阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

果樹王国の魅力を活かした地域活性化

2009年06月29日 19時07分31秒 | 政治

 皆さん、こんにちは。今日は自転車で活動していたのですが、雨で全身ずぶ濡れになりました。和歌山2区の地域活性化について私の政策を求めるコメントを頂いたので、この機会にまとめてみたいと思います。

 和歌山2区は果樹王国であり、また大都会から比較的近い地理的優位性もあります。今ある良さを活かし、いかに独自の開発をしていくかが、一番のポイントだと思います。

 私は、大企業の誘致を夢見るよりも、小さな雇用をたくさん作る就業支援の方が現実的だと思います。特に、若者が働ける場を農業、観光、介護、環境事業関連で創出し、そのための就業支援を税金で行うことが効果的でしょう。特に、過疎化が進む農村地域に加工や販売などの仕事を作り、古い民家などを改築して住む援助をすれば定住を促進する効果もあるでしょう。

 民主党は『農山漁村6次産業化ビジョン』を掲げています。

 1次産業である農林水産業を「6次産業化」(1次産業[生産]×2次産業[加工]×3次産業[販売]=6次産業)し、地域で完結できるように導いていくことが活性化のポイントと考えています。地域で生産したものを地域の伝統的な手法で加工して付加価値を付け、さらに地域の魅力を加えて販売できる体制を構築するのです。特に販売に関してはITを使うことで効果が上がりますから、若者の参入が大きな可能性を生み出します。

 6次産業化は、足し算(1+2+3)ではなく掛け算(1×2×3)であることが重要です。つまり、地域の1次産業がゼロになれば、2次産業(加工)、3次産業(販売)を活性化することもできません。私は、まず良質の農作物を作ることが全ての基本と考えています。

 私は、地域のお宅を2万5千軒以上訪問しましたが、果樹王国である和歌山2区の農村風景や生活文化の豊かさに日々魅せられているひとりです。特に桃やスモモの開花時期、柿やみかんの収穫時の風景などにはいつも感動してしまいます。大都市からの近さもあって、近年注目を浴びている農村観光(グリーンツーリズム)の対象として大きな可能性があると思います。農作業を体験し、豊かな自然や生活文化にふれて頂くことは、魅力的な観光ツールになることでしょう。また、農村観光の活性化は、農業の6次産業化とも相乗効果を生み出すでしょう。

 農村の景観は、癒しや健康を促進する効果もあります。地域が魅力的になれば、保養や介護の場としての農村の価値も高まることでしょう。同じ投資額で何人の雇用を生み出せるかを示す「雇用誘発係数」によれば、介護が一番効果的です。特別養護老人ホームの待機者は38万人。また、自宅での介護(老老介護)によって疲れ切った人々の問題を解決するには、今、介護従事者が40万人近く人が不足しています。働く環境、そして待遇を改善することで、魅力的な職業としての介護の場を地域に作り出したいと思います。

 財源については、まず、年間12兆円を超える天下り、役所の縦割り行政や単年度主義の弊害を改め、税金の無駄遣いを徹底的になくしていきます。その上で、税金の配分を、大都市→地方、大企業→地場産業、コンクリート→人づくりに大胆に組み替えます。その上で、地方分権を進化させ、「地方のことは地方で決める」行政改革を推進し、税金の効果的な投入を図ります。

 そのためにも政権交代、力を合わせて実現しましょう!

 この1週間は、解散に備えた準備と街頭活動に集中していて、ブログの更新ができませんでした。コメントが増え、盛り上がってきたこと、嬉しく思います。ただ、スタッフやボランティアのプライバシー保護など、気を遣うべき問題も見えてきました。コメントについては、私はほとんど外で活動していますので、管理者(事務所スタッフ)が目を通した後に掲載することにしました。誹謗中傷、プライバシーの侵害などの要素があると判断した場合は掲載を見送ることもありますので、ご理解頂ければ幸いです。


 写真:かつらぎ町・四郷の農村風景です。吊るし柿の風景が何とも魅力的です。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かつらぎ町での農業シンポジ... | トップ | 今日から自転車&街頭演説キ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大丈夫! (FT)
2009-06-29 18:09:08
選挙が近くなると、相手の誹謗中傷をブログや掲示板に書き込んだり、演説場所に、毎回どこからともなく現れていちゃもんをつけるなど、相手にマイナスになる活動を、選挙活動のひとつと考え、なさる方々がいるのは、毎度のことです。
そのような活動をなさる方は、阪口さんの精力的な活動と、着実に支持を広げている様子に、相当焦っていらっしゃるのかもしれませんね。
大丈夫です。阪口さんは、それに応戦できるくらいのパワーと、実力と、余裕があります。応援団としては、挑発にのらず、投票の締め切り時間まで、ひたすら、確実に活動を広げるのみです。
あっぱれ〓 (アメの魚)
2009-06-29 20:11:57
流石、阪口さん、名前も名乗ら無い質問にマジに回答して下さいましてありがとう! 人柄が良く表れてます。 遠く神奈川の地から応援頂いてます同志の皆さん、我々、その想いしっかり受け止めて応援しています。 阪口さんに和歌山を変えてもらいたいなど、思っておりません。和歌山2区から日本を変える意気込みで応援しています。なぜなら、今までこんないい候補者に出会ったことなかった。議員になりたいだけの人たち見続けてきました。 私達も阪口さんとの出逢いを大切に今回は必ず国会に送りますよ。今度は東京は永田町で会ってくださいね
Unknown (ゆか)
2009-06-29 22:01:35
阪口さん、事務所のみなさん、お疲れ様です!ブログの更新って、なかなかできませんよね!お忙しい中、よく目を通してくださってるなと、逆に感心してしまうほどです。
もうすぐ選挙がありそうですが、どうか、皆さんの期待や応援が形になって表れてくれますように、四国からお祈りしています。
地域活性化 (県民ちゃん)
2009-06-29 23:37:24
県内高校の卒業生の内、何%が大学卒業後に就職で和歌山に戻ってくるかご存知ですか?
ほとんどが他府県へと流出します。
定年後やいずれ戻ってこようとする者は多いけれど、なかなか難しいようです。
「6次産業化」ですぐに結果は出ないでしょうが、議員に当選してから着手するのでは遅いですね。今すぐにでも始めるべきです。
頑張ってください。
Unknown (阪口直人)
2009-06-30 00:39:40

和歌山県は高校を卒業した人が、大学などの高等教育機関に進む場合県外に行く人の割合が全国一高い県ですし、就職で和歌山に戻ってくる人も非常に少ないと認識しています。

そんな人たちが専門性や経験を生かし「和歌山で働きたい!」と心から思える雇用を作ることは、政治の役割だと思います。特に和歌山の優位性を活かせる環境やバイオ関連施設には、是非、和歌山に来てもらいたいものです。

ところで、私はブログのコメントをスタッフや友人にお願いしたことはありません。全て自主的に答えてくださっているもので、このブログは私の代わりに回答するという形式では運営しておりません。
ちょっと気になりましたので (あらいぐまマンプラスいずみちゃん)
2009-06-30 00:49:47
私は、和歌山3区人ですが、阪口さんを応援するため、2区で民主党員です!よく質問さんが、いるようですが、自民候補予定者にも
質問してるの!?そこが、知りたい!
農業観光 (紀の川のエビ)
2009-06-30 13:06:37
先月、大手商社の方達が、かつらぎ町天野の地に、農業体験に来て頂いて、阪口直人が目指している、農業観光(グリーンツーリズム)のそのもののようです、和歌山2区にも沢山農業観光出来る場所がありますね、将来に夢があり楽しみになってきます、先日の鳩山代表が来た時の柿畑ような所も観光資源になるといいですね、
2区にほんまもんの政治家阪口直人さんが出てくれました。
お待ちしています (山北の住民)
2009-06-30 14:59:56
参議院選の時は一日でしたがこの次はもう少し長くと話し合っています、そして永田町に来られるのをお待ちしています、私共の所より車で一時間前後、必ずお会いしましょう。 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む