極東アジアの真実 Truth in Far East Asia

日々感じること・・・

世界の中の北朝鮮

2017-05-14 13:10:40 | 日記

世界から見たら北朝鮮はどのように見られているか・・・以下文は少し古いですが、中立的な立場で書かれているように思います。主に英国のシンクタンク・チャタムハウス(王立国際問題研究所)、北東アジア担当上級研究員のジョン・ニルソン・ライト博士の文で構成されています。

BBC NEWS

North Korea: What can the outside world do?

2017年3月10日の記事です。

可笑しな英訳があると思います。原文は最後に載せておきます。日記程度で読んで下さい。

 

北朝鮮問題、世界は何ができるのか。

2017年03月10日

ならず者国家、目前の重要性、大きな脅威等・・・北朝鮮は世界から様々に見られ表現されてきましたが、好意的な言葉は見つけることは出来ません。国民を厳しく抑圧する一方、核兵器開発を追求していると非難され続けてきました。

最近では5回目の核実験、多くのミサイル発射実験をしています。化学兵器を使って国家トップの異母兄を暗殺したとも見られています。

何故、北朝鮮は問題なのか、何故解決策が見つからないのでしょうか?

 

朝鮮戦争から北朝鮮は誕生

北朝鮮は1950~53年の朝鮮戦争で半島が分断された際に国となりました。最初の指導者は、一党独裁国家を率いた金日成国家主席です。現在の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長の祖父です。

今日、世界で最も貧しい国のひとつで経済は政府統制です。国民は外国メディアに触れることができず、特権階級の一部を除いては国外に出国はできません。

やはり問題は、核実験を5回も行い、ミサイル発射実験を繰り返してきた事実です。核搭載ミサイルを完成させると言う最終目標を立てています。

 

北朝鮮との交渉

何度も行われてきた協議、最近の中国、韓国、日本、ロシア、米国の6者協議は、最初は期待されていました。

北朝鮮は、経済援助と制裁緩和、テロ国家指定解除等との交換に核開発を中止と一旦合意しました。2008年6月には、寧辺のプルトニウム生産施設で原子炉冷却塔を爆破し誠意をみせました。

事態はそこから可笑しくなりました。米国は北朝鮮が核開発の全容を未公表とと批判、北朝鮮はこれらを否定し、核実験を実施しました。このために2009年以降、実質的対話は行われていません。英国のシンクタンク・チャタムハウス(王立国際問題研究所)北東アジア担当上級研究員のジョン・ニルソン・ライト博士は、最近の挑発行為から判断して、北朝鮮は現時点では交渉するつもりがないようだと話しています。

金正恩が軍の刷新を推進しようとしており、物事を先延ばしした方が利益にかなっていると思っているでしょう。

 

経済的な圧力は効果があるのか?

国連、複数の国は北朝鮮の兵器開発、海外送金機能に対し制裁を実施しています。最近の制裁措置は去年の11月で、中国に対する石炭輸出を約6割削減しました。銅、すず、銀、亜鉛等の輸出も禁止しています。

北朝鮮は国際社会の支援を受けなければ国民に食料を提供できません。支援も近年は緊張悪化により量が減少しています。

このような制裁措置を行っても、北朝鮮の軍事対応が低下しているようには見えませんとニルソン・ライト博士は述べています。

同様の制裁も、北朝鮮の中枢(中国の銀行等)へ制裁をするならば現実的な制裁になると博士は述べています。中国から輸入する石油を制裁対象にしたら更に効果があると述べています。

問題は中国です。中国側は北朝鮮の不安定化になり、北の隣国を混乱状態に陥れるような対応をとりたくないでしょう。

やはり中国は、中立な役割を担おうとしているでしょうと博士は述べています。

米国に北朝鮮との対話を促しているでしょう。トランプ米大統領は選挙戦中、金正恩氏とハンバーガーでも食べながら話す用意はあると発言しています。しかし、米、日、韓3カ国は、対話再開が実際の選択肢となるためには、北朝鮮側が相応の譲歩する姿勢を見せなくてはならないと、これまで明確に意思を表示してきました。

 

軍事オプション

あるようですが、良策とは言えないでしょう。北朝鮮に対する軍事行動オプションは、軍事的にも、一般人に対しても極めて大きな被害をもたらすと考えれているようです。

北朝鮮の核を発見、排除するのは困難です。専門家によれば、地下深くにあるとみています。昨今、北朝鮮は軍備を充実、ソウル及び以遠をミサイル等の射程圏に入れ、生物、化学兵器を保有、約100万人の兵力を持っています。

実際に軍事行動を実行した場合、韓国に甚大な被害をもたらす報復攻撃のチャンスになるリスクがあるとニルソン・ライト博士は述べています。

 

暗殺?

韓国は数カ月前から公然と斬首戦略に言及しています。これは金正恩氏と指導部のみを排除するため、目標を限定した攻撃のことです。

挑発抑止のため、又は交渉の場に引き出すための戦術かもしれないとニルソン・ライト博士は述べています。ソウルでは北朝鮮を交渉の場に引き出すためには、選択の余地がないと相手が不安に思うところまで追い込むしかないという考えが支配的です。

斬首が実行された時、その権力の空白を誰が埋めるのか・・・大きな問題もあるようです。金体制存続は北朝鮮特権層の利益にかなっており、対する政治勢力は存在しません。

 

段階的開放

北朝鮮を国際社会に取り込むには、段階的な国の開放を支援するのが得策だと考えられていた時期もあります。毛沢東以後の中国の経済改革を模範とした、小規模経済改革が必用だと思われていました。

正恩氏の父の金正日書記長は、中国の工業地帯への旅行を度々行っており、この手法に興味を持っていたとも言われています。経済改革を通じ開放を最も推進していたのは、金正恩の叔父にあたる張成沢・前国防委員会副委員長だったと言われていますが、正恩委員長は2013年12月、張氏は処刑・・・国家転覆罪でした。

正恩委員長はまだ中国を訪れていませんし、まだどこにも外遊していません。経済成長に言及はしますが、軍事路線を最優先させています。

 

反対勢力は登場するのか?

有り得ないでしょう。北朝鮮は一党独裁体制が絶対で、国民は外国の侵略から唯一自分たちを守っている金体制を崇拝するようにされています。

政府から独立したマスコミは存在しません。テレビ、ラジオ、新聞は国営です。北朝鮮は独自のインターネットを作り出していますが、そのため国民はネットで外界とつながることは出来ません。

中国との国境経由でDVD等がひそかに持ち込まれており、限定的な情報は存在するようです。北朝鮮政府は国民を厳しく統制しています。政府批判の芽を取るため、政府の情報提供者はあらゆるところに潜んでいるますし、罰則はきわめて厳しいと言われています。

反体制分子として捕まると(時には家族一家)強制収容所に送られかねず、収容所では多くの人が死んでいます。

 

何が最善の手段なのか?

ニルソン・ライト博士は圧力と対話の必要性を述べています。圧力とは制裁強化、米国務省テロ支援国家リストへの復活(2008年にいったん外されていました。)、中国と協力での実質的な厳しい措置の実施等の組みみ合わせです。

一方で、対話開始のインセンティブとなるのは、米国による正式な国家承認と外交関係の樹立、韓国との平和条約締結でしょう。(朝鮮半島はまだ戦争状態で、休戦中です。)

大切なのは米・中・韓・日の連携です。米国ではトランプ政権が発足しました。韓国政治は麻痺状態にあります。歴史問題の日・韓・中の対立も続いています。

中国政府は、米国が韓国で配備するサード・地上配備型迎撃システム「終末高高度防衛(THAAD)」に激しく抗議しています。北朝鮮は、このような各国の足並みの乱れを活用しているでしょう。北朝鮮が強気なのはそのためと思われますし、有効利用できる活路があると分かっているからでしょうとニルソン・ライト博士は主張しています。

 

英文 BBC NEWS

North Korea: What can the outside world do?

10 March2017

"Rogue nation". The "greatest immediate threat". North Korea has been called many things, few of them complimentary.

The government has been accused of brutally oppressing citizens while ruthlessly pursuing the development of nuclear weapons.

In recent months it held its fifth nuclear test, launched several missiles and - most believe - assassinated its leader's half-brother using a chemical weapon.

But why is North Korea such a problem - and why can no solution be found?

A potted history

The US and the Soviets divided Korea into two at the end of World War Two. Reunification talks failed and by 1948 there were two separate governments. The 1950-53 Korean War entrenched the split.

North Korea's first leader was Kim Il-sung, a communist who presided over a one-party state, and the grandfather of current leader Kim Jong-un.

It remains one of the world's poorest nations. Its economy is centrally controlled, its citizens have no access to external media and, apart from a privileged few, no freedom to leave.

Most worryingly, it has conducted five nuclear and multiple missile tests that demonstrate progress towards its ultimate goal of building a nuclear missile.

So what about negotiations?

There have been several rounds. The most recent, involving China, South Korea, Japan, Russia and the US, initially looked promising.

Pyongyang agreed to give up its nuclear work in return for aid and political concessions. It went as far as blowing up the cooling tower at its plutonium production facility at Yongbyon. But then things faltered. The US said North Korea was failing to disclose the full extent of its nuclear work. Pyongyang denied this, but then conducted a nuclear test. So, since 2009, there have been no meaningful discussions.

John Nilsson-Wright, senior fellow for north-east Asia at think-tank Chatham House, says that North Korea, judging from its recent provocations, is not interested in negotiating at the moment.

"This is because Kim is determined to push forward on military modernisation, so rationally it is in his interests to delay."

But economic pressure would work, right?

The UN and several nations already have sanctions in place against North Korea, targeting its weapons programme and financial ability to function abroad. The most recent measures took aim at Pyongyang's coal exports.

Meanwhile food aid to North Korea - which relies on donations to feed its people - has fallen in recent years as tensions have risen.

But, says Dr Nilsson-Wright, these measures do not seem to be slowing down North Korea's ability to move forward on the military front.

He says sanctions that targeted the intermediaries that keep North Korea moving - like Chinese banks - would make a real impact. Targeting the oil that Pyongyang imports from China would also have an immediate effect.

But the problem is China, which does not want to take actions that would destabilise the government and unleash chaos in its northern neighbour.

Instead, he says, China is trying to play the role of honest broker, lobbying the US to talk to Pyongyang. But - though Donald Trump said on the campaign trail that he would be willing to talk to Kim Jong-un over a hamburger - the US, Japan and South Korea have made it very clear that the North must show a real willingness to compromise before talks become an option.

Is there a military option?

Not a good one. It is generally thought that military action against North Korea would lead to very high military and civilian casualties.

Finding and eliminating North Korea's nuclear stockpile would be hard - experts suspect assets are buried deep underground. Moreover the North is heavily armed, with an arsenal of missiles putting Seoul (and beyond) in range, chemical and biological weapons, and about one million troops.

"The risk is that it provokes a counterattack that is massively costly to South Korea," says Dr Nilsson-Wright.

What about assassination?

In recent months South Korea has talked overtly about a "decapitation" strategy - a targeted attack to remove Kim Jong-un and his leadership.

This could be a tactic to deter North Korea from further provocations or to force it back to the negotiating table, says Dr Nilsson-Wright. The strong view in Seoul, he says, is that the only way to get the North back to the negotiating table is to make the government feel so insecure that it feels it has no choice.

There are also big questions around who might fill the vacuum if a "decapitation" went ahead. The elite have a vested interest in the survival of the Kim government and there is no political opposition.

How about a gradual opening?

For a while some thought that the way to bring North Korea into the international community was to help it open up gradually, through small economic reforms, using the model of China's transformation after the death of Mao Zedong

There were signs Kim Jong-il - the leader's late father - may have been interested in this approach, as he made several trips to Chinese industrial zones. The key supporter of this, however, was thought to be Chang Song-thaek, the leader's uncle. But Kim Jong-un had him executed in December 2013, calling him a traitor who planned to overthrow the state.

Kim Jong-un has not yet visited China - in fact, he has not visited any foreign country since becoming leader in 2011. And while he has talked of economic growth, the military programme appears to be his priority.

Could a credible opposition emerge?

This is very unlikely. One-party rule is absolute in North Korea. Citizens are encouraged to worship the Kim dynasty, which is portrayed as the only institution keeping them safe from external aggression.

There are no independent media. All TV, radio and newspapers are state-controlled and North Korea has created its own internet so citizens have no electronic access to the outside world.

There is a limited flow of information across the Chinese border, including DVDs which are smuggled in. But in general North Korea exercises very tight control over its citizens. The government has informants everywhere looking for signs of dissent and penalties are severe. Offenders (and sometimes their whole families) can be sent to labour camps where many die.

So what's the best option?

There needs to be a mixture of pressure and dialogue, says Dr Nilsson-Wright. Pressure, he suggests, could involve some combination of enhanced sanctions, the relisting of North Korea as a State Sponsor of Terrorism (it was removed from the list in 2008), and close work with China to inflict real pain. Possible incentives could include formal diplomatic recognition by the US or a peace treaty (the two Koreas remain technically at war).

Key to this approach would be coordination between the US, China, South Korea and Japan. But there is a new administration in the US and political paralysis in South Korea. Ties between Japan, South Korea and China remain fractious over historical issues. Beijing is also fiercely opposed to the deployment by the US of a Thaad missile defence system in South Korea. So there are divisions to exploit.

"That is why North Korea is pushing it now - it knows it has a window on which to capitalise," Dr Nilsson-Wright argues.

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有事関連情報、J・アラート | トップ | 世界の子供達に、夢と冒険心... »

あわせて読む