流行前線

流行するバッグの使い方、潮流の小さいこつ、アパレルの組み合わせの情報をここに集まる!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<露ドーピング>連帯責任

2016年07月28日 00時00分00秒 | ファッション誌
潔白な選手も含めてリオ五輪に出場させない「連帯責任」は異例の厳罰であり、国際陸連は断固とした姿勢を示した。国威発揚を目的に深く根付いたドーピング文化がいまだに断ち切れていないと判断したためだ。  決定の根拠となったのが、国際陸連の調査チームがまとめた詳細な報告書だった。調査チームはモスクワで半年近くかけて現地調査したが、「代表4選手に対するドーピングの抜き打ち検査をロシアのスポーツ省が認めず、検 . . . 本文を読む

沈没船から救助された移民女性

2016年07月21日 00時00分00秒 | ファッション誌
沈没する移民らを乗せた船から救助されたエリトリア人の妊婦が、数時間後に救助したオランダ艦船内で無事に女児を出産した。オランダ国防省が17日、明らかにした。女児は海を意味する「Gelila(ジェリラ)」と名付けられた。  オランダ海軍の報道官によると、女性はギリシャの南西150キロの沖合で、他の移民ら244人と共に救助された。生まれたばかりの女児は弱々しい感じだが母子ともに健康だという。  沈没 . . . 本文を読む

「憎悪犯罪」「テロ」両面

2016年07月14日 00時00分00秒 | ファッション誌
死亡した実行犯オマル・マティーン容疑者はインターネットなどを通じてイスラム教に絡んだ過激思想に染まる一方、同性愛者へのゆがんだ怒りを抱いていた可能性が指摘されている。連邦捜査局(FBI)当局者は「ヘイトクライム(憎悪犯罪)であり、テロでもある」と複雑な見解を示しており、動機の解明には時間がかかりそうだ。  容疑者は犯行の最中、警察への電話で過激派組織「イスラム国」(IS)指導者への「忠誠」を口に . . . 本文を読む

香港帰還の書店関係者

2016年07月07日 00時00分00秒 | ファッション誌
林氏はこの中で、8カ月前に香港から中国本土に入った際に連行され、小さな部屋に拘束されていたと明かした。連行時には手錠をかけられ目隠しをされたとしている。拘束理由については当初、誰からも説明がなかったが、本土で禁止されている書籍を違法に売買した罪で起訴されるためだと後から伝えられたという。 また中国国営テレビで放映された「自白」の映像については、用意された台本を読み上げたものだとも指摘した。 林 . . . 本文を読む

「ワニがいるとは思いもしなかった」

2016年06月30日 00時00分00秒 | ファッション誌
米フロリダ州オーランドの「ディズニーワールド」の人工湖で14日夜、2歳の男児がワニに水中へひきずり込まれ、翌日、遺体になって発見された。この男児が襲われた場所に、悲劇の1時間ほど前、幼い息子と一緒いた母親がいた。この母親は、現場となった場所の写真を投稿し、この場所は安全そうに見え「ワニがいるとは思いもしなかった」と、メッセージを綴った。投稿は20万回以上シェアされている。 事件の後、ある母親が事件 . . . 本文を読む