阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

オバマ大統領就任に想う

2009年01月21日 23時40分59秒 | 政治
 オバマ米国大統領が就任演説を行いました。史上初の黒人大統領の誕生。そんな歴史的瞬間を共有するため、200万人がその場に駆け付けたとのこと。政治が果たせる役割の大きさに奮い立ちました。

 もっとも、私は今日も早朝から活動していましたのでライブでは見れず、先ほどニュース・新聞で演説内容を知りました。

 モザンビークで平和構築活動に従事していた時、顔に入れ墨をし、金属を埋め込んだマコンデ族の女性に多く出会いました。奴隷として捕えられることを防ぐため、わざと不気味な顔にした名残りだそうです。そんな奴隷制度がわずか150年ほど前まで存在した米国に黒人大統領が誕生とは! こんな瞬間、こんな時代を共有できたと考えるだけで気分が高揚します。

 オバマ大統領が、その就任演説で、聴衆を高揚させ熱狂させる言葉ではなく、現実に対しての厳しい認識を示し、新たな時代を拓く責任、責任を果たすための挑戦の意義を説いたことは大変印象的でした。

 「…今、私たちに求められているのは新たな責任の時代だ。それは、一人ひとりの米国人が、私たち自身や、我が国、世界に対する責務があると認識することだ。その責務は嫌々ではなく、むしろ困難な任務に全てを投げ打つことほど心を満たし、私たち米国人を特徴づけるものはないとの確信のもとに、喜んで引き受けるべきものだ…」 

 もちろん、責任は米国人だけのものではないけれど、この考え方には心から賛同します。 

 100年に一回の経済危機は、100年に一回のチャンスです。そして、政策の方向性と税金の使い方を大胆に変えるためには、日本にも政権交代が必要です。私たち民主党は「環境のニューディール」「安全・安心のニューディール」を実施します。これは、人類に対する、そして未来に対する責任の果たし方だと思います。

 私も、その任務に寄与できるよう、まずは日々の活動をひたひたとやり抜く覚悟です。

 
阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「チェ・28歳の革命」-正... | トップ | 岩出市議会議員選挙 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (N)
2009-01-29 20:30:44
長い間差別されてきた、奴隷にされたこともあった黒人代表が史上初の大統領になったのは素晴らしいことですね。民族や人種に関係なく政治や人付き合いが出来ればきっと元気で明るい社会が作れるでしょう。

このような新しい時代を迎えることが出来て、良い方向に動いた歴史を目の前に出来ることで政治には新たな希望をもちます。

オバマ大統領の言葉に感動しました。責任を持って人々の安心と安全を守る、平等な社会を目差す政治家が勝つたことを出来て嬉しい限りです
Unknown (広島一区民)
2009-02-08 09:09:34
 なんだかんだと言っても
米国は、日本国の先を行っている。

 それに引き換え広島は
薄汚い偽善者が多く、無視してもよっついて来て、僻々している。

 和歌山には、そういう輩は存在しないと信じている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む