スマホ向け放送「NOTTV」、ONE PIECEオリジナルを独占放送 欧州サッカーも開始

2017-06-16 10:10:25 | 日記




(gooニュース)



2012年4月にスマートフォン向け放送局として開局した「NOTTV(ノッティーヴィー)」が、12月から大人気漫画?アニメ「ONE PIECE」のオリジナルストーリーを独占放送すると発表した。9月からは欧州サッカーの「UEFAチャンピオンズリーグ12/13」など注目試合も放送。NTTドコモが同日、「NOTTV」対応のスマートフォン新機種を発表したのと併せて、視聴者をさらに増やしていきたい方針だ。


NOTTVで12月から独占放送される「ONE PIECE」は、12月15日公開予定の映画「ONE PIECE FILM Z」とタイアップしたオリジナル番組「ワンピース サミット」。作者?尾田栄一郎が書き下ろしたオリジナルストーリーの「GLORIOUS ISLAND」が初公開されるほか、「ONE PIECE」をとことん深く語り尽くすスペシャル番組や、アニメシリーズをデジタル?リマスターした高画質スペシャルエディションが放送される。


ほかにも、強力な3つの番組がラインナップに加わる。まず「スカパー! presents UEFAチャンピオンズリーグ12/13&UEFAヨーロッパリーグ12/13 」が9月から開始。UEFAチャンピオンズリーググループステーレディースシューズから決勝トーナメントまで毎節の注目試合を生中継、あるいは録画中継する。中でも、日本人選手が所属するチームではマンチェスターU(香川)、シャルケ(内田)のゲームが特に気になるところ。チャンピオンズリーグに次ぐセカンドステージ大会のヨーロッパリーグのゲームも放送予定で、欧州サッカーの神髄を心ゆくまで味わえる、サッカー好きにはたまらないプログラムだ。


香川が独ドルトムントからマンチェスターUに移籍したように、ブンデスリーガには現在、「ポスト香川」を狙う日本人選手が目白押しだ。NOTTVは「ブンデスリーガ12/13シーズン」から、日本人選手所属チームのゲームを中心にブンデスリーガの注目カードを毎節オンエア。たとえば、10月20日には進境著しい乾と大型SB?酒井宏樹が激突するフランクフルトvsハノーファ戦を生中継。長谷部、清武、内田、岡崎、細貝などザックジャパンに名を連ねる日本人選手の活躍に目が離せなくなるだろう。


ブンデスリーガばかりではない。世界のサッカー情報を余すことなく紹介する「デイリーサッカーニュースFoot!」も平日22時からオンエア。ヨーロッパの主要リーグ情報、南米リーグ情報にJリーグ情報と世界中のサッカーを網羅し、サッカーファンにはおなじみの倉敷保雄、西岡昭彦両氏が司会の必見番組だ。


NOTTVが視聴できる放送エリアは、10月までの時点で東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、愛知、三重、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、福岡、沖縄、広島、岡山、静岡、熊本(10月22日予定)。12月までには和歌山、北海道、宮城、石川でも視聴可能になる。2013年1月以降も東北や九州、四国など全国各地へ次々とエリアを広げていく。


視聴できるスマートフォンやタブレットの機種は、NTTドコモからすでに発売されている7機種に加え、10~12月発売の秋冬モデルも加えると計17機種になる。


「NOTTV」は9月末で約18万の契約を達成。高画質?高音質の生放送のほか、端末に一時保存したコンテンツを好きなときに観ることができる「シフトタイム視聴」やソーシャルメディアを組み合わせた双方向番組など、新しい放送の楽しみ方を提供してきた。オリジナル番組の制作にも力を入れ、5月にはアイドルを起用した連続ドラマ「シニカレ」を放映。6月には「踊る大捜査線シリーズ」のサイドストーリーとなる「係長青島俊作2」を独占放送するなど、開局当初からの音楽、アニメ、バラエティ、スポーツ、ニュース番組に加えて、幅広いジャンルでの番組提供に精力的に取り組んできた。


月額サービス利用料は420円(税込)で31日間お試し無料実施中。詳しくはwww.nottv.jp。


 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国の出版社、iPad 用電子書... | トップ | (波聞風問)人手不足 売り... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。