平四郎の石神井川散歩

四季折々の野鳥や路傍の花・野草をアルバムにして記録したい。

青空に鯉が舞う

2017-04-20 | 野鳥日記
石神井川を歩いていると、大きな鯉が、何匹も泳いでいる。いや正確にははためいているのである。

のうちの一匹、釣られているのかね。もうすぐ5月だね。

で、歩いていると樹々の間を、飛び交っている一羽

おとといの子だが、さめびたきだそうな。

遊歩道を散策すると、結構綺麗な花がある。

山吹である。

通商、クローバだがオキザリスとも、いちめいカタバミ、中でも紫カタバミである。

よくわからんがタンポポの一種かな。

川べりに目を移すと、なにやらいかめつい爺っ様ががいる。よく見ると

次の一瞬

咥えたのは、ザリガニだろう。結構大きくて、飲み込むのに苦労していた。

帰る途中道路わきで、バキバキとすごい音がする、よく観るとオレンジのエイリアンがのど元にくらいついている。

大寒桜の幹を咥えて、いるのである。
毎年、道行く人の目を楽しませてくれていた桜である。N研究所の中庭の桜である。元々は国有地であった筈である。
いつの間にか、企業にわたり、企業の利益になる。あのAK不動産である。

見よこれを。
今、怒りを抑えながら、シャターを切っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏鳥だ! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。