ひねって・焼いて・陶

陶芸の様々な技法、釉薬、お会いした陶芸家の方々の話等々、私が陶芸で学んだこと、発見したことなどを綴ります。

超音波カッターで透かし彫り

2017年06月14日 | 仕事場や道具
私が最近作っている透かし彫りランプは厚肉(約13mm)なので
穴を一つ一つカットするのにかなりの手間がかかります。そのことを
知り合いの工業デザイナーに話したら、超音波カッターを使えば良い
のではとアドバイスをもらいました。調べてみると、超音波カッター
はプラスチックの板などが簡単に切れる便利な道具なのですが、
1台数万から数十万もします。そこで、超音波とくれば超音波歯
ブラシが使えるのではないかと考えて自作してみました。自作と
いっても、歯ブラシの部分を改造し、デザインナイフの刃をダイヤ
モンドヤスリで更に細く削って取り付けるだけです。
実際に使ってみるととても刃がスムーズに進み、ただのナイフで
切るよりずっと切り易くなりました。

 


 
動画はこちらから
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アスリート展」21-21デザイ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL