阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

自由貿易推進には賛成だけど−TPPについて現時点での私の考え

2011年10月22日 22時13分41秒 | 政治

 臨時国会が開会し、民主党内ではTPP参加の是非を巡る議論も白熱してきました。当初は自由主義貿易を推進し日本の得意分野で勝負に出るのか、農業の保護を優先するのかが論点と感じていましたが、TPPが日本の未来に及ぼす影響は多岐にわたることが明らかになってきました。

 私はアジアの成長を取り込むため、日本製品、またインフラの海外展開などにおいて中国や韓国に負けないための自由貿易推進の必要性を強く感じています。一方、金融や保険、郵政、さらに食の安全などにおける大きな変化の可能性をシュミレーションした時、TPPにおける米国の狙いは「日本の制度を米国化」することにあると、強く危惧しています。米国は日本の「非関税障壁」を撤廃させ、日本のサービス市場の開放を迫ることで経済の改善を目指していると考えられます。

 米国による「年次改革要望書」の中で、記憶に新しいのは「郵政民営化」でしょう。米国からすれば120兆円に上る貿易保険市場をこじ開けるための戦略だった郵政民営化が、日本に根づいていた郵政事業を大きく破壊し、特に過疎地域に住む人々に大きな不利益を与える結果になったこと、日々の政治活動でも実感しています。


写真:今日は郵便局長や家族の方々の懇親会で、約100名の方々を前にTPPに関する現時点での考えをお話しました。

 私がもっとも危惧するのは「投資家と国家の紛争解決」条項です。これは日本の政策によって何らかの被害を被った米国企業が日本政府を訴えることができるとするものです。訴訟の場は国際投資紛争解決センターなどの第三者機関であり、審理は一切非公開、判定は強制力を持ち、不服の場合でも上訴不可、判定基準は被告となった相手国の政策妥当性・必要性ではなく、「外資が公正な競争を阻害されたか否か」の一点だそうです。(あおぞら銀行金融法人部門レポート)

 また、遺伝子組み換え作物の表示が十分ではなくなったり、医薬品分野における安全基準が現状とは変わってしまう可能性も危惧されています。

 アジアの域内貿易は60%にまで進んでおり、TPPは成長するアジア市場に乗り遅れないための米国の戦略でもあります。常に成長を目指す米国とは違い、日本にとっては国土の環境、国民の安全・健康を守れる成熟した国家を目指すことも重要な視点だと思います。米国が国益を追求するのは当然ですが、私たちも国益を守ることを第一に考えなくては!

 このようにTPPは多くのデメリットが想定され、それがメリットよりも大きいのかどうか、まだ十分なシュミレーションがされていません。従って、「APECまで」と自ら期限を区切り、拙速に交渉参加を決定するのは日本にとって重大な不利益をもたらす可能性があると思います。

 TPPにおいては日本は何を獲得し、何を守るのか目標をはっきりと定め、その目標に到達するための味方になる国とも連携して、したたかに交渉してこそ国民の生活を守れると思います。

 このような理由から、現時点では私はTPPへの参加には極めて慎重な立場であり、貿易のルール作りはWTOをベースに二国間の経済連携を進化させていくことを基軸に考えるべきだと思っています。



写真:玉置公良衆議院議員、岸本周平衆議院議員、浦口高典県会議員とともに民主党和歌山県連が作成するマニフェストについて議論をしているところです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向井理さん「日本カンボジア親善... | トップ | ヨルダンへの原発輸出について »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TPPは地獄行きのバス (和辛子)
2011-10-31 17:03:30
TPPについて先生のご見解を明らかにする記事を書いてくださって、有難うございます。

先生の「現時点では私はTPPへの参加には極めて慎重な立場」ということにはほっとしましたが、野田政権は既にTPP参加の意思を固めたという報道があり、不安でたまりません。

大阪14区選出の民主党衆議院議員、長尾たかし氏は最近、TPPの危険性を訴える記事を連続してあげ、民主党内の推進派と戦う意思を示しています。

10月28日の記事には、現時点で830を超えるコメントが付くほど、TPPは国民の関心事になっています。

http://blog.goo.ne.jp/japan-n

今後、TPP反対デモも各地で開かれる予定です。

阪口先生には、是非、国民の生活を守るために長尾氏ら党内の反対派と共闘し、和歌山県民に選ばれた国会議員として存在感をお示しくださるようお願いします。
なんとか止めて下さい (和歌山市民)
2011-11-05 20:30:42
本日のニュースで野田首相は「最終的に私の政治判断が必要になる。その時期が来れば判断したい」との考えを明らかにしたと報道されています。これは、党派を超えて議論が拮抗していることから、最終は(APECまでに)総理の判断で決定するという予告と思われます。そして、その結論は「加入」であろうと思われてなりません。反対や懸念の声が高まっているからこそ、議論し尽くさなければならないと思います。
後でバスから下りられなくて非難が集中した時に、あれは首相ひとりの勝手な判断だった、と党や執行部が言い逃れ、首相を引きずり下ろして幕引き、というようなことになっても困ります。
私達の未来がかかっているのです。なんとか止めて下さい。お願いします。



TPP参加やめて下さい (岩出の小市民)
2011-11-07 22:11:01
多くは語りませんが、仙石氏の考えは暴論ですね。
TPPに参加しなければ、日本は世界の潮流に取り残されて、鎖国になる。ガラパゴスになる。
・・・んなアホな!!
今でも相当に自由貿易ですし、TPPに参加してどこに何を輸出するんでしょう。
成長している中国もインドも韓国も参加していないのに。
米国は同盟国でパートナーですが、属国ではないのですから、言いなりになるというのは違います。
なんとかTPPは阻止していただきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む