コマンドプロンプトを開く

「コマンドプロンプト」とは、コマンドと呼ばれる命令文を用いて、Windowsの操作や設定を行うためのツールです。 高度の設定をする場合や、Windows でプログラミングを行う場合には利用します。私も、昔は使ったこともありましたが、今はもう使う機会はありません。しかし、、Windows 10 の操作に関する小冊子の終りの方に、簡単な使い方が出ていたので、一応取り上げておきます。先ず、これを開くには、「スタート」ボタンを右クリックして、「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という画面が出たら、「はい」をクリックすると、黒い画面に小さい白文字の「コマンドプロンプト」が開きます。

白い文字の最後に点滅しているところに「コマンド」を入力します。ここでは一例として「help」を入力します・

「Enter」キーを押すと、「help」が実行されます。

「コマンドプロンプト」を終了するときは、最後に「exit」と入力して「Enter」キーを押します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 一年前の今日は 「ふじみばし... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。