愛は永遠」と言う事を教えてくれた映画でした。現代社会では枯渇している人間同士の触れ合い、本当の愛情を表した映画だと思います。 今は自分が誰なのかも覚えていない妻を思い出させる為にひたすら与えるだけの愛は本当に素晴らしい。心の底から愛情が深くないと出来ない
■ かなりいけそう!この作品(´▽`) ■ (☆ わずらわしぃNOTE ☆)
先日アップしたばかりのこちらの作品「きみに読む物語」(原題:The NoteBook) ジーナ・ローランズつながりでピックアップしましたが、今回は主役の ライアン・コズリング君に注目いたしました。。☆ インタビューで自分の顔はラブストーリーが似合わない
こてこてラブ・ストーリー『きみに読む物語』評 (VIVA!ちどりあし)
本日も引き続き風邪で会社をお休み中。 週末、お台場に映画を見に行ってきた。 海に焦がれて焦がれてしょうがないため、 どちらかというと映画を見るためというより、 お台場に行くこじつけとして映画を持ち出したわけだが やっぱり波のない海は海じゃないね。湖みた
「きみに読む物語」 (The Notebook) (俺の明日はどっちだ)
今から25年前に公開されたニューヨークを舞台としたハードボイルド映画の傑作「グロリア」はとっても好きな映画だった。 で、その映画で映画史上に残るヒロインとまで言われた主演のグロリアおばさんを演じていたあのジーナ・ローランズが出演し、しかもその「グロリア」の監
きみに読む物語 (あんずのちっちゃなごちそう日記)
去年同様今年も泣ける映画が流行るとか。。。 とても素敵な映画で久しぶり泣けました。゜゜(´□`。)°゜。 しかもドキドキしました。このドキドキ感は何? 是非、映画館でご覧ください わたし  ★★★★☆ (美しいすぎて。。。。) 主人   ★★★★
きみに読む物語 (花ごよみ)
冒頭の夕日のシーン、美しい。。。。。  貧富の差や身分の違いなど通俗的なストーリーを 美しい映像とちりばめられた楽しいエピソードが 心うたれるラブストーリーへと昇華させていきます。  若い二人いいですよ。 
きみに読む物語THENOTEBOOK (映画に恋してる)
いつまでも、どこまでも、ふたりで一緒に歩いてゆこう・・・。白鳥の舞い降りる湖の見える窓辺でたたずむ一人の老婦人。彼女がいつも怯えているのは、帰りたいのに帰り着けない場所があるということだけは理解できているから。美しい風景の向こうにある記憶のかけらを、た...
きみに読む物語 (ネタバレ映画館)
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか?  恋人同士で観に行くのはやめたほうがいい。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけがないからだ。い
映画『きみに読む物語』 (EVERSMILE(エバースマイル))
きみに読む物語原題:The Notebook監督:ニック・カサヴェテス脚本:ジャン・サーディ、ジェレミー・レヴェン音楽:アーロン・ジグマン出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー、ジョーン・アレン製作:2004年、ア
「きみに読む物語」 ☆☆ (とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ)
直球も直球、見事なストレートでした。 ハートのど真ん中にズドンとくる恋愛映画になっています。 悪球打ちが信条の私のハートには届きませんでしたが、劇場のあちこちから鼻をすする音が聞こえてきました。 内容は予告編そのままなので、あまり言及するところがないの
きみに読む物語(2/8 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『ひとつの決断で最高のパートナーを得る至福』  私の好きなジャンルの映画であり、公開を楽しみにしていました。  とはいうものの、予告を観ているときは、若い2人の恋愛が主体なのだと思っていました。  ところが、観ていくうちにその考えが短絡的であったことがわか
きみに読む物語 (ちょっとお話)
きみに読む物語 (2004 アメリカ)きみに読む物語・・行ってきました。場内すすりなく声がいっぱいしていましたよ。このお話は、老人パートと若者パートで構成される映画ですが、若者のストーリーのほうが時間的にも内容的にも濃いです。以下HPにUPしたものを多少端折っ
■映画「君に読む物語」(原題:The Notebook)★注意:ネタバレ近し (ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY)
映画「The Notebook」(邦題:君に読む物語) Directer:Nick Cassavetes ニック・カサヴェテス Screenwriter:Jeremy Leven ジェレミー・レヴィン Cast:James Garner ジェイムス・ガーナー Gena Rowlands ジーナ・ロウランズ Joan Allen ジョアン・アレン Ryan Gosli
『きみに読む物語』2回目を観て来ました!。#47 (風景写真blog/Happiness infected...)
感動のラブストーリー映画 [制作データ] 2004米/ギャガ=ヒューマックス [上映時間] 123分 2回目の観賞はリピーター割引!千円が適用されます!さて、箱は定員181名の比較的小さめの箱。”ラブストーリー”と言う事もあってかペアや女性が多い様に感じた。。製作陣
きみに読む物語 (かおりん。)
火曜日の休みに、友達と映画を観に行った。 車がないので、市内のボロ映画館で観た。 今回の映画は「きみに読む物語」。 7年後に再会した二人がボートに乗って 白鳥(アヒル?カモ?よく分からん)が、 大量に居る川(湖?よく分からん)をゆっくり進むシーンが かなりロ
きみに読む物語 (2004/米) (虫干し映画MEMO)
THE NOTEBOOK 監督: ニック・カサヴェテス  出演: ジーナ・ローランズ ジェームズ・ガーナー ライアン・ゴズリング レイチェル・マクアダムス  老人療養施設で暮らす女性に、物語を聞かせる男性。  それは、一目惚れから始まった若い、激しい恋の物語だった…  
純愛とは呼べない・・・では、なんと・・・?(きみよむの一撃!) (おもむくままに・・・!)
”きみに読む物語”  観ました!! 泣きました!!  ストーカーの行動にも似た若き青年の日の求愛とそれを受け止めた17歳の無分別。 世間知らずが引き起こす 大人の世界での風聞。  すべて今、私たちの周りにも形を変えて存在する恋愛模様、人生模様なのです。 それ
きみに読む物語 (2004) THE NOTEBOOK 123分 (極私的映画論+α)
とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライ
cinema (Beija-flor)
今日は「きみに読む物語」という映画を友達と観に行きました。
きみに読む物語 (happy-go-lucky)
      ★ネタバレ注意{/ee_3/} いずとよく老人になった時の話をする。 うちの婆ちゃんは10年前にアルツハイマーを発病した。 だから僕にとって身近に感じる問題だからだ。 いつもきまってその話は、 いずは身体が小さいし年上だから僕が面倒みる。 僕は施設に入れ
きみに読む物語 (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「いつかオレも、誰にも負けないくらい命がけで誰かを愛したと胸を張りたい。劇的なドラマは何一つない。そこにあるのは、ただただ純粋に愛した気持ちだけ。文句なしに泣けるラブストーリー。」 今日2本目は2月の本命「きみに読む物語」です。これが今年21本目の鑑賞です。
きみに読む物語・The Notebook (CinemaCoconut)
永遠の愛の物語・・幻想ではない。誰にでも起きるというわけではないけれど・・起きるであろうと信じたくなる物が存在する。。
「きみに読む物語」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
今年はなかなかこれぞお勧め!という作品がなかったのですが、 やっと面白いと思えたのがこの映画「きみに読む物語」。 過去の思い出を失ってしまった初老の女性(ジーナローランズ)に 若い男女の恋愛物語を読み聞かせるデュークと名乗る男性(ジェームズガーナー)。 彼.
「きみに読む物語」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
今年はなかなかこれぞお勧め!という作品がなかったのですが、 やっと面白いと思えたのがこの映画「きみに読む物語」。 過去の思い出を失ってしまった初老の女性(ジーナローランズ)に 若い男女の恋愛物語を読み聞かせるデュークと名乗る男性(ジェームズガーナー)。 彼.
『The Notebook』 (The Blue Knowhere)
『The Notebook』観てきました〜。 ストーリーは・・・、療養所に入院している痴呆症の老婦人(ジーナ ローランズ)の元に、足繁く通う老人(ジェームズ ガーナー)が、ある物語を読み聞かせる。 それは、ひと夏の、南部の小さな町で始まる物語。 物語の主人公は、休...
きみに読む物語 (***SU MISURA***)
昨日は、「きみに読む物語」を観にいってきました。 久し振りに凄く泣き、涙が止まりませんでした 家に帰ってきても、まだ余韻が・・・ それほど話題になっていないし、目新しいストーリーではないかもしれないけれど、 本当に観て良かった、もう一度観たいと思え...
きみに読む物語 (NaoLOG)
原作:THE NOTEBOOK ニコラス・スパークス 全米450万部の大ベストセラー「きみに読む物語」はニコラス・スパークスの長編処女作で「メッセージ・イン・ア・ボトル」は彼の2作目。 監督:ニック・カサヴェテス 主演:ライアン・ゴズリング(ノア) レイチェル・マクア
きみに読む物語 (2アウト満塁!)
今日はヴァレンタインデー... そのヴァレンタインデーに最もふさわしい素晴らしいラブストーリーです アリーは回復の見込みの無いアルツハイマーで施設に入っている そこにはアリーに毎日、若い恋人達の物語を読んで聞かせる老人がいた それは自分がアルツハイマーに罹患し
きみに読む物語 (今夜、スクリーンの前で)
評価・・・★★★☆☆   本日は私のホームグラウンド(と勝手に決めている)ユナイテッド・シネマ新潟に行ってきました。まず最初に選んだのは「きみに読む物語」   素敵なお話でした。若い頃の激しい恋愛(ヒロインに対し、「キミ17歳じゃないだろ」という
きみに読む物語 (Teralinの覚え書き)
号泣というわけではないけれど、じわじわと涙が溢れる、そんな映画でした。 ストーリーは とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女性はしかし、情熱にあふれた若い時代の想い出をすべて失ってしまっている。そ
きみに読む物語@川崎チネチッタ CINE7 (英亭 hanabusa-tei 映画日誌)
好きな人と観れば愛が深まり、一人で観れば愛が生まれる。観終わった後にじんわりと感動が込み上げてくる珠玉のラヴ・ストーリー。人生こんな最期を迎えられたら至福でしょうね。(評価:★★★・) 作品:きみに読む物語 (スコープ/SRD/123min/字幕:下) 劇場:川崎C
きみに読む物語 (怒りの鉄拳)
『メッセージ・イン・ア・ボトル』などで知られるニコラス・パークスのベストセラー小説を映画化。身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛と彼らの行く末がつづられる。監督の母親でもあるジーナ・ローランズといえば「グロリア」から22年、貫禄は相変わらず、まけじ
【きみに読む物語】 (ココアのお部屋)
ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ出演の ラブストーリー。 公開日:2月5日 ☆ストーリー☆ とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。 老いこそは迎えているが、たたずまいも美しく過ごす彼女はしかし
「きみに読む物語」に感涙(´;ω;`) (まっちゃLatte〜彼女の浸かる日々)
■「純愛」アレルギーの私でしたが・・・ 純愛モノばやりの近頃の日本ですが、私はこの「純愛」って言葉が安易に使われすぎてる気がして嫌でした。 「セカチュー」も「冬ソナ」も「今、会い」も、それなりに良い作品なのでしょうが・・・ 「純愛」って流行るものなの?も
きみに読む物語 (Lovely Cinema)
昨日私が出かけた先は、シネコンではなくて会社です。(涙)休みが1日しかないと・・・なんか調子狂っちゃいますねぇ〜〜!休みが1日じゃ〜たりん! ということで今週は時間がなくて前置きを書いている暇ないので、このへんで本題にはいります。
きみに読む物語 (It\'s a Wonderful Life)
THE NOTEBOOK(2004) いい映画なんだけど、なんとなく惜しい映画です。 個人的には現在から「過去に遡る」物語って好きな映画が多くて、 大好きな「素晴らしき哉、人生!」もそうだし、「ニュー・シネマ・パラダイス」 また「Love Letter」なんかもそうですね。 ..
きみに読む物語 (It\'s a Wonderful Life)
THE NOTEBOOK(2004) いい映画なんだけど、なんとなく惜しい映画です。 個人的には現在から「過去に遡る」物語って好きな映画が多くて、 大好きな「素晴らしき哉、人生!」もそうだし、「ニュー・シネマ・パラダイス」 また「Love Letter」なんかもそうですね。 ..
映画『きみに読む物語』★★★★☆ (卓之介の場合)
今日は仕事の調子が悪かったから映画はどうしようか迷ったのだけれども、午後からはそこそこの調子に戻ったので仕事のあとに「きみに読む物語」へ。映画館はメンズデー。世の中はバレンタインデー。カップルが多かった。ちなみにチョコは仲の良いパートのおばちゃんと常連客
きみに読む物語 (映画を観たよ)
カップルだらけなんだろうなぁ〜と思いながらも 「純愛映画」を一人で行ったんだけど 意外にほとんど女性同士でした。 世の中でブ〜ム?の「純愛」でした。 物語は簡単で創造はつきやすいです。 ですがちょっと違うんですよね〜。 まず主人公のアリーがさっぱりしてるの。
きみに読む物語 (ブラックジャックによろしく哀愁)
著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 タイトル: きみに読む物語 ★きみに読む物語(2月5日公開) 療養生活を送る老婦人(ジーナ・ローランズ)の元に、足繁く通う老人(ジェームズ・ガーナー)が、物語を読み聞かせる。 それは、1940年の夏、南部の小さな町
映画 「きみに読む物語」 (気ままに★まぁるく)
連日の映画三昧、失礼致します<(_ _)> インフルエンザにかかる前に観ようと思ってたヤツなんでね。 やっぱり観ないといけません(笑) 結論: ノアに、こんなに終生愛されて・・・アリーってば、人生の勝ち組ですね(^_-)-☆ 閑話休題(本文まだなのに、いきなり
きみに読む物語 (徒然日誌)
「きみに読む物語」を見に行った。 最近体が疲れているのに朝1ので行ったせいか眠いかーと心配したけど、全然大丈夫だった。 ストーリーは、とある療養所に暮らす過去の記憶をほとんどなくしてしまった女性に少しでもその人生を思い出させるよう読み聞かせをする男性。おじ
君に読む物語★★★☆J・ローランズは素晴らしいです。 (kaoritalyたる所以)
昨晩はもう、我慢の限界っていうか、無性に映画が見たくなって行ってきました。2週間ぶりですね。候補は『ボーン・スプレマシー』『アレキサンダー』『君読む・・』でして、一番早く上映が終了しそうな君読むにしました。素敵なラブストーリーでした。ネタバレするかもし...
『きみに読む物語』(byえいwithフォーン) (ラムの大通り)
------アルツハイマーの夫婦の映画って 『アイリス』があったよね。 「そうだね。でもあの映画に比べてこれは いかにもハリウッド的。 一番の違いは『アイリス』では妻が徐々に正気を失っていく課程を 描いていたのに対して、 この映画ではそれを省き、 かつて、どこかで観た
君に読む物語 (千絵の輪)
今日は朝から雑誌の撮影。 それからイトマコでの時間、 前からずっと見たかった「君に読む物語」を遂に見ました!
きみに読む物語 (映画の休日。)
アルツハイマーの老婦人に、愛を思い出して欲しい一心から、来る日も来る日も、物語を読み聞かせるデュークと名乗る老人。読み聞かせるのは、ノアとアリーの出会い、別れ、そして、再会までの愛の軌跡。
きみに読む物語 (Diarydiary!)
《きみに読む物語》 2004年 アメリカ映画 - 原作 - THE NOTEB
「きみに読む物語」 (ミチミチ)
「きみに読む物語」 原題 ニコラス・スパークス THE NOTEBOOK 監督 ニック・カサヴェテス CAST ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス 友達に勧められて、前から気になっていて見てきました。 大切な思い出と想いを痴呆のために忘れた初老の女性に、物
#4:試写会:きみに読む物語 (::あしたはアタシの風が吹く::)
1月21日(金)[きみに読む物語]の試写会に行って来ました。 純粋で切なく、そして美しい純愛映画でした。。。 ストーリー:公式サイトより −−−−−−−−−− とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女性はし
「きみに読む物語」 (ひらりん的映画ブログ)
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。
きみに読む物語 (impression)
オープニングから真っ赤な夕陽に、ゆっくりボートを漕いで行く老人が一人。なんて素晴らしく、美しいシーンなんだろう!!映画館の大きなスクリーンで見て正解。 この映画の美しい景色を観ているだけでも私は満足の観賞。若い時の熱情、年老いてからの温情、それらを織り交
「きみに読む物語」 (るるる的雑記帳)
「きみに読む物語」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 これが普通だよなぁ、とずっと思いながら観ていました。 深く愛していればこそ最後に一人になるのは怖い、それが極々普通の感情だと。 ノアはきっと子供のことも孫のこと
きみに読む物語(2004)アメリカ (LOOP THE LOOP〜映画・音楽の部屋〜)
「I Love You」の重さを考えさせられる映画
きみに読む物語(2004)アメリカ (LOOP THE LOOP〜映画・音楽の部屋〜)
「I Love You」の重さを考えさせられる映画
きみに読む物語 (金言豆のコーナー)
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね〜。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿と
『きみに読む物語』はじめました。 (ハジメマシタ。)
そろそろ上映おわりそうだから、と『オーシャンズ12』を観に行ったけど 上映時間まで間が空き、“待てない人”である私たちは あっさりと観るもの変更。 2人の意見が合致した『きみに読む物語』鑑賞。 久しぶりに映画館で素直に泣きました。 後ろの席の若い(?)バ
きみに読む物語 (利用価値のない日々の雑学)
この作品をネタバレしない用にレビューを書くのは大変難しいが、既に、シアターやテレビ、サイトのストリーミング等で予告が流れているので、その範囲で書いてみようと思う。 この物語にはまず、根底に「障害」というキーワードを見つけることができる。最初は階級という
きみに読む物語 (シネマ パラダイス♪)
とても美しい映画でした。映像もお話も。どんな年代の人がみてもホロリときてしまうだろうな〜。最近は、死んだ恋人を思う映画が多い中。生きてて永遠の愛がある。って思わせる映画でした。ほんとにそんなものが、あるのかは。。なんともいえませんが。^^;現実味があろうとな
きみに読む物語 (ぷち てんてん)
☆きみに読む物語☆(2004)ニック・カサヴェテス監督ライアン・ゴズリング・・・・・ノアレイチェル・マクアダムス・・・アリー・ハミルトンジーナ・ローランズ・・・・・・アリー・カルフーンジェームス・ガーナー・・・・・デュークジョーン・アレン・・・・・・・アン・...
「きみに読む物語」 (その日 思ったこと。)
おススメ度 ★★★★★ ★★☆☆☆ おススメ度、正確には、6.5点ですが、0.5点が★では表せないので切り上げました。 彼氏から「話が完璧。アメリカの王道的なラブストーリー。」と聞いていたので、 ラブストーリーものが好きな自分としては、 今日は泣きたい気分だ
きみに読む物語 (いつか深夜特急に乗って)
「きみに読む物語」★★★★★(盛岡フォーラム3) 2004年
「きみに読む物語」(劇場) (なつきの日記風(ぽいもの))
牧歌的風景、身分違いの恋、親との軋轢、王道を行くラブストーリー、正統派良い話。抑えた演出が胸を打つ。 原題:「The Notebook」 監督:ニック・カサヴェテス 原作:ニコラス・スパークス 出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローラ
きみに読む物語 (鑑賞文)
タイトル: きみに読む物語 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 二人の愛は永遠に。 そんな言葉が大嫌いだった。 永遠の愛なんてありえない。 結婚して何年も経てば男と女の愛はただの家族愛にしかならないと思っていた。 でもこの映画は
きみに読む物語 (Imagination From The Other Side)
ベストセラーを記録したニコラス・スパークスの原作を映画化した恋愛ドラマ。 出演は、「完全犯罪クラブ」「タイタンズを忘れない」のライアン・ゴズリング、「ミーン・ガールズ」「レッド・アイ」のレイチェル・マクアダムス、「大脱走」「スペース・カウボーイ」のジェ...
きみに読む物語 (befounddead)
THE NOTEBOOK (2004年アメリカ) 2005/7/29@早稲田松竹 そんな予感はしてたんですが、案の定不覚にも泣いてしまいました。なんだかんだいって、この手の映画にうっかり泣かされてしまうこと多いです。あらすじはこことかからどうぞ。 「こんな都合いいことあるか
きみに読む物語 (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) いや〜、良い映画でした。 大まかな内容を知っていたので、多分泣くだろうなぁ〜と思ってはいた のですが・・・やっぱり泣きました。 青春モノ・恋愛モノとしては在り来たりながらも、人間ドラマとして かなり秀逸
君に読む物語 (夜桜)
劇場&DVD鑑賞 原題:ニコラス・スパークス『THE NOTEBOOK』/20
きみに読む物語 (Extremelife)
「メッセージ・イン・ア・ボトル」の著者ニコラス・スパークスの長編デビュー小説を映画化したラブ・ロマンス。運命的な恋に落ちながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の、時を経た永遠の愛をロマンティックに描く。監督は「ジョンQ−最後の決断−」「シーズ・...
君に読む物語 (forest blue)
CMでケミストリーが「今年は『きみよむ』に決定!」とか言ってた映画ですね。 どんなもんだろうと 期待して見ちゃいました。 おじいさんが認知症のおばあさんに 一生懸命自分たちの若い頃の恋愛話を聞かせて 少しでも 記憶を戻してくれたら・・・・という切ない内容
きみに読む物語 (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2005年2月5日 監督:ニック・カサヴェテス 出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、ジョアン・アレン、サム・シェパード、ジェームズ・マーズデン 観終わった作品を返却しに行った
君に読む物語 (永遠の為に…革命詩人の手記)
ようやくDVD借りれました。 人気なんですかね。。ツタヤ渋谷店に行くといつもないんですよね。 人の多いところですから仕方ないですが。。 感想としては、よかったです。 ☆☆☆☆★(4つ)くらいでしょうか。 純愛は純愛ですけど、期待してたほど「純」ではなかった
きみに読む物語・・・・・ (サクっと)
きみに読む物語 スタンダード・エディション 劇場公開時から見たかった 「きみに読む物語」 感動できるってゆーから期待大 
きみに読む物語/ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー (カノンな日々)
「私の頭の中の消しゴム」の記事中でいわゆる「記憶モノ」作品としてこの「きみに読む物語」を紹介されてる方が多いですよね。映画の評判も内容もそんなにはよく知らなかったのですが、レンタルされてたので、私も観賞してみました。 +++ちょいあらすじ
きみに読む物語 (cinema note+)
20
きみに読む物語 (((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル。。。。)
私はありふれた男だ。でも、全身全霊を傾けて愛する女性がいる。 いつでも、それだけで十分だった。(きみに読む物語より) きみに読む物語〜The Notebook〜 この映画はね、、キノコが説明するよりね、、、、  見てください こんな映画に出会いたかったんだよう
きみに読む物語 (Christmas in August)
■ 2004年 アメリカ ■ 監督 : ニック・カサヴェテス ■ 出演 : ライアン・ゴズリング         レイチェル・マクアダムス         ジェームズ・ガーナー         ジーナ・ローランズ         ■ 原作 
「きみに読む物語」 (+++めるぱのひとりごと+++)
出てくるヒトたちは理解があるというか、 (主人公の二人以外)傷ついているんだけど、 あまり表現されていない感じが。。。 でも!彼が若い頃も老いた頃もアリーへの愛情の深さは感動です、涙です。 だって、365日、毎日手紙を書いて送るなんて 羨ましい限り。 認知症.
きみに読む物語 (JiPSNEAKER.BLOG)
ニック・カサヴェテス監督作品 原作 ニコラス・スパークス (「THE NOTEBOOK」) 感動度:★★★★★  おすすめ度:★★★★☆  BGM:★☆☆☆☆ おやすみ。また会おう― そうして鳥達は はばたいていった。 【あらすじ】 療養施設に一人の初老の女性がい
きみに読む物語(DVD) (ひるめし。)
憶えているだろうか。きみは、17歳だった―――。 CAST:ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス/ジェームズ・ガーナー/ジーナ・ローランズ 他 ■アメリカ産 123分 公開当時「きみ読む」って略されて純愛ブームに便乗してたね。(「セカチュー」「い ...
きみに読む物語 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰に ...
レイチェル・マクアダムスが映画「きみに読む物語」で使用したコスメ (映画と海外ドラマとコスメ)
映画「きみに読む物語」でレイチェル・マクアダムスが使用したコスメ。メイク担当は Linda Grimes。 きみに読む物語 スタンダード・エディションライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス 他 (2006/10/27)ハピネッ
きみに読む物語/The Notebook(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[きみに読む物語] ブログ村キーワード君に読む物語(原題:The Notebook)キャッチコピー:誰にでも、帰りたい夏がある。製作年:2004年製作国(アメリカ)配給:ギャガジャンル:ロマンス/ド...