編集 - goo ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

一筋の思い、少し墨香

2017-07-17 15:42:27 | 日記
人生の百態、千滋百味。一部の人は、いくつかのことにになって、ある人、一部の事は私達の中で最も美しい風景。放棄するべきである、大切にするべきであるべきである、というのは知恵と人生の美しさではありません。
閑静閑静。一曲《心》にしっとり雲さざ波、振り返って、光陰は矢の如し、歳月が過ぎて、感慨時間が早すぎると、不意にまたシーズン金夏、優柔な風、煙の小雨、も知らぬ間には蒸し暑い。運命の手配、広大な人込みに出会い、それはこの夏、街は、その入り口の日の夕暮れ……時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて
あなたと私は、初めに知り合って、何ですか?
とは思ってもいなかっで、あなたに対して、文字の牽引、あなたを慕って、私共テーブル、歓談言葉があって、人生初めての出会い。私たちの話の話、もちろん文学から始めて。文学、株、人生;理想、現実;生活、感情……話題を開いてと、自然な窓の外をなびかせている小雨、か細い声が絶えだえと続く、あたかも川の流れる水、水は滔々として。奈、すばらしい時間いつも朝顔の花一時(ひととき)、時を思い起こし、次第に減少して、争いがどんどん増えて、私はすでにあなたを歩いてこの座山城掃除新しい街にあなたを眺めて、私は間もなく消え山城の人々の流れの中で、心の中はまたたく間に湧リットル1筋の心。
雨は翻って、人が歌って;あなたの傘に美しいこの座山城の風景を、私はこの急いで留められない愛情。湿っぽくの心、期待は文字で乾かす;縷優柔の情、祈りは心を込めて感じることを祈ります。
夜一簾大きさ、春風十裏、この夜、あのような静謐で、この時のあなたも知らない想い全て?昔、私は承諾した:あなたは一生の知己をします。私はすべて心に銘記て、そのために3年も堅持した。でも、私は恐れ始めて、恐れ始めて、心配して、知らない、あなたは私達の承諾を覚えていますか?今までに答えてくれているとは?
時間とともに変遷、いくつかのものは次第に変えて、いったい物人非よりも深く心にとどめますか?本当に、私は迷いました。ある人は、「人生は初出、どんなに良いことか。。誰と誰かの約束、誰と誰の想い、タブーは、言い争って、すべてすべてそんなにすばらしくて、しかし、あなたはゆっくりと1種の感覚を失う……
覚えてるか:あの夜、私はあなたを引いている一緒に階段、あなたは僕の手を繋い這い半分坂、一緒に横たわって芝生の星を見て、月を見て、訴える千裏明月、そのとき、一つ孔明燈の現れて、それは私達の愛情の証し、これはどんなに深く心にとどめた記憶。
その夜、好静、芝生の上であなただけ一緒に人生を聞く。
あの夜、暖かく、人の世の真情があるから。
あの夜、聞く心が感動的に感動された。
その夜、心の琴線に触れるの情熱を愛するように冬の雪のように真っ白。
その夜、世界中はすべて雪が白装束、きれいにして。
では、甘い後、なぜいつもお互いに非難するのか?このすべてはうそですか?本当なら、なぜ現実はこんな桎梏なんだ。本当と言って、私たちはお互いのそれから鑑賞、理解を尊重して、今までのほんの少しの流れだとさえ思って、相手の言葉を胸に刺しは利にように痛い。私は認めて、私自身も、徐々に変化し、以前私はあなたはいつもそのようなは含蓄があって、今あなたの前ではそんな野放図。
私は知っていて、私はあなたを求めて、完璧ではないが、完璧を祈念して、私はもっと知っていて、人と人の間の付き合いはひとつのとても深い芸術、ちょっとした心得違いかもしれないが、ばらばらとを問わず、静かに。正直に言えば、私たちはこの一歩を歩いて、本当にとても悲しいです。あなたはきっととても悲しくて、この言葉で、私はより良い言動私たちが今の境遇。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 給學生佈置“暑假體育作業” | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。