平四郎の石神井川散歩

四季折々の野鳥や路傍の花・野草をアルバムにして記録したい。

さァ、今日はリベンジだ!

2016-12-07 | 野鳥日記
先日、好天に恵まれ東京港野鳥公園にウキウキと出かけたのだが、着いた途端非常にも大きな門扉が、閉じているではないいか。
アァ~なんていうことだ、陽気に誘われるままに、飛び出したばっかりに、すごすごと引きかえざるを得なかった。
きょうは、そのリベンジなんだが、打って変わって曇天である。しかもほとんどが鴨と鵜ばかりである。しかも満潮、最悪

カワセミだ!せめての救いか。どこか寂しそうな釣り師に見える。

松の枝に見え隠れするのは

ノスリらしい。が、いつの間にかどこかへ消えてしまった。

替わりに、出てきたのは

ピ~ンヒョロヒョロのとんびである。果敢に迎え撃つは一羽のハシブトガラスだが、簡単にまいてしまった。
オオタカやノスリだと、数羽で執拗に迎撃するのだが、大きさもあるが鳥を襲う猛禽とそうでない猛禽を分けているのか?

流石に圧巻である。

珍しく近くにハシビロガモ(♂)が来てくれた

あんまし顔つきの良い鴨ではないね。羽は派手だが・・・・

今日は、アトリが4~50羽いるらし。早速行ってみることにした。いるいる4~50羽には届かないが、それでも相当な数である。

ジョウビタキほど可愛くはないが


バチバチとシャッターを切っていると、その向こうに白い影が、かなり遠い

おなかや羽の模様からしてハイタカか

悔しいかな600ミリでも無理だね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑いのか、寒いのかどっちや... | トップ | 今日は、そろい踏みか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。