極東アジアの真実 Truth in Far East Asia

I am grateful that I can freely write my daily thoughts

米国大統領選とハッカー、軍拡競争

2016-12-31 19:56:00 | トランプ大統領

以下文は、president of Russiaの中のVladimir Putin’s annual news conference「プーチン大統領の年次記者会見」December 23, 2016で、ロシアが関与したと言われる米国大統領選中のハッカー攻撃、軍拡競争の英訳です。一部、可笑しな不適切な英訳があるかも知れません。

原文はVladimir Putin’s annual news conferenceで見て下さい。

欧米、日本のマスコミは米国大統領選中のハッカー攻撃は、ロシアが行い黒幕はプーチン大統領と断定したような報道が多いようです。プーチン大統領の年次記者会見記事は長文ですが、その中でBBCの記者がこの2件を直接問いただしています。

 

スティーブンローゼンバーグ、(BBCニュース)、私は英語で質問したいと思いますが、大丈夫でしょうか?

質問

プーチン大統領、あなたの国は米国大統領選挙の結果に影響を及ぼすことを目指し、ハッキングをしているとの訴えを受けています。
オバマ大統領は非常に強く示唆しています、彼はあなたがその背後にいると考えています。

彼は、ウラジミール・プーチンなしではロシアのハッキングは起こらないと言っています。
オバマ大統領は、個人的にそれを切り捨てるように言ったことを明らかにしました。

あなたは彼に何と答えましたか?

あなたがアメリカの選挙を妨害しないようワシントンから警告されたことを確認できますか?

あなたの両国間のホットラインであるレッド・フォンを介したメッセージで警告されましたか?
最後に、昨日のドナルド・トランプ氏のつぶやきについての話に戻ります。アメリカが核兵器保有を強化しようとしているならば、新たな軍拡競争の危険があるのではないか?

ありがとうございました。

ウラジミール・プーチン大統領の返答(ハッカー)

私はすでに米国のあなたの仲間のジャーナリストの一人に応えました。

敗北した当事者は常に誰かを外部に責めようとします。彼らは先ず、身近な周りから問題を探さなければなりません。

誰もが最も重要な点を忘れています。

例えば、いくつかのハッカーは米国民主党の指導部の電子メールアカウントに違反進入しています。

しかし、大統領当選者トランプ氏が正しく指摘したように、誰もそのハッカーが誰であるか知っていますか?

彼らはロシアではなく、別の国から来たのかもしれません。

誰かがソファやベッドからそれをやったのかもしれません。

今日では、全く異なる場所にいる間にランダムな国を攻撃の源として指定するのは非常に簡単です。
こんなことが、重要ですか?

 

最も重要なのは、ハッカーが公開した情報です。

データをコンパイルまたは操作しましたか?

いいえ、彼らはしませんでした。

ハッカーが真実の情報を明らかにした最も良い証拠は何ですか?

証拠は、ハッカーたちが民主党内でどのようにして民主党全国委員会委員長が辞任したかを証明したことです。

これは、ハッカーたちが真実を明らかにしたことを彼女(ヒラリー氏)が認めたことを意味します。

有権者に謝罪する代わりに、私達を許して・・・悪い私たちは決してこれをやり直さないだろうと言って、ハッカー攻撃の背後にいた人を怒鳴り始めました・・・それは重要ですか?

オバマ大統領と私の会談にも関わらず、これを公に話すことは決して私のルールではありません。

彼の補佐官は最近、オバマ氏との会談に関して公式声明を出したことを認識しています。

あなたは私の側近に尋ねることができますし、それに答えることが出来ます・・・ペスコフ氏はここにいます。

ウラジミール・プーチン大統領の返答(軍拡)

米国は対弾道弾(ABM)ミサイル条約から一方的に撤退することにより、新たな軍拡競争への道を開いたことは明らかです。

一方の当事者が一方的に条約を撤回し、核傘を建設すると発表した場合、他方の当事者は同じ傘を建設するか、効率的なシステムを開発し対処するでしょう。
私達の状況は進歩していますが、条約内で進めています。私はこれを強調したいと思います。私達はSTART IIIを含め、いかなる条件にも違反していませんし、私達は核兵器と核弾頭の数に関するすべての協定を遵守しています。

最近、米国のオブザーバーが原子力施設等に来て、私達がミサイルと核兵器をどのように生産するのか見てもらいました。あなた方はそれを覚えていますか?

米国は対弾道(ABM)ミサイル条約を撤回しましたが、私達は撤回をしませんでした。

私達は、ミサイル防衛を打ち破る手段を含む、システムの改善を進めてきました。このシステムは現在、最も効果的であるのは事実です。おそらくこれが、米国が自国の核兵器保有を改善することを促するものになるでしょう。
 

ヨーロッパ等を含む他の国に拠点を置く戦術核兵器、トルコ、英国、オランダでは米国の戦術核兵器が取り替えられています。

私は、あなた方の聴衆者とオンライン読者がこれらの事実を知ることを願っています。

誰かがこの武器競争を扇動しているとしても、それは私達ではありません。

これらは国内政策等にとって非常に重要であることを強調したいと思います。

我々はこれ以上、武器競争に巻き込まれることはありません。

私は既に2011年には国防費が2.7%、今年は4.7%となっていますが、来年には3.3%、そして最終的には2019年には2.8%を計画し、近代化に向けて必要な措置を既に講じており、2021年までに武器の70%が新しく高度化する必要があります。

現在、高度化兵器は約50%に達しています。

原子力部門では90%、私たちは進捗状況に満足していますし、すべてが計画通りに進んでいます。
私達は、前回のオバマ大統領との会談には懸念があります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反トランプの第一幕開始か? | トップ | 戦後日本を支えた、駐日大使 »

トランプ大統領」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL