写真を開くアプリを変更する

Windows 10 では、写真のファイルをダブルクリックして開くと、ストアアプリの「フォト」で標示されます。これは新しいアプリで、私はまだ使い慣れていないので、今回は、他のアプリ(例えばフォトギャラリー)で開くことをやります。これには、1回だけその別のアプリで開く方法と、今後はずっと別のアプリで開く方法とがあります。どちらも先ず、エクスプローラでその写真を選択し、リボンの「ホーム」タブから「開く」の右にある「▼」をクリックし、アプリ一覧標示から今回は「フォトギャラリー」を選びます。

 

この方法は、選んだ写真がその時だけそのアプリ(今回はフォトギャラリー)で開きます。以後別のアプリで開くようにするには、同じアプリ一覧標示の一番下にある「別のプログラムの選択」をクリックします。

別の一覧が出るので、同じアプリ(フォトギャラリー)を選び、「常にこのアプリを使って、JPG ファイルを開く」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。これにより、以後はずっと、そのアプリで開きます。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 電源や設定な... 多摩川と富士山 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。