阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

失業者の生活の不安-自らの経験から

2008年12月24日 19時00分19秒 | 政治
 連日、地域での挨拶まわりを続けています。今日は、紀美野町を中心に歩きました。何軒かで話題になったのは、小沢代表が、「私の息子も派遣社員」と発言したことです。「小沢さんは、麻生さんよりは、ワシらの気持ちはわかるみたいやな」そんな言葉で小沢代表への印象の変化を口にする方もいました。

 私自身も、長い期間、不安定な雇用状況で働いてきました。大学卒業後、キヤノン株式会社に入りましたが、29歳の時に退職し、国連ボランティアとしてカンボジアに赴任。その後も国際協力の仕事を続けました。この仕事は一回ごとの契約ですから、海外での仕事を終えて日本に帰った途端に失業者になります! 合間にはフリージャーナリストとしても活動していましたが、収入は不安定で、ハローワークに仕事を探しに行ったこともありますし、失業保険をもらった経験もあります。

 教員や衆議院議員の政策秘書として勤めていた時は、給与の大半を海外ボランティア活動に注ぎ込んできたので、ほとんど貯金がない状態で政治の世界に飛び込みました。活動すればするほど借り入れ金は膨らみます。衆議院選挙の時期が決まらないまま、出費がかさむ今の状況は大変不安です。

 もっとも、私の場合は、全て自分の選択ですから、不安定な生活状況は不況とは関係ありません。考えてみれば、私は贅沢な生活には全く興味を持ったことがなく、ゴルフ、ギャンブル、お洒落などには全く関心がありません。殆どお酒も飲みませんし、今まで仕事に使う以外の車を持ったこともありません。趣味といえば、ジョギングと貧乏旅行ぐらいですから、大きな出費にはなり得ませんね。
 
 衆議院議員に当選すれば、歳費の多くは再びボランティア活動に注ぎ込むことになると思います。私は健康的で質素な生活が好きなので、当選しても生活が変わることはないでしょう。ですから、議員の収入については興味もありません。しかし、安定した収入がない生活の不安は、自分の経験からよくわかるのです。

 「このままでは年を越せない」そんな悲痛な声をバックに参議院を通過した「国民の命を救うための緊急雇用対策法案」は、衆議院では否決されました。

 世襲で議員になった方々など、裕福な環境で育った議員には理解が難しいかもしれません。しかし、国民が「雇用」を奪われることは、生存権を奪われるに等しいことを、政府・与党は認識して欲しいと願うばかりです。奪われるのは職だけでなく、人間としての尊厳、そして命にまで及びかねないのですから。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雇用と尊厳を守るために | トップ | クリーンな選挙で勝つ価値 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
倹約家の阪口さん (三高 章)
2008-12-25 23:31:13
専門学校教員時代から阪口さんの倹約ぶりには感心していました。
学校からほとんど予算が出ない中で、学生たちのボランティア活動のためにフリーマーケットを催したり、チャリティーコンサートの際は会場周辺のお店に飛び込んで協賛金をお願いしたり…
経済的には恵まれていない国々での活動が長かっただけに、お金の大切さを本当にわかっているのだなあとしみじみと感じたものです。
なによりも国会議員候補者となられてからも、その事務所のオフィス機器(コピー機、印刷機からデスク、チェア…)のそのほとんど(失礼!)がリユースであったり、リサイクルであったり、おそらくは超小予算の中でのやりくりであったところを拝見した時には、その徹底ぶりに舌を巻いたものです。
まさに無駄ばかりの今の自公政治とは対極ですね。

国民の8割が不支持の2兆円ばら撒きをするのであれば、その2兆円分(これは消費税収入の2か月分と聞きました)で、期間限定2ヶ月間消費税ゼロとしてもらえないのでしょうか。そうすればこの間に、家やマンション、そして車などここぞとばかりに皆が買うようになるのではないでしょうか? その経済効果たるや一時のばら撒きよりもはるかに大きいような気がいたしますが。

PS このブログのところどころにウサギが登場してますね。私も今、自分の書斎(と言えば格好いいのですが、ようするに屋根裏部屋)でウサギと一緒にいます。名前はナナと言います。
【雇用問題】各政党メール・フォーム (Unknown)
2009-08-07 07:31:32
【雇用問題】各政党メール・フォーム

雇用に不満がある人は政党に直接メールした方がよい。
メルアドを知られるのが嫌なら、使い捨てのフリーメールを取得して使用すればよい。
今がチャンス。というより、今が「ラストチャンス」かもしれない。

●民主党 web-site
https://form.dpj.or.jp/contact/
●民主党 ネクスト厚生労働大臣 藤村修
衆議院議員 藤村修
http://www.o-fujimura.com/voice.html
●民主党 ネクスト厚生労働副大臣 山井和則
衆議院議員 やまのい和則(かずのり)
http://yamanoi.net/
山井和則 <kyoto@yamanoi.net>, 山井和則 <tokyo@yamanoi.net>
●民主党 ネクスト厚生労働副大臣 中村哲治
中村てつじ公式WEBサイト - メール
http://tezj.jp/modules/contact/
●社民党OfficialWeb┃お問い合わせ
http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
●日本共産党ホームページの著作権について
http://www.jcp.or.jp/service/mail.html
kenpou25@jcp.or.jp

非正規雇用の対象業務 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?ie=auto&q=%22%C8%F3%C0%B5%B5%AC%B8%DB%CD%D1%A4%CE%C2%D0%BE%DD%B6%C8%CC%B3%22

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む